♪カンタービレ 住まいづくりのオハナシ

鳥取県に本社を置く馬野建設は
ウマノハウジングとして住宅事業を行なっています
住まいづくりを楽しみましょう♪

地震保険改定

2017-02-22 09:48:48 | お金の話
 地震保険が2017年1月より改定になっています。

 大きなポイントは大半損、小半損という認定区分ができたことです。

 地震が発生した場合、建物や家財の損害状況により、全損、大半損、小半損、一部損のいずれかに認定されます。

 全損は地震保険契約額の100%、大半損は60%、小半損は30%、一部損は5%が支払われます。
 これまでは大半損、小半損の部分は半損という区分で、半損が認められる壊れ方は相当のものでなければならず、多くが一部損としか認められていませんでした。

 また、残念ながら鳥取県は保険料自体が上がってしまっています。これは地震発生頻度にも影響されることなので仕方がないかもしれませんが。

 地震保険の保険金だけでは必ずしも元どおりの家が再建できるわけではありませんが、当面の生活を支える保険として一度ご関心を持って見直していただければと思います。詳細は日本損害保険協会のホームページをご覧ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 停電・・・ | トップ | 電気自動車の充電機能 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お金の話」カテゴリの最新記事