【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

JRAブリーズアップセール2006は驚愕の結果!

2006年04月25日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月24日(月)、今年度初のせり市場となる<JRAブリーズアップセール2006>が開催された。

ブリーズアップセールとは、JRAが全国のサラブレッド1歳馬市場で購入し、日高・宮崎の両育成牧場でJRA職員により育成された馬が上場される市場である。(平成14年度までは「抽選馬」と呼ばれていた)。
今年は69頭(欠場11頭、昨年も69頭上場)が上場された。

AM8:15、馬主受付が開始され、多数の中央馬主(当セールの登録は中央馬主に限定)が購買登録を行った。

AM9:00から騎乗供覧が開始、5班に分けて単走でテンポ良くタイムが計時(2Fタイムと1Fタイム)されていった。
ブリーズアップセールという名前にしては、全体的にタイムが速い印象があり、一番時計は<14番メジロベツァーリの04、父キャプテンスティーヴ>が計時した、2F11.5-1F11.0であった。

一番時計を叩き出したメジロベツァーリの04

当馬は、2,730万円(税込)で購買(購買者:平井豊光氏)された。

その後AM11:30から実馬展示が行われ、お目当ての馬達を楽しげに吟味する購買者・調教師で賑わった。

展示会場には<個体情報開示室>が設けられ、全馬のレントゲン・内視鏡検査結果等が確認できるようになっていた。


PM2:00、驚愕のセリが開始。松橋鑑定人による東北訛の名調子と女性ビッドスポッターが、次々と競り上げを演出していった。


牡馬の最高額は<41番ディスクオブゴールドの04、父マリエンバード>で、4,095万円(税込、購買者:横山修二氏)だった。前脚の出が軽やかで好印象であった。

41番騎乗供覧:2F13.0-1F12.1


牝馬の最高額馬は<65番リンデンルレーブの04>で、3,255万円(税込、購買者:大城敬三氏)だった。祖母にリンデンリリーがいる血統である。

65番騎乗供覧:2F11.6-1F11.6


市場結果は、69頭上場中、売却頭数はなんと68頭!売却率は98.6%!売却総額は前年の6億6672万円(税込)を大幅に更新し、10億2223万円(税込)を計上した。平均価格は1,503万円(税込、前年:1,113万円)だった。
*前年度成績を税抜表示しておりましたので、税込表示に修正しました。(4/26)

ちなみに、売却68頭の仕入額を計算してみると、4億6683万円(税込)であった。

市場結果一覧(番号順)
市場結果一覧(高額順)

この驚きの結果は、<JRAが購買し育成したという信頼感(一種のブランド)>、<初年度からダイワパッションを輩出した実績>、<首都圏での開催>、<個体情報開示の徹底(これも信頼感に)>、<全頭が単走でここまで追い切れるのかという驚き>、<購買者が心底楽しんでいる雰囲気>、<仕入れ価格の約8割から競りスタートすることにより、多人数での競り合いに>、<松橋鑑定人&浅野アナのテンポ良いセリ進行>、<JRA職員の対応が好印象で明るい雰囲気を演出>など、多数の事柄が相乗効果となって表れたものだろう。

競り市場としてはまだ2年目だが、他の市場が見習うべき部分がたくさんあったように感じた。

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市場取引馬の勝ち鞍~JRA... | トップ | JRAブリーズアップセール... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[競馬] JRAブリーズアップセール2006は驚愕の結果! (昨日の風はどんなのだっけ?)
2006 JRAブリーズアップセールの結果について(JRA公式) 2006年 JRAブリーズアップセール取引成績(JRA育成馬) 他の日本のセリ市と比べて群を抜く売却率に落札価格、上場されている馬の血統とか見ても、こりゃ“民業圧迫”言われても仕方ないだろうなあ。 (馬市ドットコ