♪カンタービレ 住まいづくりのオハナシ

鳥取県に本社を置く馬野建設は
ウマノハウジングとして住宅事業を行なっています
住まいづくりを楽しみましょう♪

停電・・・

2017-02-18 10:50:13 | オール電化の話


 豪雪での苦労ネタをもう一つ。

 今ではまれになった停電。電力の安定供給のために電力会社さんも日々努力されておられますが、今回の積雪で至るところで停電が発生。困るのはオール電化住宅に住まれる皆様です。
 
 料理のヒーター、エコキュート、暖房など冬場に有り難い機能がことごとく使えないのは、切ないですね・・。

 カセットガスコンロで料理や湯を沸かしたり、久しぶりに石油ストーブで暖まられた方も多かったのではないでしょうか。一番のネックはオフロを沸かす機能が使えないと、これは寒い~。普段何気なく使っている便利なモノへの有り難みを実感しますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積雪荷重

2017-02-15 08:53:05 | 外まわり・お庭の話
 先週末からの豪雪は特に鳥取市で90㎝超を記録するなど県東部で大変な状況です。
 船が転覆したり、農業用ハウスが倒壊したり。
 
 家の庭木などで被害が出ているのではないでしょうか。
 また、今後屋根からの雪ずりで人的被害も気をつけねばなりません。

 家を建てるときには構造計算で雪が降ったときの荷重も考慮されているので、これくらいの
積雪で家がつぶれることはありません(空き家などメンテができてないものは別ですが・・)。

 時々あるのが倉庫やカーポートの倒壊ですが、積雪荷重を考慮していないことが原因である
ことも多いようです。カーポート倒壊はクルマまで傷めてしまうこともあるので要注意です。
設置の際は安さ、見た目だけでなく、雪に耐えるかも考えましょう。
(注:写真は今回の雪害のものではありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記録的大雪?勘弁してください

2017-02-10 17:25:49 | 地元の話
 今朝、雪が降り始め、午後からは小康状態でしたが、今夕から再び大雪の猛威が鳥取県内をめがけて襲ってきています。

 毎年、この季節は仕事にさわる天候が続くとはいうものの、積雪による不具合や降ったあとの雪かきやいろいろ大変です。山間部での工事もあって、場所によってはクルマの寄りつきもできないほど積もってしまいます。

 明日明後日と大雪の予想ですので、特に外出の際は気をつけましょう。また雪が止んでゆるんだ時の雪ずりも、今回の雪は非常に重たいので危ないです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱の伝わりやすさ 伝わりにくさ

2017-02-06 13:56:47 | 構造・性能の話


 立春も過ぎましたが、今日も雪が降る空模様。本格的な暖かい季節はまだまだ先のようです。

 こういう冷え込む時期に考えたいのが、冬も暖かい家。暖房の熱が逃げない家と言い換えてもいいでしょう。

 熱を逃げないようにするには、

  ①屋根天井、壁、床の下地に断熱材を入れること

  ②ガラスは熱を伝えやすいので開口寸法を少なくすること

 が方法としてあります。しかしサッシガラスは明るい光を取り込んだり、換気したりするのに大きいほうが良く、断熱性との兼ね合いが問題になります。

 そこで最近のサッシメーカーは高性能の断熱サッシを開発し、ガラス面から熱が逃げないような工夫がされています。

 図は、LIXILさんの断熱サッシです。冬場だけでなく、夏のエアコンをきかせたい季節にも性能を発揮します。新築、リフォーム時にはサッシガラスの大きさや性能に注意を払いましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッサージチェアがスゴイことになっています!

2017-02-02 17:15:21 | 住宅設備の話


 稲田社長が鳥取県出身で世界に販路を広げているファミリー・イナダさん。高級マッサージチェアが人気を広げています。

 最近のマッサージチェアは単純にマッサージするのではなく、様々に進化しています。

 写真のルピナスは人工知能が個々人の指圧点を探知し、身体のコリをほぐします。長年のノウハウの蓄積ですね。

 また、家族の血圧、体重、脈拍などのデータを把握し通信ネットワークで健康をチェック。健康情報も受信できます。家族で健康になれるマッサージスペースがあれば最高ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震診断を勧める理由

2017-01-28 11:14:28 | 構造・性能の話


 昨年10月の鳥取県中部地震から3か月。今回の地震では場所によって揺れ方の大きい小さいがあったこともありますが、やはり耐震構造の弱い建物が壊れてしまうことが結果として現れてしまいました。

 住まいを建てるのに安全な強度は建築基準法によって定められ、県行政に構造の確認申請をすることによってチェックされています。

 この建築基準法の耐震基準は近年2回改定されております。1度目は1981年で、震度5強程度ではほとんど損傷せず、震度6から7の大地震でも倒壊・崩壊しないよう基準が定められました。

 2度目は2000年で阪神淡路大震災の被害を検証して改定されました。この時に地盤調査の実施、耐力壁のバランス、結合金具の明確化などが加わりました。

 ということで、基準が改定される前と後では住まいの耐震性能が大きく違うということです。加えて老朽化が進むと、以前あった耐震性も損なわれる場合もあります。特に1981年以前というと築37年以上の住まいということになるので大きな地震で損傷するリスクが高いといえます。2000年以前のお住まいも、まずは耐震診断から始められてはいかがでしょうか。助成制度が適用になる場合もあるので、まずはご相談ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり暮らしと助け合い

2017-01-23 08:54:00 | その他


 地元では今朝から大雪。幹線道路も渋滞で大変です。私も今期初の雪かきを体験しました。

 昨秋からの震災で実感できたのは、ひとり暮らし世帯がずいぶん増えたのだな、ということ。特に倉吉のまちなかなどで独居老人が多く暮らしているんだと気づかされました。

 こういう雪の日はお年寄りの方も大変だと思います。除雪など各地域で助け合いをしていかねば。これは雪のことだけでなく、普段から顔の見えるお付き合いをしておいて、助け合って生きていくという考え方が大事だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓をおしゃれに飾れたら

2017-01-18 09:39:21 | 仕上がりの話
 窓まわりの仕上げに一工夫。各メーカーさんも欧風の面格子を用意されています。


 YKKAPさん。窓まわりに高級感が出ますね。



 LIXILさんのフラワーボックスが置けるものも外から見るととても綺麗に見えますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い冬の脱衣室

2017-01-12 14:05:56 | 健康住まいの話


 正月から暖かい日が続いていましたが、この週末は冷え込みそうです。

 寒い日はオフロに入って温まり、一日の疲れを取りたいですね。

 気をつけたいのが冷えた脱衣室とオフロの間の温度差です。心臓に負担がかかって血圧や脈拍の変動により倒れてしまったことが死因になることもあるので要注意です。

 対策は脱衣室を暖めることです。局所的な暖房はいろいろありますね。出来れば足下から温まるものがいいでしょう。
 脱衣室からオフロ、オフロから脱衣室への移動。寒い日は気をつけましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こたつも個性的な時代

2017-01-06 18:34:49 | 住宅設備の話
 明けましておめでとうございます。本年もウマノハウジングをよろしくお願いします。
 5日より仕事始めです。たくさんのご相談お待ちしております。



 年始に親戚で集まったときのこたつの心地良さ。自宅にないのでついつい和んでしまいました。

 調べると、現在こたつはずいぶん個性派になっているようです。
 大家族用から、おひとり様用から。
 和風伝統から、洋風から。
 楕円のもの、カフェ風のもの。  ・・多くは布団をかけない季節でも家具として部屋に調和するものになっているようですね。

 こたつに皆で暖まって、みかんを食べるだけで家族親族の寄り添ういい雰囲気。こういう風景も大事にしたいものです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お正月アレンジメント教室

2016-12-29 17:10:32 | 馬野建設・催しの話


 本日がウマノハウジングの仕事納めです。
 一年間大変お世話になりました。ありがとうございました。この鳥取県中部は被災された方々が修理を年越しで待つ方々がたくさんおられます。ブルーシートが載ったままの屋根もたくさん見かけます。
 来年が良い年になることを願わずにはいられません。皆様、良い年をお迎えください。

 写真は28日に行ったお正月用のフラワーアレンジメント教室です。新年にお飾りいただく作品がたくさんできました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・イブです 聖し夜を

2016-12-24 18:24:19 | 家族の話


 今日は24日。おっともうこんな時間だ早く帰って家族の時間にしないと!

 クリスマスは日本にしっくりと定着して二人きりであったり、家族一緒の雰囲気を演出してくれます。今年はまた冷え込みも厳しくなく、雪のちらつく夜にはなりませんでしたが、イブを楽しまなくてはいけませんね。

 普段、住まいづくりの仕事をしていて何が嬉しいかといえば、家を建てられた、リフォームされた皆様がこうした行事を幸せにしていただくことではないか、と思います。あのキッチンで料理を作られているか、あの広々スペースでホーム・パーティをされているか・・・いろんな可能性を広げるために私たちウマノハウジングはこれからも頑張ります!ハッピー・クリスマス!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主要水回りのリフォーム工事を引き渡しました

2016-12-19 13:44:59 | リフォームの話
 お住まいの主要な水回りといえば、キッチン、ユニットバス、トイレですが今回は下水道引き込みと共にこうした水回りのリフォーム工事でお世話になりました。


 広々としたキッチンまわり。動線も改良させていただきました。


 ユニットバスも片開きの開口。脱衣室は洗濯スペースも含めてモノを置きやすい空間にしました。


 トイレも誰もが入りやすい位置にリニューアルです。

 何とか本格的な寒い時期の前に工事が終わりました。冬を温かく過ごしていただけるリフォームにもなったと思います。ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住宅ストック支援事業補助金

2016-12-14 18:13:32 | お金の話
 少し前に国の住宅エコポイントという補助金がありましたが、今回は住宅ストック支援事業補助金という制度が始まりました。この補助金の趣旨は、耐震性の確保されたエコ住宅に住まわれる方を増やすことにあります。

 非常に複雑なので概要だけ書くと

    住宅のエコリフォーム(断熱改修や設備エコ改修)

  良質な既存住宅の購入

  エコ住宅への建て替え


 の3つが対象です。それぞれに要件があります。具体的には

  エコ設備改修は太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓のうち3つ以上を設置する

  建て替えの場合は除却する建物が新耐震基準制定以前(昭和56年6月1日)のものであることや省エネ基準をクリアする新築であること

 等が求められています。ご計画をされる際は、こうした要件をチェックすればお得な補助金が適用になるかもしれません。ウマノハウジングにご相談下さい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解体工事のご依頼

2016-12-09 16:07:09 | 現場の話
 県中部の地震発生から間もなく2か月。街を車で走ると各所で少しずつ復旧工事も進んでいますが、ほとんどが手付けずのままです。私たちウマノハウジングにご依頼いただきました皆様にも大変お待たせをしております。申し訳ございませんが、お待ちいただきますようお願い申し上げます。

 ご家族で協議された結果、住まいや付属建物などを解体される依頼も増えてきました。「まあ、古かったから」と簡単にあきらめをつけられた方から苦渋の決断の方まで様々です。建物には歴史があり、思い出もあるものです。震災関係のお仕事でいろんな思いをしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加