”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

野良坊そうめんを食べて考えた

2016-10-11 13:46:22 | 在来種 伝統野菜

東京都あきるの市で収穫されたのらぼう菜を練りこんだ

お素麺を送っていただきました。 

のらぼう菜については、こちらをご覧ください。

 

  

 

よく見ると、麺に黒い点々がありますが、

それがのらぼう菜だそうです。 

   

 

3分ほど茹でました。

本当なら、のらぼう菜のかき揚げと一緒にいただくのがよいのでしょうが、

春が旬のお野菜ですから、それは無理ですね。

お汁を温かくして、きのこと肉団子を入れ、

つけ麺にしてみました。

 

   

 

茹でると、淡い緑色がより美しくなります。

つるつるっとのど越しを楽しむことができます。

  

でも、こういう野菜を練りこんだ麺の残念なところは、

もとの野菜の味と香りがなくなってしまうこと。

クレソンうどんもそうでした。

ゴーヤ―麺もそうでした。

 

 

私たちが受け取る情報の80%以上は、

視覚の働きによってもたらされると言われていますから、

麺の色を楽しめばいいのでしょうが、

全国各地で売られている野菜を練りこんだ麺やパンを見るたびに、

「出荷できなかった野菜を乾燥させ、粉にしたものが

全国の倉庫にどのくらい眠っていんだろう?」

と、考えてしまうのでした。

 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種を運ぶお手伝い | トップ | 琉球オモチャウリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。