【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【千葉サラブレッドセール2017(2歳)】が開催!(写真&動画、結果概要や吉田市場長コメントなど)

2017年05月12日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
2017年5月12日(金)、千葉県両総馬匹農業協同組合が主催する【千葉サラブレッドセール2017(Chiba Thoroughbred Sale、2歳、Two-Year-Olds)】が船橋競馬場(千葉県船橋市)で開催されました。
Chiba Thoroughbred Sale 2017 - Results
Location:Funabashi Racecourse


上場馬名簿には、コイウタ(G1-ヴィクトリアマイル)の牡駒「No.20-コイウタの15(父ロードカナロア)」など計78頭がラインアップされていました。
上場馬情報や上場馬名簿PDF閲覧は千葉サラブレッドセール情報ページから
上場馬紹介ページ(特設)

開催当日は、午前8時より計72頭(欠場馬6頭を除く)が36組に分かれて公開調教に臨み、1400m外回りダートコースで2ハロンのタイム計測され、概ね2ハロンが24秒台、ラスト1ハロンが11秒台でまとめられていました。参考までに、2ハロン最速タイムは23.4秒(No.23)、1ハロン最速タイムは11.0秒(No.16,No.22,No.23,No.53)でした。
※欠場馬:No.2、No.31、No.33、No.38、No.61、No.63
各馬の調教タイム結果表はこちら

公開調教後、午前10時からセールがスタート。
吉田照哉市場長の開会挨拶ののち、長浜卓也氏(鑑定人)と合田直弘氏(血統解説)、原山実子氏(進行)の3人によるセリ進行のもと、3時間以上におよぶ活発なセリが行われました。
ちなみに、購買登録者数は235名(2016年度:216名、2015年度:253名、2014年度:202名、2013年度:171名、2012年度:188名、2011年度:176名、2010年度:244名、2009年度:117名)でした。
結果概要は下記のとおりでした。

【千葉サラブレッドセール2017】- 2017/5/12開催
■名簿掲載:78頭(牡34頭、牝44頭)
■上場頭数:72頭(牡30頭、牝42頭)
■落札頭数:57頭(牡23頭、牝34頭)
■売却率:79.2%(牡76.7%、牝80.95%)
■売却総額(税別):727,400,000円(牡389,100,000円、牝338,300,000円)
■平均価格(税別):12,761,404円(牡16,917,391円、牝9,950,000円)
■中間価格(税別):10,000,000円
■最高価格(税別):41,000,000円(No.20-コイウタの15)
牡 鹿毛 2015/3/7生
父ロードカナロア 母コイウタ(母父フジキセキ)
落札者:谷掛 龍夫 氏
販売者・生産牧場:社台ファーム
騎乗供覧:13.8秒→11.7秒=25.5秒




写真:騎乗供覧シーン&セールシーン&落札後の横姿
動画:セール全映像
セール成績一覧はこちらから


動画:吉田照哉市場長インタビュー動画

<参考-2016年度の成績>
【千葉サラブレッドセール2016】- 2016/5/16開催
■名簿掲載:66頭(牡31頭、牝35頭)
■上場頭数:63頭(牡30頭、牝33頭)
■落札頭数:52頭(牡24頭、牝28頭)
■売却率:82.5%(牡80%、牝84.8%)
■売却総額(税別):833,100,000円(牡564,100,000円、牝269,000,000円)
■平均価格(税別):16,021,154円(牡23,504,167円、牝9,607,143円)
■中間価格(税別):10,700,000円
■最高価格(税別):80,000,000円(No.40-コージーロージーの14)




開催結果News


【千葉サラブレッドセール2017(2歳トレーニング) - 開催概要】

 ■開催日:2017年5月12日(金)

 ■時間:公開調教-Am8時、セリ開始-公開調教終了後

 ■前日下見:5月11日(木)

 ■開催場所:船橋競馬場(千葉県船橋市若松1丁目2番1号)

 ■主催:千葉県両総馬匹農業協同組合(Tel:0476-93-1008)

  <千葉サラブレッドセールに関するお問合せ先>
   千葉県両総馬匹農業協同組合
   住所:千葉県富里市十倉一番地
   Tel:0476-93-1008 Fax:0476-92-2985
   ⇒千葉サラブレッドセール情報ページへ

船橋競馬場を利用して開催される2歳トレーニングセール。
(※1歳市場は2011年まで実施されていましたが、2012年度以降廃止)
2009年度から社台ファームが市場を支えるスタイルとなり高額取引馬が続出、売却率も90%を超える盛況となり、以降「総じて血統レベルが高い」ことで購買層に定着してきています。
2015年度は、エイシンフラッシュの半弟(父ディープインパクト)が1億9,000万円(税別)で落札され、売却総額も13億円を超える驚異的な記録を達成しました。
同セールからは、2015年度G3-毎日杯を制したミュゼエイリアン(2014年取引馬)や2014年度G3-フェアリーステークスを制覇したノットフォーマル(2014年取引馬)、2015年度取引馬からはダイワドレッサー(G3-ラジオNIKKEI賞-2着)やナックビーナス(OP-カーバンクルS)が出ており、その他にもコメート(2014年取引馬、G2-ホープフルS-2着)、ベルルミエール(2013年取引馬、G2-NzT-3着)、ラブリープラネット(2013年取引馬、G2-京王杯2歳S-3着)、フジマサエンペラー(2011年取引馬、G3-東スポ杯2歳S-2着)、ドラゴンシップ(2011年取引馬、ローレル賞)、ナイキハイグレード(2009年取引馬、ハイセイコー記念)などが好成績をあげています。

 <参考>
  ・千葉サラブレッドセール

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【千葉サラブレッドセール201... | トップ | JRA競走に勝ったセール出身馬... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。