【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【HBAトレーニングセール2017(HBA Training Sale)】の「追加上場馬(9頭)」が発表!(全240頭に)

2017年05月04日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
HBA日高軽種馬農業協同組合は2017年5月2日(火)、、同組合が主催する【HBAトレーニングセール2017(HBA Training Sale)】(5月23日(火)開催、開催地:札幌競馬場)の「追加上場馬(9頭)」を発表しました。

 ■No.232 - バクシンスクリーンの15(父ケイムホーム)
 ■No.233 - エイスワンダーの15(父ディープブリランテ)
 ■No.234 - コンドルウイングの15(父エスポワールシチー)
 ■No.235 - アモリストの15(父キンシャサノキセキ)
 ■No.236 - ダンスウィズジェニの15(父バゴ)
 ■No.237 - オースミジュエリーの15(父マツリダゴッホ)
 ■No.238 - ビフォーダークの15(父スマートファルコン)
 ■No.239 - バトルサンサシオンの15(父スクリーンヒーロー)
 ■No.240 - サンタローズの15(父オルフェーヴル)

この追加馬を含め上場予定馬には、アジュディミツオー(G1-東京大賞典)の半弟「No.144-オリミツキネン15(父パイロ)」、マイネルシーガル(G3-富士S)の半妹「No.124-エイシンアイノウタの2015(父キングズベスト)」など計240頭(牡133頭、牝107頭)がラインアップされています。
※欠場馬情報:No.3、No.56、No.59、No.104、No.108、No.115、No.118、No.135、No.166、No.210、No.228


名簿に関するお問い合わせ先
HBA日高軽種馬農業協同組合 北海道市場事業部
TEL(0146)45-2133 FAX(0146)45-2095

【HBAトレーニングセール2017上場馬の開催概要】

 ■開催日:2017年5月23日(火)Am9時30分
  ※上場馬の札幌競馬場入厩日:5月20日(土)
  ※事前下見:5月21日(日)Am10時~Pm4時
  ※公開調教:5月22日(月)Am10時

 ■場所:JRA札幌競馬場
    せり会場-パークウインズ棟ファンファーレホール

 ■主催:HBA日高軽種馬農業協同組合

 <当セールに関するお問い合わせ先>
  HBA日高軽種馬農業協同組合 北海道市場事業部
  TEL(0146)45-2133 FAX(0146)45-2095
  →当セールの総合情報ページへ

日高の育成牧場が仕上げた2歳馬が中心に5月に開催される2歳トレーニングセール。
2006年度より開催地が札幌競馬場に移され上場頭数・売上ともに飛躍的に増加、2007年度は競馬場改修で6月開催となりましたが、2008年度からは5月開催に戻りました。
札幌競馬場改修工事にともない2014年度は函館競馬場で、2015年度からはリニューアルした札幌競馬場で開催されています。
同セールからは、G1-香港カップなどG1競走6勝馬モーリス(2013年度取引馬)、G1-菊花賞、G1-天皇賞春やG1-宝塚記念を優勝したヒシミラクル(2011年度取引馬)、G-1天皇賞春を制したジャガーメイル(2006年度取引馬)、G2-兵庫チャンピオンシップを優勝したクロスクリーガー(2014年度取引馬)、G2-京成杯を優勝したプレイアンドリアル(2013年度取引馬)、G3-カペラSを優勝したキクノストーム(2014年度取引馬)、などの活躍馬が出ています。

【2016年度の最高額馬-No.80-サルヴァドール14(父ルーラーシップ)】
牝 鹿 2014/5/13
父ルーラーシップ 母サルヴァドール(母父サンデーサイレンス)
落札価格:4,600万円(税別)
落札者:(株)ジェイエス
販売者:追分ファーム




写真:公開調教シーン&落札シーン&落札直後の横姿

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HBAトレーニングセール出身馬... | トップ | オータムセール出身馬【ソッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。