馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

映画「僕と妻の1778の物語」を観ました!!(2011-01)

2011-01-15 20:09:34 | 映画・テレビ
◎STORY
ドラマ「僕の生きる道」シリーズの映画化。大腸ガンに侵された妻のために1日1篇の小説を書き綴る夫との愛の日々を描く。妻のために毎日、短編小説を書き続ける朔太郎。それは、妻の命を救いたいという願いと同時に、朔太郎の小説家としての限界への挑戦でもあった。朔太郎は、節子が死ぬかもしれないことを心のどこかで認めかけている。毎日、短編小説を書き続けることは、脆い自分を奮い立たせるための鎧だったのだろう。主演は、ドラマ・シリーズから続投する草なぎ剛。妻、節子を演じるのは、『黄泉がえり』以来の再共演を果たした竹内結子。監督は、ドラマ「世にも奇妙な物語」などで熱烈なファンに支持されている星護。

公式サイトこちら

実に3ヶ月ぶりの映画でした。最近ではこんなにも間隔が空いたのは初めてです。それだけ昨年の後半は個人的に観たいと思う作品がなかったという事ですが。

でこの作品。眉村卓夫妻の実話がベースです。私は学生の頃、眉村卓作品をよく読んでいました。「謎の転校生」、「幻のペンフレンド」、「ねらわれた学園」など面白いSF作品が多くSFの登竜門的な作家でした。NHKの少年ドラマの常連原作者だった事もあり私と同年代の方々にファンが多いような気がします。

眉村氏の妻が余命1年と宣告され、「笑えば免疫力が上がる。」との医師からの話がありそれから毎日眉村氏は世界でたった一人の読者の為に小説を書き続けます。その効果もあってか話は1778話まで続く事となります。映画的にはただそれだけなのですが、お互いを思いやる気持ちがこちらに伝わってきます。草薙君と竹内さんはかつて「黄泉がえり」で共演しており息ぴったりのコンビだと思いました。殺伐とした現代社会にほのぼのとしたものを伝えてくれます。
★★★★

僕と妻の1778話 (集英社文庫)
眉村 卓
集英社

このアイテムの詳細を見る



◎監督
星護
◎脚本
半澤律子
◎出演
草なぎ剛
竹内結子
谷原章介
吉瀬美智子
陰山泰
小日向文世
浅野和之
佐々木すみ江
大杉漣
風吹ジュン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬球雑記帳1/15 | トップ | 週間BOXING TOPICS(1/16) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『僕と妻の1778の物語』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「僕と妻の1778の物語」□監督 星 護 □脚本 半澤律子□原作 眉村 卓 □キャスト 草? 剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山 泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉 漣、風吹ジュン■鑑賞日 1月16日(日)■...
僕と妻の1778の物語 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 139分 原作 眉村卓 脚本 半澤律子 音楽 本間勇輔 監督 星護 出演 草なぎ剛/竹内結子/谷原章介/ 吉瀬美智子/陰山泰/小日向文世/浅野和之/大杉漣 TVドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を手掛けたスタッフ....
映画「僕と妻の1778の物語」 (FREE TIME)
映画「僕と妻の1778の物語」を鑑賞しました。
僕と妻の1778の物語 笑えばいいのか泣けばいいのか・・・  (労組書記長社労士のブログ)
【=5 -2-】 年が明けてまだ12日間やのにもう5本も映画を観ている。 こんなペースで見ていたら、この1年間で152本も映画鑑賞することになるやん!←って、ないないヾ( ̄o ̄;)(笑)  SF作家・朔太郎と銀行に勤める妻、節子は、人も羨む仲睦まじい夫婦。朔太郎は一旦小説を...
『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 僕と妻の1778の物語 』 (2010)  監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家である眉村卓と、余...
【映画】僕と妻の1778の物語 (新!やさぐれ日記)
▼動機 僕シリーズ最新作 ▼感想 竹内結子が物足りない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ このへん ▼あらすじ SF作家の朔太郎(草彅剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に...
最後の最後に妙な感動。『僕と妻の1778の物語』 (水曜日のシネマ日記)
SF作家が闘病生活を送る妻の為に毎日1編の短編小説を書く日常を描いた作品です。
『僕と妻の1778の物語』 | 大ヒット要因は内容よりも目の付けどころの良さ? (23:30の雑記帳)
カレーを頼んだらハヤシライスが出てきた、みたいな。 「日比谷」と言ったら「渋谷」に連れて行かれた、みたいな。 「泣ける」と聞いて観てみたら「シュールなSF」でした、みた ...