馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

ツッキーさんの2017ラフィアン・ウインツアーリポート!!

2017-07-05 23:59:59 | ツッキーさん
「馬球1964」の名物コーナーとなりましたツッキーさんのラフィアン・ウインツアーリポート、今年も居ながらにしてラフィアン・ウインのツアーが楽しめます。いつもいつもありがとうございます。

2017、BRF/CVFツアーリポート(6月24日~25日)

6月24日(土)
今年はツアー後、2日間ほど道南を観光いたしましたので、いつもよりツアーリポートが遅くなってしまいました。速報が取り柄のリポートだけに魅力が半減してしまい申し訳ありません。いつもどおり私の私見と興味のある馬だけの勝手なリポートと写真ですが、ご容赦願います。昨年は生憎の雨のツアーとなりましたが、今年は曇りときどき雨の天気予報でしたが、お天気は良い方に裏切られて暑いほどの晴天下でのツアーとなりました。気温も20℃前後と風が吹くと寒いくらいでしたが風がなくて日が照ると暑いくらいでウインドブレーカーを着たり脱いだりの展示会となりました。昨年まではCVFへ直行してお弁当を食べた後、ウインの募集馬の展示が行われましたが、今年は明和に直行してお弁当を食べてからラフィアン募集馬の展示が先に行われました。今年は暴れ馬が多くマイネポリーヌの16が展示前に暴れてスタッフの若林さんが怪我をしたり、他の馬が展示中に転んで会員さんの傍まで近づくハプニングなどもあり展示中の興奮した馬の動向に気を付けないといけないと思うシーンが多々ありました。社長の説明では募集馬は展示のスクーリングをしているのですが、やはり大勢の会員さんらの前で敏感になっているそうです。
さて気になった募集馬ですが、ツアー前は母に出資していたマイネボヌールの16とマイネアルナイルの16に興味を持っていましたが馬体重が思ったより軽いのとマイネボヌールの16はビデオでの歩様が硬く、ラフィアンの社長もマイネボヌールの16のビデオでの歩様の硬さは認識されていましたが展示では少しマシになっているでしょうとコメントされていました。私も同じように思いましたが様子見するつもりです。それ以外の馬で興味を持ったのが48番のマイネヒメルと52番のマイネレーヌです。両馬とも馬体がしっかりしていてマイネヒメルの16は父オルフェーブルに似た毛色でマイネレーヌの16はジャスタウェイの逞しいトモを受け継いでいるように思いました。あるスタッフがジャスタウェイ産駒の育成牧場での評判がいいとのことで私もこの馬に興味を持った次第です。岡田繁幸総帥が比較展示でマイネヒメルの16はダート馬かもしれないが確実に走る馬だとコメントされ、マイネレーヌの16は、これはジャスタウェイ産駒で大物かもしれない。でも判断が難しい馬だねとのコメントがあり、私は岡田さんのコメントを良い方にとって出資を前向きに検討中です。

tour report 1 マイネヒメルの16、tr 2 マイネレーヌの16

ラフィアン募集馬の展示が終わってからCVFに移動し、ウインの募集馬の展示を見学しました。最近、私はウインの馬への出資に重点を移してきています。すでに4口の出資を決めたのが16番のフリーヴァケーションの16(父スクリーンヒーロー)で馬体、血統ともに気に入り今年の募集馬の中で一番期待している募集馬です。ウインの社長も今年のウインの一番の期待馬とのことで来年のダービーでの活躍を期待されていました。一口8.5万円と少し高いですが迷いなく出資を決めています。他には22番のコスモチェーロ、3番のエルノヴァ、13番のバラードソング、15番のフィールドボニータ、19番のリバラン、21番のゴシップクイーンなどが気になっています。今回はツアーの後で観光したので6月28日時点で22番コスモチェーロの残口が34口であることを知り、今から郵送しても遅いと思ったので残念ですが、この馬への出資を諦めて16番以外には3番、13番、15番、19番、21番から選ぶつもりです。
3番はウインネプチューンに出資していて母が良血であることや、馬は少し小さ目ですが歩様が柔らかいこと。13番は母に出資していて母が活躍したのと馬体が母似で母系の血統が良いこと。15番は注目のスクリーンヒーロー産駒でカタログでは良く見えなかったのですが展示では冬毛が抜けてかなり良く見えたこと。19番は父がジャスタウェイで馬体が逞しくバランスが良いこと。21番は、やはり注目のスクリーンヒーロー産駒で価格も手ごろで厩舎が以前、明和でマイネルセレクトを担当していた青木孝文さんで今は調教師になられて活躍されていて、この馬が青木厩舎に行く予定。などの理由からです。

tr 3 バラードソングの16、tr 4 フリーヴァケーションの16

展示会の後は滞在先のホテル(ホテルヒルズ)に戻って1時間ほど休憩してからリムジンバスでエクリプスホテルのパーティー会場に向かいました。最近、ホテルヒルズは温泉設備もあり人気があるらしく、今までよりツアーでの宿泊者数が増えてリムジンバスがいっぱいになるほどでした。パーティーの抽選では私はウイン募集馬の20%割引に、家内はラフィアン募集馬の20%割引に投函して私だけに幸運にもウイン募集馬の20%割引券が当たりました。フリーヴァケーションの16の1口分、8.5万円が20%割引となり1万7000円を得することになります。昨年、私達夫婦は何も当たらず同伴していたライトハウスさんご夫妻に割引券が当たったのですが今年は逆の結果となりました。パーティーはラフィアンの社長の挨拶で始まり最後はウインの社長が締めの挨拶をされました。特に興味を抱いたのがラフィアンの会員さんでウインの会員になられたのが最初の年には9人だったのが今は240人だそうでツアー参加者が310人なのでツアー参加者の70人以上の人がウインの会員さんではないので是非ウインの会員にもなっていただきたいとのウインの社長のコメントが印象に残りました。テーブルが20あって310人の会員さんが各テーブルに集まるので食べるのに結構苦労しました。私達が陣取ったテーブルには明和のスタッフの藤さんがいて色々と馬の話しを聞かせていただきました。明和の2歳馬で日曜日の東京5レースの新馬戦でデビューしたマイネルイノメ(母コスモハート)について私が昨年のリポートで気になった馬として取り上げていましたが出資しなかったので、この馬の評判を聞いてみたところ明和の一番の期待馬のようで担当者は明日のレースでは複勝は硬く、もしかしたら単もあるのではと話しているとのことだったので翌日、私も単複馬券で応援しましたが残念ながら惨敗。次のレースでは牧場での期待どおりの変身をすることを願っています。
パーティーではウインヒストリオンを担当する横橋さん、ウインスラーヴァを担当する翁長さんに両馬の評判を聞いてみました。二人とも女性ですがウインヒストリオンはウインの2歳で一番期待されている馬でCVFでの調教では42秒台で一杯のウインスラーヴァ(翁長さん騎乗)に対して余裕の走りで同入したそうですが馬体重さえ減らなければ新馬勝ちが期待できそうなコメントでした。ウインスラーヴァも勝ち上がるでしょう。と翁長さん。翌日のウインスラーヴァの調教の後、騎乗しながら“重賞を勝ちます”と力強い言葉がありましたが、これは営業トークだったと思います。(笑い)最後に岡田繁幸さんにお体に気を付けてくださいと挨拶したところ、昨年は体調を崩してツアーに参加できなかったそうで、岡田さんが死ぬかもしれないと思ったほど、その時の容態は悪かったそうです。今は元気になられていますが、これからは毎年、パーティーで岡田さんにご挨拶して、これからも元気に活躍されますよう激励させていただきたいと思っています。
他に興味を持った情報ですがCVFでの調教時計ですが42秒台なら勝ち上がり、40秒から41秒台ならオープンか重賞級というような説明がありましたので参考にしていただければと思います。ブルースターズという新しい育成牧場を買収して牧場を更に拡大し、ブルースターズの場長に成田さんがなられたことも私にとっては新情報でした。

6月25日(日)
25日の朝はCVFで調教を見学しました。場長の横山さんの楽しく軽快なトークでスタート。最初にウインフォルティスとウインオルビットが追い切られ私の出資しているウインフォルティスが前を走りオルビットが追う展開でしたがウインフォルティスは当然、期待馬ですがオルビットの方が仕上がっていて入厩は、こちらの方が早く馬体も逞しく期待できそうなコメントでした。
3番目に調教した3頭、ウインソリティア、ウインルチル、ウインストベリーはクラッシックへの出走を期待しているとのコメント。6番目に調教した愛馬のウインスラ―ヴァもここに来て調子を上げてきておりウインスペリオルも馬体は少し小さ目ですが乗り心地がいいと調教に騎乗した榎並さんがおっしゃっていました。7番目の調教となったウインヴォラーレは単走でしたが力強い走りで、すごく良くなっていて今の馬体重が490kg。今後の活躍が大いに期待できる成長ぶりだそうです。坂路からの帰りに繁殖牝馬サマーエタニティと、その仔(牡馬で父オルフェーブル)の写真を撮影しました。



tr 5 ウインフォルティス、tr 6 ウインスラーヴァとスタッフの翁長さん、tr 7 ウインスペリウス、tr 8 ウインヴォラーレ、tr 9 サマーエタニティと仔(父オフフェーブル)

真歌でのラフィアンの調教はCVFの調教と重なって残念ながら見ることができませんでした。真歌では私が出資しているマイネルバールマン、ダブルミリオン、ショコラショーの調教が行われマイネルバールマンは会員さんと一緒に記念撮影する特別サービスがあったそうです。記念撮影できなくて残念でしたが、この馬とは重賞競走の口取りで一緒に記念撮影したいと思っています。

調教後、CVFで募集馬の比較展示を見学しました。写真は気になった3番のエルノヴァ、8番のスガコ、13番のバラードソング、15番のフィールドボニータ、16番のフリーヴァケーション、19番のリバラン、21番のコシップクイーン、22番のコスモチェーロです。





tr 10 エルノヴァの16、tr 11 スガコの16、tr 12 バラードソングの16、tr 13 フィールドボニータの16、tr 14,15 フリーヴァケーションの16、tr 16 リバランの16、tr 17 コスモチェーロの16、tr 18 ゴシップクイーンの16

午後は明和で昼食。元シェフだったウインの社長、手作りのコロッケは当地の牛と豚、玉葱、ジャガイモなどを使った絶妙の味でビールにも合ってとっても美味しく会員さんにも人気があり、他にも北海道の美味しい食べ物ばかりで大満足の昼食でした。昼食の後はラフィアンの募集馬の比較展示です。写真は気になった48番のマイネヒメルと52番のマイネレーヌですが、愛馬マイネルシュバリエとマイネルラプティスの妹で50番のマイネポリーヌの写真も撮影しておきました。スタッフからのマイネアイル、マイネボヌール、マイネヒメル、マイネレーヌの16へのコメントも写真撮影しましたので参考にしてください。





tr 19 アルナイルへのコメント、tr 20 マイネヒメルへのコメント、tr 21 マイネレーヌへのコメント、tr 22 マイネボヌールへのコメント、tr23 比較展示風景、tr 24 比較展示風景、tr 25 マイネポリーヌの16、tr 26 マイネヒメルの16、tr 27 マイネレーヌの16

今年は種牡馬展示を見逃しましたので残念ながら種牡馬展示の説明と写真はありません。

東京11レースのパラダイスステークスでは愛馬のウインガニオンが3番人気でしたが見事な逃げ切り勝ちでオープン特別を2連勝。2日間のツアーの有終の美を飾ることができました。ツアーではライトハウスさんご夫妻とご一緒でき今年もお仲間やスタッフと大いに盛り上がることができました。ライトハウスさんご夫妻、スタッフの方々、色々とお世話になりありがとうございました。今年は特に若い女性スタッフとお話しできたことで競馬が素人の家内もツアーをより楽しめたようです。パーティーでは翁長さん、横橋さん、日曜日の明和での昼食では中野小夏さん、三宅さんなどと一緒に楽しく食事をさせていただきました。中野さんは神奈川県出身で三宅さんは富山県出身。二人とも単身で北海道に出てこられたそうですが、皆さん元気があって明るく楽しく印象の良い女性たちばかりでウインもラフィアンも彼女らの存在が更にクラブの雰囲気を明るく元気なものにしているように思いました。
宝塚記念の後、スタッフたちが見送ってくれてバスは新千歳空港へ。今年は月曜日に大沼国定公園を火曜日には函館を観光し晴天の下、初夏のツアーと道南観光を楽しむことができました。来年も行く予定ですのでスタッフの皆さん、ライトハウスさん。来年もどうぞよろしくお願いします。


tr 28,29 スタッフの見送り tr 30 大沼国定公園 tr 31 五稜郭

以上

ツッキーさん、毎年恒例のリポートありがとうございました。今年も居ながらにしましてツアーが楽しめました。私がBRFを最後に訪れたのが2008年でしたので9年前になります、早いものでライトハウスさんご夫妻にも9年間もご無沙汰してしまっています。申し訳ありません。相変わらずの虫嫌いで、奥さんにトンボを持って追いかけられたのが懐かしく思い出されます。最近ではなかなか休みが取れないため、なかなか北海道に行く事が出来ません。それと肝心の飛行機の時間の設定があまり良くない為に、余計に行き辛くなっているのが実情です。でもまたあの広い台地と大空の下、牧場を訪れたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 愛馬の近況(7/5情報分) | トップ | 愛馬の近況(7/7情報分) »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アップしていただきありがとうございます。 (ツッキー)
2017-06-28 22:11:24
管理人さん。お忙しいのに私のツアーリポートを早速アップしていただきありがとうございます。
毎年宿泊するホテルヒルズの温泉からの眺めが良く気に入っていますが毎年、口コミからかツアー参加者で宿泊される方の人数が増えてきているようです。
今年は岡田繁幸さんが参加され比較展示では廻りに会員さんが集まり岡田さんのコメントを聞きながら見学される方が多かったように思います。
今年からは危険防止のため募集馬には触らないでくださいと注意があり、これから愛馬に触れないとなると寂しい気持ちになりましたが馬房でなら柵があるので触っている人を見かけましたし、その辺はフレキシブルな対応がとられるのではと思っています。
満口になる馬の頭数は減ってきていますがツアー参加者の人数は減るどころか増えてきています。クラブの馬の勝利数を増やすことと大きなレースで優勝することが一番大事ですが、もっとツアーに参加してもらってラフィアンとウインのファンを増やすのが地道ですが一番間違いのない方法かなと思いました。私にとってはツアーは慰安旅行のようなもの。是非、来年はもっとお仲間に参加してもらいたいと思っています。
毎年ありがとうございます。 (馬球管理人)
2017-06-28 22:29:11
ツッキーさん、こんばんは。

恒例のツアーリポートありがとうございました。
ホテルヒルズの温泉も懐かしいですね。BRFのゲストハウスが一杯の時に一度だけ泊まりましたが良いところですね。
投函しました。 (ツッキー)
2017-06-29 08:29:23
ウインではゴシップクイーンの16(4口)とフィールドボニータの16(2口)に今日投函します。ゴシップクイーンの仔のセルリアンアラシも勝ち上がったようですし、父スクリーンヒーローで確実性が更に高くなりそうで、しかも青木孝文調教師(ラフィアンで以前にマイネルセレクトを担当した方)と一緒に口取りすることも楽しみの一つになります。青木厩舎をこれからも応援する意味で思い切って4口行きました。
来年は行く予定です!? (ナツカ)
2017-06-29 08:38:49
ツッキーさん ツアーレポートありがとうございます。昨年初めてツッキーさんご夫妻に連れて行ったいただき、ライトハウスさんご夫妻やおおにしさんともご挨拶させていただきました。今年は野暮な行事参加の為断念しましたが、来年からはその行事の開催が平日になるようなのでおそらく参加できると思います。
一口始めて8年目で、いつのまにか出資馬が40頭近くになりお小遣いのやりくりが大変な状況になっております(笑)が、これからも続けていきたいと願っております。皆様、よろしくお願いいたします。
バスの中で聞いた話し (ツッキー)
2017-06-29 11:18:45
千歳から明和への行きのバスでは石崎さんというスタッフが出迎えてくれて募集馬の話しもしていただきました。東京(?関東です)出身で不動産業の仕事をしていたがゴールドシップが有馬か宝塚記念を勝った時に感動し会社に辞表を提出して北海道に移ってから馬の仕事に関わるスタッフ養成場で仕事を覚えてCVFのスタッフになったそうです。人気のないところでのお薦めは1番のアラームコール。ウインアイスバーグの担当でもあり会員さんからウインアイスバーグについての質問があり今後の予定としてはまだ馬体重が軽いので現在、放牧中ですが、もう一回放牧に出して秋頃デビューさせたいとおっしゃっていました。余保護のトラブルがなければデユーは来年にはなりませんとのこと。好青年でした。
柔(軟)らかいとゆるいの違いについて (ツッキー)
2017-06-30 08:45:02
ウインの社長のビデオ解説中に会員さんから柔(軟)らかい、硬い、ゆるいなどの違いを教えてほしいと質問がありました。私もある程度わかっていたつもりでしたが社長からの返答で再認識しました。
ゆるいとは体は柔らかいが筋肉がぎゅっと強く収縮しない悪い意味で使われるそうです。柔(軟)らかいはディープインパクトのように体が柔(軟)らかくてもぎゅっと筋肉が収縮して強いバネのような筋肉を言うそうで良い意味合いで使われます。この違いを見分けるのが一番難しいそうで、これは企業ノウハウなのであまり詳しくしゃべりたくないのだけと言いながら話してくださいました。見分けるコツは歩いている時のトモなどの筋肉を見て、ゆるい馬はトモの筋肉の揺れがダラダラとしてわかりやすく、いい意味で柔(軟)らかい馬の筋肉はダラダラと揺れずに弾力性のあるゴムの塊りのような感じで、その違いを見分けるのが大事だそうです。
硬い馬とは繋ぎが立っていたりクッションの悪い馬でダート向きだそうです。ダートだと繋ぎにクッションがなくても砂が後ろ脚の蹴りで砂が逃げてしまうので力のある馬なら前足で掻き込みながら進ので少々硬くてもダートでなら走るそうです。以上、参考にしてください。
ラフィアンの募集馬、投函しました。 (ツッキー)
2017-06-30 11:03:10
マイネヒメルの16に1口今日投函しました。ジャスタウェイ産駒のマイネレーヌの16は様子 の見します。ウインでバラードソングの16はネットで7月に入ってから申し込む予定。とりあえず以上で年内の出資は終了し、あとは調教過程などを見ながらあと1~2頭にいくつもりです。
ウインからの朗報 (ツッキー)
2017-06-30 13:58:02
今日、ウインの事務局の責任者の藤本敦子さんから電話があり20%割引き券は4口まで適用できるとのこと。一口に適用してくださいと言ったんですが、ということは34万円の出資金が27万2000円となり6万8000円得をしたことになります。フライト代も込みのツアー代金の7割が回収できたことになり大満足です。高馬にいって大正解でした。ウインの対処に好感を持ちました。
ありがとうございました。 (ライトハウス)
2017-06-30 17:55:45
>ツッキーさん、
ツアー中は大変お世話になりました。また、詳細なレポートありがとうございます。来年もまたよろしくお願いします。

>馬球管理人さん、
KANAに話したら、「もう、トンボを持って追いかけたりしないので、ぜひまた北海道にいらっしゃって!」とのことです。いつか再会できる日を楽しみにしています。

>ナツカさん、
来年以降はツアーに参加出来るとのこと、私たちもナツカさんに、またお会いできるのを楽しみにしています。
ぜひお会いしたいですね。 (馬球管理人)
2017-06-30 20:16:44
ライトハウスさん、こんばんは。

家族、みんな懐かしがっています。
ぜひお会いしたいですね。来年は最後に行ってから丁度10年の節目となりますので、何とかと思っています。
しかし、トンボも子供の頃は平気だったんですけどね~。KANAさんの弱点はなんでしょ(笑)?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツッキーさん」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事