馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

映画「クローズド・ノート」を観ました!!(2007-22)

2007-09-29 22:57:33 | 映画・テレビ
これで3週連続の映画となりました。観ない時は1ヶ月ぐらい間が空きますが観だしたら止まらないというやつで、、、。今回は鬼嫁さん推奨の映画を観に行く事になりました。

◎STORY
小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウに恋をする。彼は引っ越しの日に、香恵の部屋を見上げていた男だった。彼への思いを持て余していた香恵は、いけないと思いつつ前の住人が置き忘れていったノートを何気なく開く。それは小学校の新任教師・伊吹先生が、教え子との日々と元恋人“隆”への思いを綴った日記だった…。
★★★☆☆
え~いつものように原作は読んでおりません。いろいろなCMからはファンタジー物を連想させます。まして監督が「セカチュー」の行定勲氏ですからどんな作品に仕上げるか楽しみでした。いつも睡魔に襲われるのですが今日は長い映画にしては起きていました。

物語は香恵(沢尻エリカ)が、引っ越してきたアパートの前の住民(竹内結子)の残した日記を見つけるところから始まります。
どうやら小学校の教師のようで、自分も教師になる夢を持っているため、いけないとはわかっていながら、読んでしまいます。原作を読んでいないためどんな展開になるのか結構ハラハラして観る事ができたのですが、私の理解力がたらないのか2点ほど不思議なところがありました。
以下反転しております。
一つ目は、なぜ日記帳を破って紙飛行機にして校庭に飛ばしたのか?
二つ目は、お別れ会の帰りに事故に遭ったと思ったのですが、その日記が部屋のしかもわかり難いところにあったのか?
というところです。
別に不思議でもなんでもないのかな?
それと生徒の言葉遣いで「お亡くなりました。」と何度も言っていましたが、「お亡くなりになりました。」か「亡くなりました。」が聞きやすいと思ったのですが。これも考えすぎか?寝ずに観ていると映画そのものと関係ない部分が気になったりして(笑)。

教師役の竹内結子は、まさに理想の先生を演じていました。先生と生徒、一昔も二昔も前の関係に思えましたが、現代社会で今一番欠けている「思いやりの心」が大切だと痛感してくれればうれしいですね。

石飛(伊勢谷友介)の作品として登場する絵は下田昌克氏の作品で素晴らしかったと思いました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成19年度秋季高校野球大会⑳... | トップ | 今週も好調を持続したいです... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小学生 (kossy)
2007-09-29 23:13:59
ストーリーそのものも、紙ひこうきも、突っ込みどころはいっぱいありますよね。
俺的には合唱のパートという設定が気になってしまいました。ソロパートという意味だったんだろうけど、学校に出てくるかどうかわからないのにね・・・

関係ないけど、『角砂糖』という韓国映画は女性騎手の映画です。DVDはまだですが、観る機会があればぜひ!
映画の楽しみの一つかも (馬球管理人)
2007-09-29 23:18:16
kossyさん、こんばんは。

いろいろ考えると、あれもこれもとありますね。
それもまた映画の楽しみ方かもしれません(笑)。

映画のご紹介ありがとうございます。DVDが出れば観てみます。「角砂糖」というのも変わった題名ですね(笑)。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-09-30 10:25:24
私もいろんな疑問が残りましたが、MIYAUCHIさんの挙げられた二点は特にハテナでした。
日記の最後のページについては、書いただけで伊吹の中では完結してしまい、あとは思いを込めて飛ばしたということでしょうか。
日記が下宿に戻っていたのは最大の謎です!
安心しました (馬球管理人)
2007-09-30 10:47:07
ミチさん、こんにちは。

いや~、安心しました。私だけが理解していないのかと思っていましたから。
昔見ていた道徳の番組と一緒で、その後は自分で考えなさいという事なのでしょうか(笑)。
きになりますよね (ソルジャー)
2007-09-30 14:51:24
紙飛行機にしてして飛ばしたのは私もなぜ?と思いました。

映画は観る人によってその捉え方はさまざまでその余白みたいな
ものを狙ったのではないでしょうか、隆の想いを文章に
ハッキリと書いた事で自分の気持ちを再認識したのが恥ずかしく
なったのでその頁を何処かへやってしまいたかったからでは?
日記はもともとかなり恥ずかしいもの。

日記が部屋に残っていたのは一度部屋に戻っていたから
それしかないでしょ。
分かり難い場所に日記を置いていたのは部屋をかたづけた人が
うっかり忘れそうな設定になっていないと話が繋がらないから(^^

お亡くなりましたは子供にわざと間違いさせた演出でしょう
子供にとって初めての出来事を強調したかったのでは?

いらっしゃいませ!! (馬球管理人)
2007-09-30 16:06:19
ソルジャーさん、こんにちは。
初めましてですよね。

私と同じ疑問を持たれている方がいらっしゃって安心しました。
これが事故死でなくて病死ならば意味合いも違ったと思うのですが、、、。

日記が部屋にあった件は、お別れ会の後、事故死したと聞こえた気がしましたので。DVDが出たら確認してみます。

子供の言葉は、そういう狙いもあったでしょうね。突然の出来事なので表現の仕様がないといったところを狙ったのかもしれないですね。

いろいろと見解ありがとうございました。参考になりました。
結構楽しめましたよ。 (ツッキー)
2007-10-01 08:43:34
色々と?は確かにありましたが、結構楽しめました。 最初、自分の好きなタイプの俳優を隆と想定していたのが、途中で高しがリューとわかってから、その俳優のイメージがリューに変わり嫉妬となる感じや、竹内結子の先生役に好感を持ちました。

江尻エリカは美人でかわいいのですが、最近のゴシップ(わがままな女王)で何かストーリーとは別ですが、気になってしまいました。

私も先生は、人生もう一度あるならやってみたい仕事ですので、厳しい仕事の世界でも、やはり思いやりと人を育てることが大事だなと思いました。 映画にいつも勇気をもらい、貴重な教訓を楽しみながらいただいています。 感謝!
思いやりの心 (馬球管理人)
2007-10-01 08:55:48
ツッキーさん、こんにちは。

そうですね、いろいろと?はあるのですが、全体的には楽しめた作品ですね。
出演者たちの演技も良く最後まで飽きる事なく観れましたね。
沢尻エリカ、何やら舞台挨拶の時に腕組みをしていたとか不機嫌そうにしていたとかいう話を聞きますがそれが演出なのか素なのかわかりませんが、あまり良い印象はないですね。
確かに美人なのかもしれませんが、心の美人が一番ですね。人に対する思いやりの心。竹内結子が演じた学校の先生・生徒の関係のようなのが理想ですね。
良さそうですね (yume)
2007-10-02 22:12:42
こんばんは☆
沢尻エリカの舞台挨拶の映像を見て「映画観たかったけどやめようかな~」と子供達に言ったら、
「どこが変なんだよ~」と息子に言われました。
若い人の感覚がわかりません
でも、映画は面白そうですね。
女王だかなんだかしりませんが (馬球管理人)
2007-10-02 22:29:07
yumeさん、こんばんは。

私は映画を観た後、テレビで舞台挨拶の模様を観ましたがすごいギャップを感じました。
美人で人気があるかもしれませんが、あのような態度は観客はもちろん、スポンサーや制作者に対して失礼だと思います。
映画では「思いやり」がありましたが、舞台挨拶ではそれが欠けていましたね。

でも映画は一部??がありますが楽しめると思います。
それにしても騒がれていますね。 (ツッキー)
2007-10-03 08:32:35
今回の映画を観て、まず感じたのは、この映画を見ている人の年代の幅が広かったこと。 子供から中年まで幅広い年代の人が映画館に来られていました。 若い方は江尻エリカの魅力に引かれてだと思いますが・・・

あの舞台挨拶を見てからだと中年の人達は、まず見に行かないと思いますので3分の1ほどの顧客を逃したことになると思います。 実際にあの舞台挨拶で悪い印象を持った人が81%という意識調査がYahooで出ているようですので製作者、共演者、原作を書いた人、広告宣伝で沢尻エリカを使った会社などに多大な損害を与えたことでしょう。

普通、こういうわがままな人は、そのうち、芸能界から消え去るのが常識ですが、表に姿を現さずにカリスマ的なモデルとか映画俳優にでもなった方がいいタイプなのかもしれませんね。

映画の主演を演じた人が、その映画を通じて学び、共感し、更に円熟味を増すというのがよくありますが、彼女はあの主人公から学ぶところが、まったくなかったように思います。

それはMIYAUCHIさんも書かれている廻りの人への”思いやりの心”だと思います。
大変な事になってきましたね (馬球管理人)
2007-10-03 08:47:58
ツッキーさん、こんにちは。

何か大変な事になって1年間の自粛とかの話も出てきていますね。
人間ですから、いつも機嫌がいい事はないのですが、そんな時でも笑顔で受け答えするのが営業マンの宿命ですよね。女優である前にやはり、この映画を宣伝する営業マンであるわけですからそのあたりの気を使って欲しかったですね。

対照的に昨日「恋空」の映画完成挨拶があったのですが主演した新垣さん(19歳)は、体調が悪いのをおして挨拶に来ていた姿が映っていましたので余計にそんな感じがしますね。

沢尻エリカは女優としては素晴らしい演技が出来るわけですから人間としての成長を期待したいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クローズド・ノート (ネタバレ映画館)
マンドリンしながらバイトしてまんねん。
「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観 (オールマイティにコメンテート)
「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記を入力する習慣が当たり前になったが、その数多くの日記の中...
あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシー...
『クローズド・ノート』特集 (どどんぱすブログ)
現在発売中の雑誌「EnjoyMovie」では映画『クローズド・ノート』を特集し...
「クローズド・ノート」 (てんびんthe LIFE)
「クローズド・ノート」イイノホールで鑑賞 これも小説が原作の映画化。映像化しやすい内容でありそうなことは推測されますが、こういうのやっぱり行定監督はうまいと思います。景色の美しさ、光と影のコントラスト。全体的にとても美しい映画でした。ラストの紙飛行機...
「クローズド・ノート」ちょっと長すぎ (ももたろうサブライ)
監督 行定勲少しあらすじ 大学生の香恵は引越したアパートで前の住人が残したノートを見つける。そのノートを書いたのは小学校教師の伊吹で、学校での悩み、隆に対する恋心がつづられていた。 香恵はアルバイト先の客でイラストレーターの石飛にひかれる。石飛は窓際に...
『クローズド・ノート』 (ラムの大通り)
----行定勳監督の新作だっけ?精力的だね。 「うん。この夏『遠くの空に消えた』に続いて2作目の公開。 脂が乗り切っているんだろうね」 ----確か携帯小説が基になっているんでしょ。 ラブストーリーだっけ? 「基本はそうだけど、 ミステリーの要素も入っている。 それだ...
映画 【クローズド・ノート】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「クローズド・ノート」 雫井修介の同名小説の映画化。 おはなし:女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引越しした部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。挟まっていた写真を見ると、前の住人(竹内結子)はどうやら小学校教師らしい。教師志望の香...
クローズド・ノート (ikumu's note)
クローズド・ノート 試写会に行ってきました。 雫井脩介原作を行定勲監督,沢尻エリカ主演とそうそうたるキャストで映画化したもの。 大学生の香恵(江尻エリカ)は引越してきたアパートでノートを見つける。それはそのアパートに依然住んでいたと思われる小学校の...
クローズド・ノート(映画評) (blog50-1)
クローズド・ノート鑑賞。 ささくれだった心が柔らかくなる感じ。 ホントに泣けた。
映画「クローズド・ノート」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 18日、内幸町のイイノホールにて「クローズド・ノート」を鑑賞した。 客入りは8割ほどで女性観客が多い。主権は角川書店。 映画の話 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。ある日、香恵は画家の石飛(伊勢谷友...
クローズド・ノート (八ちゃんの日常空間)
でも泣いちゃいました。
若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (Prism Viewpoints)
ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
クローズド・ノート (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
竹内結子がすごく良かった!彼女が主役だねぇ~!竹内結子を取り巻く生徒たちもすごく良かった!だけども、だけどぉ~♪沢尻、いい加減にせえよぉ~(怒)!     評価:★8点(満点10点) 2007年 138min 監督:行定勲 出演:沢尻エリ...
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
『クローズド・ノート』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::2007年9月29日(土) 上映時間::::138min(2時間18分) カ...
【2007-137】クローズド・ノート Closed Note (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。
映画「クローズド・ノート」 (FREE TIME)
先日、映画「クローズド・ノート」を鑑賞して来ました。
クローズド・ノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  なんだなんだ、凄くいい映画じゃないか! ヤフー掲示板での評価が酷いのは、主演の沢尻エリカに対するイヤガラセに過ぎなかった。しかし沢尻エリカは主役とはいえないね。真の主役は、竹内結子以外の何者でもない。       清楚で心の美しい伊吹先生の役...
沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画...
クローズド・ノート  称号:佳作+ (映画細胞~CinemaCell)
教師を目指す大学生の香恵は、引っ越し先で前の住人のノートを見つける。持ち主の伊
『クローズド・ノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村...
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介
クローズド・ノート (Thanksgiving Day)
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観...
映画『クローズド・ノート』 (頑張る!独身女!!)
他人の「秘密」を覗いてしまったことがありますか。読んでしまった「日記」覗いてしまった他人の心。「日記」の恋に導かれるように彼女の恋がはじまる。恋するときめきも、片思いの痛みも、いつもわかり合えた。でも、読んではいけなかった。決して他人に語られなかった、...
067)クローズド・ノート (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
「クローズド・ノート」主演の沢尻エリカ。彼女が出演していない作品は? 1)SHINOBI 2)間宮兄弟 3)監督・ばんざい! 4)手紙 正解は次号にて。。 by織田 拳 ←応援お願いしま~す!
mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさ...
クローズド・ノート (映画か!)
2007年・日本・138分 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。ある日、香恵は画家の石飛(伊...