”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

今年もツタンカーメンについて悩むのです

2017-05-18 13:37:10 | 野菜

「豆が採れたから、またいつでもおいで~!!」

という電話が今年もかかってきました。

 

豆というのは・・・。

 

ツタンカーメンのエンドウです。

  

この豆については、過去にもブログに何回か書かせていただきました。

   

昨夜は、豆ごはんにしました。

 

いつもは、豆も一緒に炊きこんでいますが、

今年は豆を別に茹でて、その茹で汁を使ってご飯を炊き、

最後に豆を混ぜる・・・という方式でやりました。

 

だから、豆を茹でる時にすでに紫の色素(アントシアニン)が流れ出しているのでしょう。

 

炊きあがった時に、すでにほんのりピンク色ですね。

  

でも、ここからがツタンカーメンの本領発揮ですよ。

8時間、保温しておいたら・・・。

 

ご飯は、お赤飯の色。

でも、その分、豆の色は悪くなっていますね。

  

 

毎年、ツタンカーメンのエンドウごはんを食べながら考えます。

この不思議なアントシアニンの働きについて。

なんで、この豆はこの色を身に着けたんだろう?

   

「動かない」という選択をした植物は、様々なストレスに対抗するために

「独自の化学兵器」による防御戦略を発達させました。

 

様々なストレスというのは、虫や病原菌ばかりではありません。

環境に由来するストレスというものもあります。

 ・乾燥

 ・土壌の塩分濃度

 ・温度変化(高温、低温)

 ・紫外線

 ・上記の4つのストレスが引き起こす活性酸素

  

エンドウ豆の原産地は、中央アジアから中近東地域と言われています。

空気は乾燥し、一日の温度変化も大きく、紫外線も強いことでしょう。

これらが原因となって発生する活性酸素を減らすために

抗酸化力のあるアントシアニンという「化学兵器」を装備し、

大切な豆(種子)を守っているのではないでしょうか?

 

毎年、豆ごはんを食べながら考えているのですが、

このミステリアスな紫色は、なかなか正解を教えてくれません。

 

ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またあの香りがしてきました | トップ | 花壇菜園、その後 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グリンピースでも・・・ (ぷ〜)
2017-05-18 19:53:38
お豆ご飯、グリンピースで作っても、一晩保温すると赤っぽくなるよ(^^;;
Re:グリンピースでも (ume724)
2017-05-18 21:05:10
ぷ~ちゃん、ありがとう。
すっごい興味深い情報です。
グリンピースも、やっぱり中にアントシアニンを含んでいるのね。
「どうしてツタンカーメンのエンドウだけが?」って不思議でしたが、
エンドウはみんな種子を守ろうとしていることがわかって、
とってもうれしいです。
(^O^☆♪ (ぷ〜)
2017-05-18 23:26:42
私は、ただ単に炊飯ジャーの性能の問題かと思ってました^_^;
アントシアニンは考えたことなかったよ(笑)
炊飯ジャー (ume724)
2017-05-18 23:43:32
ぷ~ちゃん、豆ごはんが炊飯ジャーの性能で
お赤飯になるなんて・・・。
さすが、ぷ~ちゃんは考えることが違うっ!!(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。