【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

ベルモントステークス勝馬【サマーバード(Summer Bird)】の日本供用が決定!

2012年11月08日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
JBBA日本軽種馬協会は2012年11月8日(木)、「米国のウインスターファームで種牡馬として供用されているサマーバード号(2006年生、6歳、米国産、父バードストーン)の購買契約を締結しました。」と発表した。

サマーバード(Summer Bird)は、父がUnbridled系のBirdstone(父父Grindstone)、母Hong Kong Squall(母父Summer Squall)という血統の6歳牡馬。現役時(2009年)は、3歳の春にデビューし2戦目で初勝利をあげたのちに米G1-アーカンソーダービーに出走、7番人気ながら3着と好走した。米G1-ケンタッキーダービーでは6着、米G1-プリークネスステークスを回避したのちに迎えた米G1-ベルモントステークスでは、中団から脚を伸ばして早めに抜け出したマインザットバードを差しきって優勝した。


動画:米G1-ベルモントステークス

その後は米G1-ハスケル招待H(レイチェルアレクサンドラの2着)を挟んで、米G1-トラヴァースSに勝利してG1・2勝目を飾った。さらに初めて古馬と対戦した米G1-ジョッキークラブGCにも勝利して迎えた米G1-ブリーダーズCクラシックでは、無敗の牝馬ゼニヤッタの4着に敗れた。その後、G1-ジャパンカップダートへの出走を表明、来日して調整していたが右第3中手骨を骨折し出走を回避した。ちなみに、2009年度のエクリプス賞最優秀3歳牡馬に選出された。
その後は時間をかけて治療に努めていたが現役続行を断念し引退、2011年よりWinStar Farmで種牡馬入りし、初年度産駒は現当歳。初年度148頭、2年目141頭の牝馬を集め、高い人気となっている。
本馬の血統背景や詳細はこちら
WinStar Farmでの本馬紹介ページ

ちなみに、2013年度の種付料は「A120万円、B150万円、C180万円」となっている。
※平成25年の種付条件
A:「特約なし」
 ⇒種付料支払期限 : 平成25年4月30日または第1回種付日のいずれか遅い日まで。種付料の返還はいたしません。
B:「基本契約」:不受胎時種付料返還特約及びフリーリターン特約付き
 ⇒種付料支払期限 : 平成25年4月30日または第1回種付日のいずれか遅い日まで。
C:「受胎条件」:フリーリターン特約付き、9月15日期限払い
 ⇒種付料支払期限 : 平成25年8月31日現在で受胎確認後同年9月15日まで。不受胎の場合は支払い義務なし

【サマーバード(Summer Bird)】
父Birdstone 母Hong Kong Squall(母父Summer Squall)
2013年度Fee(税込):A120万円、B150万円、C180万円
競走成績:9戦4勝(米G1-3勝、米G1-ベルモントステークスなど)
種牡馬成績:2011年より米国で種牡馬入り。2013年よりわが国で供用開始。
主な産駒:米国での初年度産駒は現当歳(2012年度)。
JBBAの紹介ページへ

Photo by JBBA

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Keeneland November Breedi... | トップ | 【JBBA繋養種牡馬】~201... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。