馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

平成28年度秋季高校野球大会42(10/31)

2016-10-31 20:11:52 | 野球
2016各地区秋季高校野球大会案内板
第127回秋季中国地区大会案内板


◎中国
★準々決勝
華陵(山口④)5-11宇部鴻城(山口①)
創志学園(岡山③)9-3関西(岡山①)
鳥取城北(鳥取①)3-0米子松蔭(鳥取③)
市呉(広島③)5-3広島新庄(広島①)

◎注目地区のセンバツ出場校予想
まだ全ての地区大会及び神宮大会が終了していませんので何とも言えない部分がありますが、変更の可能性ありとしての予想です。
★北海道
札幌一で問題なし。
★東北
仙台育英と盛岡大付でしょう。聖光学院は次点候補。
★関東・東京
併せて6校ですが、これは早稲田実が準優勝の場合は東京2となる可能性が高そうです。
関東地区では作新学院、東海大市原望洋は問題ないでしょう。関東4の場合、前橋育英、健大高崎、山梨学院、慶応義塾、健大高崎、横浜の6校で2校を争うのですが、前橋育英は県1位と準決勝の内容から選ばれそうです。問題は健大高崎。作新学院にほぼ完敗した試合内容をどう捉えるかで意見が分かれそうです、そこで浮上してくるのが慶応義塾でしょうか。5校なら健大高崎も。ただベスト4でコールド負けしたわけでもないのに選ばれないとなると問題も、、、、となると早稲田実次第でしょうか。
★東海
静岡、至学館で問題なし。
★北信越
優勝の福井工大福井は問題なし。2校目は高岡商と日本航空石川の比較も2戦完封、特に福井県1位の福井商を完封したのが評価されそう。
★近畿
ベスト4の大阪桐蔭、神戸国際大付、履正社、滋賀学園は選ばれそう。ベスト8のコールド負けした2校を除くと智弁学園、報徳学園が浮上してきそうです。
★四国
中国地区との兼ね合いがありまだ難しいのですが、明徳義塾があまりに強すぎて逆に2枠になりそう。一番善戦した愛媛1位校の宇和島東は初戦敗退で難しい。となると大敗ながら準優勝の帝京五。3校ならばその明徳義塾に県大会完封勝ちした中村を破った英明が浮上しそう。
★九州
ベスト4が偏り福岡、熊本で独占。普通であればこの4校で決まりも、高野連がどう判断するか。福岡2校と好投手を擁する公立の熊本工は確定か。残り1校を秀岳館、鹿児島実、れいめい、佐賀商の争いか。実力的には秀岳館、鹿児島実も、公立の佐賀商が2勝しているだけにサプライズ選出があるかも。単純実力では秀岳館。



★記事①で注目した学校の状況*センバツ大会出場有力
北海(地区予選敗退)
大曲工(東北大会ベスト8敗退)
*作新学院(関東大会決勝進出)
*前橋育英(関東大会ベスト4敗退)
八王子(東京大会ベスト8敗退)
横浜(関東大会ベスト8敗退)
山梨学院(関東大会ベスト8敗退)
富山一(北信越大会1回戦敗退)
星稜(北信越大会1回戦敗退)
履正社(近畿大会ベスト4進出)
創志学園(中国大会ベスト4進出)
広島新庄(中国大会ベスト8敗退)
*明徳義塾(四国大会優勝)
秀岳館(九州大会ベスト4敗退)
不出場組からは
*健大高崎(関東大会ベスト4敗退)
早稲田実(東京大会決勝進出)
東海大甲府(ベスト8敗退)
*滋賀学園(近畿大会ベスト4進出)
広陵(ベスト8敗退)
九州学院(ベス4敗退)
延岡学園(ベスト4敗退)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度秋季高校野球大会4... | トップ | 愛馬の近況(10/31情報分) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。