umeの*らくがき帳*

新しい家族(しっぽあり)を迎えるのが
待ちきれなくて
うっかりはじめてしまったブログ

ちゅ〜る おそるべし

2017-10-23 14:05:41 | ねこ





〜〜〜速報です〜〜〜

仲違いしてるミルク&すばる ですが…
おかげさまで
昨日(10月22日)
まだ目が離せないながら
並んで寝ることができましたヽ(;▽;)ノ
まだまだ の状態ですが
ご心配いただいる皆さま
本当にありがとうございます

ブログの方は
まだ少し前の状況の話が続きますが
どうか
もうしばらくおつきあいください。

基本的に
その当日に記事を書いているため
いま現在をわかって書いてる文章では
ありません。
また、状態の改善の兆しに
急遽、数日分をくっつけたため
文体などは揃っていない状態です。
現在に追いつくため
しばらく、ブログが長いです。
重ね重ね申し訳ありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


仲違いから4日(10月15日)


やはりね。
猫の仲違いに
隔離は効果があるけれど

ミルク&すばる みたいに
忘れっぽい猫は
なるべくお互いを見せないとね。

ヒト科が間に入って
互いの匂いには触れてますが

これ、ダレの におい?
となったら意味がありません。



朝ごはんは特別に\(^^)/

朝は
甘えたい気分が
盛り上がってます。




まずはフタリで
ちゅ〜る♪


網越しに
あっちの すばる
こっちのミルク
と交互に。
だんだん近づいて
鼻先10センチくらいでも
大丈夫。
すばる もフーシャー言わなかった!

ちゅ〜る の力
おそるべし!





自称ミーすーの ちゅ〜る係の友よ

ありがとう

あなたの ちゅ〜る のおかげです



このまま網を外したくなりますが

ここで焦らない。

次のカリカリごはんへ。

まだまだ、その距離2m。

フタリとも
お互いを確認しながら食べました。


その後…



ふすまをすき間にして
ご挨拶。





ミルクも







すばる も



落ち着いています。




あれ?



あれ?



フタリとも
ゴロゴロいってます。


会わせたくなるー

けども

様子みます。







その後の

すばる のお散歩中に

茶の間で呼ぶミルクの声に
走り寄る すばる。

すりガラス越しの対面( ´ ▽ ` )ノ



少しだけ扉を開け
すき間を作ったら

今度は すばる が 手を入れてました。
入りたがったけども
まだ挨拶だけね〜。








その日のお昼

朝の様子に期待しつつごはん



ときどき相手に
視線を送りつつ
フタリとも
ちゃんと食べました。



食べた後

すばる は
朝のように網に寄らず
すっと離れ
じーーーっとミルクを見つめる…
朝と全然違う…

この剣のある目つきは危ない、、、

フーシャー言いたくなるか
見極めたくもありましたが
フーシャー言ったら
せっかくのこれまでが
リセットされてしまうので

すぐ戸締め。



ふすまが閉まると
丸くなって
穏やかに眠りました。

前のように
落ち着かなくなったりはしません。





距離は10センチほど近づけました。
ごはん は普通に食べました。
けれど
食後の すばる の反応が
昼と同じ。。。

ふすま を閉めました。





でも
夕食後の一眠りの後
すばる のお散歩中に



ミルクに呼ばれました。

すき間を開けると
ミルクの方が離れて待機。

すばる は、甘え声を出して
ミルクを呼び
すき間で鼻チュウ。

しばらくクンクンするも
ミルクは1mくらい下がって待機。

すばる はときどき
んぐる、んぐる 言いながら
すき間で出待ちするも
ミルク鼻は寄せず。

扉を閉めたら
ミルクも寄ってきました。

ミルクの方が怖がってる?






一進一退ですね。












仲違いから5日(10月16日)

前日
朝はゴロゴロ言い合っていたのに
昼夜、すばる が緊張したのは

もしかすると
昼 夜は
すばる のいる部屋の
明かりをつけたから
かもしれない。

ミルクの側の方が
明かりをつけても暗かった。

と、いうことで
今後は
明かりをつけないことにする。

朝は快調。

ちゅ〜る で
一緒にナメナメ。
今日は口元をくっつけあって
ナメナメしても大丈夫だった!

続けてカリカリ食べて

お互い離れて
身づくろいしたあと



ミルクが入り口にいても
すばる が来た。





水を飲む すばる。
ミルクが後ろ足で立ち上がっても平気。

やはり
むしろミルクのがドキドキしてるような
気がする。

どうかミルクが
唸りませんように・・・






夜、

すばる部屋の明かりを落とす。



ミルクの方が緊張。

明るい方が緊張するものなんだね〜。
自分の方が今よく見えている
という意識が働くようだ

お昼は、部屋の明かりを落としたら
明かりは、ほぼ同等で
穏やかだったらしい。





廊下が明るいので
ミルクの方が近寄って来られない。
すばる は平気。


ってことは
自分が見られる意識が減れば
近寄れるってことか。
コレは使えそうです。








ただ
ミルクの場合
だんだん
ミルクだけのときに
すばる と言うと
探しながら
ビクつくようになってきたのが
不安です。




今日わかったこと!
◯明かりは同等に!












仲違いから6日(10月17日)


朝は
フタリで ちゅ〜るんるん♪





カリカリごはん♪



フタリの間 1mちょっと

だいぶ近づきました。

ホントは
「1回に5センチずつ近づける」
とありましたが

大丈夫そうなので
いっきに近づいてます。





ごはん の後

しばらく網のまま。






ミルク&すばる
「なんで アミが?」

でも
いったん離れるミルク



すばる は待ち




さりげなく



通り過ぎ




戻ってくる



猫のポーズなんだね






ミルク「こえられない?そっちは?」







すばる「こっちもムリにゃ」





このまま仲良くできそうだけど
みまもり。




茶の間の入り口でも挨拶



すばる入ろうとして
黒い手とハナ先を押し込む

ミルクが じゃれて
飛びかかっても
すばる 大丈夫でした。




すばる が茶の間にいるバージョン



ミルクが手を伸ばす…

外にいる方が
手を入れるのね(⌒▽⌒)




鼻チュウ。







お昼ごはん はフタリの間
70センチくらいで。
気にしてるがなんとか食べてます。
やはりミルクの方が緊張してる感じ。






そして
午後

すばる部屋の入り口を網にし
お互いが見える状態にして
ミルク&すばる を
好きしておきました。

遊んだり寝たり身づくろいしたり。

たまにお互いを確認しあったりしつつ
何事もなく。。。

そこへ
選挙に行きましょうチラシを
持って来た人がいて
一瞬ミルクが
ウーと唸りました。

すばる 飛んで逃げます。

この時点では
逃げたとはいえ
外から人が来たと理解してた すばる
ミルクの警戒態勢に合わせるのは
いつものことです。

ミルクはすぐ平常になったので
油断しました。

すばる は納得するまで眺めるので
入り口の方を見ていましたが
すぐ落ち着くだろうと思いました。

ところが、、、

10分くらいたって
ハッと気づいたら
低姿勢のすばる が毛を逆立てて
しっぽを 3倍くらいに膨らまして
一点を見つめつつ
そろそろ進むところだったのです。

視線の先はミルク。

ミルクは気づいてません。


まっすぐ見つめないよう
気をつけてたのに
いい感じになってたので油断しました。

すぐ戸締め。

すばる に声をかけるけれど
気もそぞろ。
外では訳のわからないミルクが
ないています。


外からの刺激をよそに転嫁する
転嫁行動を起こしていたのは
ミルクだけじゃなかったんだ!
と、今になって知りました。

すばる は
ミルクの転嫁攻撃が怖くて
怯えているだけだと思っていたのです。

しかし…
10分後かい…

ミルクは、ぱーっと発散して
すぐ忘れるタイプ


すばる は、あんまり気にしないようで
じわじわと しみ込んで爆発するタイプ


だったんですね〜。





しまった…
またイチからか……( i _ i )





落ち着いたころ

茶の間のドアに
フタリが寄ってきたので
思い切って
すき間を開けてみました。

どちらも興奮することなく
お互いを確認。

ミルクが手を伸ばしたり
すばる が手を伸ばしたり
してましたが

数秒、見合ったと思ったら
すばる がミルクの胸を軽くトンっと
押して、びっくり。
ミルクもびっくり
でもケンカにはなりませんでした。
ミーねーは こわすぎっ!
っていう抗議のようでもあり
戯れの延長のようでもあり
叩いても大丈夫か確認したのかなぁ。

ミルクは文字通り
目を白黒させてました。

ミルク&すばる の立場逆転か?!

ドキッとしましたが
そのあとの様子では大丈夫そう。

大丈夫とわかると
フタリのやりとりが
おかしくてなりませんでした。
そのぐらいフタリは
落ち着いてました。

イチには戻らなかったようです。

ただ
その後
それぞれヒトリのときにも
お互いを探して ビクビクしていたので
少し逆戻りですね。




今日わかったこと!
◯転嫁行動にもタイプがある
◯刺激があった後は すばる を隔離する













コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加