【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

キングジョージ勝ち馬【Novellist(ノヴェリスト)】が社台スタリオンステーションに到着!

2013年11月26日 | 馬産地情報
2013年11月25日(月)午前11時、本年のキングジョージ4世&クイーンエリザベスS(G1)をレコード勝ちした【Novellist(ノヴェリスト)】が、種牡馬としての繋養先となる社台スタリオンステーション(北海道安平町早来)に到着した。


写真:到着したNovellist(ノヴェリスト)

Novellist(ノヴェリスト)は2009年生の愛国産で、父Monsun、母Night Lagoon(母父Lagunas)という血統の4歳牡馬。
独国調教馬の本馬は、2歳時に勝ち上がると、4連勝で独ダービー(G1)に出走(2着)、バーデン大賞(G1)4着の後、ジョッキークラブ大賞(G1)で初のG1勝利を飾り3歳シーズンを終えた。翌4歳時は国外にも出走しジョッキークラブ大賞(G1)、サンクルー大賞(G1)、キングジョージ4世&クイーンエリザベスS(G1)、バーデン大賞(G1)など無敗の4連勝を飾った。先の凱旋門賞(G1)にも登録していたが熱発のため回避、予備登録のあったジャパンカップ(G1)には出走せず現役を引退し、日本(社台スタリオンステーション)で種牡馬となることとなった。

近年の独国調教馬として最強クラスの1頭に数えられているNovellist(ノヴェリスト)の父Monsunは、独国リーディングサイアー。ノヴェリスト、シロッコ、マンデュロ、スタセリタなどのG1馬を出し、欧州でも名種牡馬の一頭に数えられている。Novellist(ノヴェリスト)は、主に2200m以上の距離で実績を残しており、今回の導入は日本で主流となりつつあるサンデーサイレンス系繁殖との配合を強く意識してのことと思われる。近年、社台スタリオンステーションにはハービンジャー、ワークフォース、タートルボウルなど、サンデーサイレンス系繁殖との配合を意識した欧州産種牡馬の導入が続いており、今回のNovellist(ノヴェリスト)がどのような繁殖牝馬と配合されるのか非常に興味深い。

出迎えた関係者は、「日本では馴染みのない血統なので横の比較が難しいですが、とても軽い馬という印象です。キングジョージをレコード勝ちしているように早い時計の決着にも強かった馬。日本での成功を期待しています」と大きな期待を寄せている。

【Novellist(ノヴェリスト)】
2009年・愛国産・牡・鹿
父Monsun、母Night Lagoon(母父Lagunas)
競走成績:11戦9勝(キングジョージ4世&クイーンエリザベスS(G1)、バーデン大賞(G1)、ジョッキークラブ大賞(G1)、サンクルー大賞(G1))

Photo by The Telegraph(http://www.telegraph.co.uk/)
レース映像:2013年キングジョージ4世&クイーンエリザベスS(G1)

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Goffs November Sale 2013... | トップ | 重賞3勝馬【シルポート】がレ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。