馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

映画「種まく旅人 夢のつぎ木」を観ました!!(2017-04)

2017-06-10 21:31:30 | 映画・テレビ
豊かな日差しと土壌に恵まれ、全国屈指の桃の名産地として知られる岡山県赤磐市。赤磐市役所に勤める27歳の片岡彩音(高梨臨)は9年前の春、女優になる夢を胸に故郷の赤磐から東京へ向かった。彩音の実家は赤磐で桃農家を経営、両親が亡くなってからは兄・悠斗(池内博之)が一人で桃の栽培を行っていた。そんな矢先、悠斗が病に倒れてしまう。ひと夏だけの約束で桃の栽培を手伝うため帰郷した彩音だったが、悠斗は帰らぬ人となってしまう。彼が最期まで抱いていた夢は、接木に成功した桃の新種『赤磐の夢』を新種登録することだった。悩んだ挙句、彩音は女優の夢を諦め赤磐に戻り、高校生の妹・知紗(安倍萌生)と二人で暮らしながら兄の夢実現を目指し『赤磐の夢』の栽培を始める。悠斗の遺志を叶えるため、彩音は桃の酒を作る宝町酒造の高橋親子(井上順、辻伊吹)や、レストランを営む義姉の美咲(海老瀬はな)ら桃を愛する周囲の人々に助けられながら、畑と市役所の仕事を両立していく。そんなある日、農林水産省の職員・木村治(斎藤工)が桃の栽培についてレポートを書くために赤磐にやって来る。28歳の治は故郷の大分県臼杵市でお茶農家を営む兄夫婦(吉沢悠、田中麗奈)の影響で、日本の農業政策を農家が流す汗に見合うものに変えたいと願い農林水産省に就職。だが忙しい毎日の中で理想を見失いかけていた。そんな折、次官の太田(永島敏行)から赤磐の生産現場を調査するよう命じられたのだった。上司の岩渕(津田寛治)から案内役を任された彩音は、治を畑や直売所などに連れて行くが、治は馴れ馴れしく口説き文句を連発し、とても桃のことを真剣に考えているようには見えない。そんな治に苛立ち、仕事と割り切って付き合う彩音だったが、毎日一緒に過ごすうちに治の軽薄な振る舞いに隠された情熱に気付き始め、いつしか二人は夢を語り合う仲になっていた。ある日、防蛾灯に照らされた畑で『赤磐の夢』を堪能しているうちに終電を逃した修は片岡家に泊まることになり、二人は眠れない夜を過ごす。後日、悠斗が4年前に出願していた『赤磐の夢』品種登録の可否通知が農林水産省から届く。結果は「拒絶」。うなだれる彩音に対し、彼女のこれまでの努力を知る人々は自分の幸せを優先し、新しい夢に向かって歩き出すよう励ますが、治だけは桃を諦めるのか、と問いかけるのだった……。goo映画より
公式サイト

2週間ぶりの映画は海峡映画祭の作品の「種まく旅人 夢のつぎ木」です。佐々部清監督の作品です。舞台挨拶で監督と津田寛治さんが来られていました。

岡山県の赤磐市が舞台の「種まく旅人」シリーズの第3弾として撮られた映画です。
今まで佐々部監督の作品は数多く観ていますが、正直言いますとあまり面白くなかったというのが感想です。演技の問題があるのかも知れませんが、斉藤工氏が演じる役人が「市役所の仕事と桃農家の仕事が大変。」というセリフがあるのですが、高梨さんの演技はその大変さが伝わってきませんでした。淡々と流れるので感情移入がしにくい作品でした。

上映終了後に舞台挨拶があったのですが、津田さんは佐々部監督の作品に良く出ていました。言われて思い出しました(笑)。二人の掛け合いは撮影裏話などが聞けて、大変面白く楽しめました。


★★★

◎監督
佐々部清
◎脚本
安倍照雄
◎キャスト
高梨臨
斎藤工
池内博之
津田寛治
升毅
吉沢悠
田中麗奈
井上順
辻伊吹
海老瀬はな
安倍萌生
川藤幸三
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年度春季高校野球大会5... | トップ | 平成29年度春季高校野球大会5... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。