【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

写真と映像で見る【千葉サラブレッドセール2010】-Vol.1(セリ開始まで、調教動画など)

2010年05月18日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
2010年5月17日(月)、船橋競馬場にて【千葉サラブレッドセール2010】が開催された。
※5月17日の競り終了後にお伝えした【千葉サラブレッドセール2010結果速報】の補足で、公開調教やセリの様子、そして高額上位馬等を写真と映像で振り返る。

好調だった2009年度開催から1年、社台ファーム上場馬を中心に、ディープインパクト産駒(母コマーサントはG1勝馬)など昨年以上に良血馬(上場頭数53頭、昨年は31頭)が多数集まり、購買登録者数も昨年を大幅に超える244名(主催者発表、昨年は117名)を数えた。


写真:購買登録受付の様子


写真:朝食サービス

日差しが降り注ぐ競り日和となった中、午前8時30分より公開調教がスタート。多くの購買関係者が見守るなか、1400m外回りダートコースにて、上場馬53頭(欠場馬1頭)の調教が披露された。


写真:公開調教をみる購買関係者

調教タイムは、ラストの2ハロンと1ハロンが計測され、概ね2ハロンが25秒前後、1ハロンが11秒前後だった。昨年よりもしっかりとタイムを出す馬が多く、2ハロン23秒台が4頭(昨年1頭)、1ハロン10秒台が11頭(昨年ゼロ頭)を数えた。この日の1番時計は、2ハロン、1ハロンともにトップタイムを叩き出した「No.41-フォレストゾーン2008(父アグネスタキオン)」で、「2F:23秒7、1F:10秒5」を記録した。
タイム表は当セール情報ページの結果一覧表に記載


写真:公開調教での「No.41-フォレストゾーン2008(父アグネスタキオン)」


動画:公開調教ダイジェスト(好タイム馬や高額馬など全13頭分)
※途中でYouTubeによる広告が表示されますが、広告右上の×マークで閉じてください。
<収録馬>
 No.03-リーフィーウッドの08(父アドマイヤコジーン)
 No.13-ツーオブハートの08(父フジキセキ)
 No.18-レイラインの08(父クロフネ)
 No.20-コマーサントの08(父ディープインパクト)
 No.21-マニックサンデーの08(父ファルブラヴ)
 No.30-エアラグドールの08(父スペシャルウィーク)
 No.32-グランパドドゥの08(父タニノギムレット)
 No.36-プリンセスカットの08(父フジキセキ)
 No.39-ロリポップガールの08(父アグネスタキオン)
 No.41-フォレストゾーンの08(父アグネスタキオン)
 No.44-マドモアゼルドパリの08(父シンボリクリスエス)
 No.47-アマビリータの08(父ストラヴィンスキー)
 No.54-ヒーリングヴォイスの08(父シンボリクリスエス)

公開調教後、馬場内と装鞍所に分かれて比較展示が行われた。下記写真のように、移動に苦労するほど多数の購買関係者で賑わった。


写真:比較展示風景

比較展示終了後、パドックにて競りがスタート。吉田照哉市場長の挨拶では、「今年はご購買された方だけではなく、購買登録された方全員に「落花生詰め合わせ(昨年までは富里スイカ)をプレゼント!」と会場からの笑いを誘った。また、桑島孝春騎手の引退セレモニーも行われた。


写真:吉田照哉市場長の挨拶


動画:吉田照哉市場長挨拶と桑島孝春騎手引退セレモニー

続きはVol.2にてお伝えします。
Vol.2以降は、セリの様子や高額落札馬を紹介。

 <参考>
  ・千葉サラブレッドセール情報ページ

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【千葉サラブレッドセール2... | トップ | 写真と映像で見る【千葉サラ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。