馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

映画「サイドカーに犬」を観ました!!(2007-17)

2007-07-08 17:53:57 | 映画・テレビ
最初はこの映画を観に行く予定ではなかったのですが上映開始時間の関係でこの映画を観る事になりました。

◎STORY
不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし、子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを薫は好きになっていく…。
★★☆☆☆
母親が出て行って残された薫(松木花奈)の目を通して、その後家に食事を作りに来るようになる破天荒な愛人らしきヨーコ(竹内結子)との交流を描いた作品であります。「サイドカーに犬」という何とも知れない題名の意味がわかるのは物語の終盤でした。別にサイドカーに犬が乗っていたという事ではなく、父親との距離感、ヨーコさんとの距離感を現しているような気がしました。淡々と流れていく日常生活の中で、いろいろな影響を受けたという事なのでしょうか。結局は父親と別れて暮らす事になるのですが、その場面がこの映画のクライマックスでしょうか。最後の場面(自転車)、終わり方にはいろいろな考え方があるのですが、最後の最後までヨーコをミステリアスな女性として描きたかったのでしょうか。
奥が深い作品だと思いますが、正直眠たくなりました。その中で薫役の松本花奈ちゃんの演技は良かったと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第89回全国高等学校野球選手... | トップ | 第89回全国高等学校野球選手... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主題歌なら知ってます(笑) (せきね)
2007-07-10 22:13:08
こんばんは。連続投稿ですいません。

サイドカーに犬、見たんですか。
レビューを見るとイマイチっぽいですね~。主題歌をYUIが歌ってるということで注目したので、タイトルだけは知っていたんですが…
ただ、最近は映画を見る時間もありません(涙)

ちなみに、主題歌「Understand」はいかがでしたか?(笑)
良かったですよ~ (馬球管理人)
2007-07-10 22:22:27
せきねさん、こんばんは。

本当はこの映画を観る予定ではなかったのですが上映時間の関係で観る事になりました。
奥が深いのかもしれませんが私にはイマイチな感じでした。

子役の演技と主題歌は良かったですよ~(笑)
こんばんは♪ (ミチ)
2007-07-13 21:49:33
竹内結子復帰第一作ということで華々しい物かと思いきや、淡々としていましたよね。
しかも主役は薫というかんじで。
でも、薫から見たヨーコという人物がどんなに魅力があったかということは伝わってきました。
本当は深い物があるのでしょうが、私の見方ではダメだったのかもしれません(汗)
奥が深いのかもしれません (馬球管理人)
2007-07-13 22:11:09
ミチさん、こんばんは。

本当に淡々と流れていましたね。
薫役の子が光っていましたね。
私もミチさんと一緒で見方が悪かったのかもしれません。途中寝てしまいました(笑)。
竹内結子 (kossy)
2007-07-16 07:40:41
これは女優竹内結子と松本花奈ちゃんの演技を見るための映画なのかもしれませんね。
奥が深そうなことを書いてしまったけど、現在の薫=ミムラのエピソードが少ないので憶測にすぎません・・・
父親との別れで「わん、わん」としか言えなかったところはわかりづらいですよね~
なかなか難しい映画でした (馬球管理人)
2007-07-16 08:51:42
kossyさん、こんにちは。

成人した薫(ミムラ)のエピソードがもう少しあれば非常にわかりやすかったかもしれませんね。
観た直後は、よく理解できませんでした(笑)。
松本花奈ちゃんの演技は良かったですね。
あの「わん、わん」は題名をひっかけているのでしょうか(笑)?
初めましてm(__)m (mezzotint)
2007-08-16 00:54:25
今晩は
こちらこそ初めまして
TB&コメント有難うございます。
高校野球、お好きなんですね
連日の暑さで試合する選手の方も
大変何をするにも、気合がいりそう
です。銅版画は結構工程が多くて、面倒な
ものです。技法も色々あります。
最近は映画がメインになってしまい・・・。
銅版画の方の記事を書かず
ぼちぼちまた載せようと思っております。
また覗いて頂ければ幸いです。
いらっしゃいませ!! (馬球管理人)
2007-08-16 06:03:38
mezzotintさん、初めまして。
こんにちは。
TB・コメントありがとうございます。
高校野球・競馬・映画が中心(ってこれしかありませんが)のブログです。
映画は月に2回ぐらい行っています。また遊びにきて下さい。
こちらも遊びに行かさせていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
微妙な時代設定でインパクトがない。『サイドカーに犬』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの女性が20年前の夏休みを回想する物語です。
サイドカーに犬 (Kinetic Vision)
サイドカーと自転車、二つの乗り物が薫(松本花奈)にとって重要な乗り物として登場する。 小学生にとって両親の存在は絶対だから、親がふらふらしていると子供はどこに立っていたらいいのか分からない。薫はしっかりしてい
サイドカーに犬 (八ちゃんの日常空間)
犬をチャリンコのかごに乗せてる人はいるけど、サイドカーに犬を乗せてツーリングなんてかっこいいですよ!それも海岸線と並行して走る道路ですよ! やってみたいっ!
「サイドカーに犬」:森下五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここの高校は、自動車学科もあるんだって。 {/kaeru_en4/}じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。 {/hiyo_en2/}うーん、それはどうかな。 {/kaeru_en4/}でも、「サイドカーに犬」みたいな映画を...
映画 【サイドカーに犬】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サイドカーに犬」 芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を根岸吉太郎監督が映画化。 おはなし:不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日釣堀に出かける。彼女は少女に餌をつけてあげながら、20年前の夏休みを思い出していた。母の家出の後、ヨーコ(竹内結子)...
サイドカーに犬 (ネタバレ映画館)
ふと聞えてきた漫才はトミーズか?
サイドカーに犬 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
不動産会社に勤める薫は、ある朝、ふいに有給休暇を取り、馴染みの釣堀を訪ねます。そこで、釣り糸をたらしながら、父が会社を辞め母が家出をした小学校4年生の夏休みを思い出します。母が家を出た数日後、突然やってきたヨーコさんとの日々は、薫にとって実に画期的なも...
『サイドカーに犬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊...
【2007-105】サイドカーに犬 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・ 性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙 あの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと コーラと清志郎と思い切り笑うこと あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。
映画「サイドカーに犬」 (日々のつぶやき)
監督:根岸吉太郎 出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、椎名吉平、樹木希林 「不動産会社に勤める薫は有給休暇を取り自転車でいつもの釣堀にいた。そこで、20年前薫10歳の頃、母が家出をした時に家事を手伝いに来てくれていたヨーコ
映画「サイドカーに犬」を観た! (とんとん・にっき)
「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、
サイドカーに犬 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
可笑しかったなぁ!パックマンの死んだ時の音!
サイドカーに犬♪竹内結子復帰第一作 (銅版画制作の日々)
あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。   7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!!   《物語》たまっていた有...
『サイドカーに犬』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た。その数日後に薫の家に突然やって来たヨーコさんは神経質な母親とは対照的な大らかな人。煙草をスパスパ吸い、性格はサバサバ、大らかで気が強い。感想山路ふみ子映画賞 女優賞日刊スポーツ映画大賞 ...
mini review 07278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性...
真・映画日記『サイドカーに犬』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月30日(水)◆701日目◆ 終業後は地元の漫画喫茶で「ひとこと塾」の文章作成。 ホントは『ヒトラーの贋札』を見たいんだけどね。 午後10時すぎに帰宅。 『サイドカーに犬』を見る。 昨日の『キサラギ』に続いて、去年見逃した邦画...
【DVD】サイドカーに犬 (新!やさぐれ日記)
■動機 竹内結子がメインじゃないみたいだったから ■感想 竹内結子のくせにいいじゃんこれ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前の...