【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【ハードスパン(Hard Spun)】がダーレー・ジャパンスタリオンCに到着(モンテロッソ(Monterosso)も披露)

2014年02月14日 | 馬産地情報
2014年2月14日(金)午前11時、G1-全日本2歳優駿を制したサマリーズ(Someries)や米国3歳牝馬チャンピオンQuestingなどの活躍馬を送り出している【ハードスパン(Hard Spun)】が、本邦で種牡馬として繋養される「ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックス」(北海道沙流郡日高町富浜)に到着しました。
HARD SPUN arrived in Darley of Japan.


写真:到着したハードスパン(Hard Spun)

ハードスパン(Hard Spun)は、2004年生の米国産で、父Danzig、母Turkish Tryst(母父Turkoman)という血統の10歳牡馬。
名種牡馬Danzig最後の大物といわれた本馬の競走成績は13戦7勝。現役時(2歳~3歳)は、カーリン(Curlin)やストリートセンス(Street Sense)など近年屈指の強豪世代の一角を占め、卓越したスピードとその持続力を武器に、2007年のG1-キングスビショップステークスG2-レーンズエンドステークスなどに勝利、G1-ケンタッキーダービー、G1-BCクラシック、G1-ハスケル招待Hなどは2着と、スプリントに加えクラシックディスタンスでも活躍した。
引退後2008年より米国のダーレー(ジョナベルファーム)で種牡馬入り、初年度産駒から、Questing(米3歳牝馬チャンピオン、G1-CCAアメリカンオークス)やZo Impressive(G1-マザーグースS)など27頭のステークス馬を送り出している。
ちなみに、日本における代表産駒にはサマリーズ(Someries、G1-全日本2歳優駿)がいる。

【ハードスパン(Hard Spun)】 ※新種牡馬
2004年生・米国産・牡・鹿
父Danzig 母Turkish Tryst(母父Turkoman)
2014年度Fee:400万円(出生条件)
競走成績:13戦7勝(重賞4勝、米G1-キングスビショップS等)
本馬の紹介ページへ(by Darley)


写真:到着したハードスパン(Hard Spun)

到着に立ち会った加治屋正太郎ノミネーションマネージャーは、「本馬は単なるスピード馬ではなく、卓越したスピードとその持続力を武器に、ケンタッキーダービーやブリーダーズCクラシックでも活躍しました。種牡馬としての成績も素晴らしく、ファーストクロップからはエクリプスチャンピオン、セカンドクロップからはサマリーズを送り出すなど、これだけの馬を日本に導入できたことを嬉しく思っています。既に大手牧場を含めて多数のお問い合わせをいただいており、ダーレーとしても優良繁殖牝馬との交配を予定しています。」と、大きな期待を寄せていた。


写真:到着したハードスパン(Hard Spun)


また、既に1月27日に到着していた2012年のG1-ドバイワールドカップを制した【モンテロッソ(Monterosso)】も報道陣に披露されました。
Darley Showing off "MONTEROSSO" in front of Media

モンテロッソ(Monterosso)は、2007年生の英国産で、父Dubawi、母Porto Roca(母父Barathea)という血統の7歳牡馬。
欧州で成功している種牡馬Dubawiの北半球における初年度産駒。現役時(2歳~6歳時)は、G1-ドバイワールドカップG2-ドバイシティオブゴールドG2-キングエドワード7世Sなどに優勝、特に2012年のG1-ドバイワールドカップでは、ロイヤルデルタ(Royal Delta)、ソーユーシンク(So You Think)、エイシンフラッシュ(Eishin Flash)、スマートファルコン(Smart Falcon)、トランセンド(Transcend)など近年屈指の好メンバー相手にレコードで勝利している。
また父のDubawiは、欧州で既に成功種牡馬の1頭に数えられており、父の後継種牡馬としては日本初供用となる。


写真:披露されたモンテロッソ(Monterosso)

【モンテロッソ(Monterosso)】 ※新種牡馬
2007年生・英国産・鹿
父Dubawi 母Porto Roca(母父Barathea)
2014年度Fee:150万円(出生条件)
競走成績:16戦7勝(重賞3勝、首G1-ドバイワールドカップ)
本馬の紹介ページへ(by Darley)


写真:披露されたモンテロッソ(Monterosso)

加治屋正太郎ノミネーションマネージャーは、「先月27日に到着してからも順調です。ヨーロッパを席巻するドゥバウィを父に持つ本馬は、芝とオールウェザーの両方で重賞制覇をしており、そのスピードと瞬発力は日本の馬場にも適正があると考えています。非常に柔らかくバネのある動きをしますので、スタリオンパレード(2/24開催)で是非ご覧いただきたいですね。」と、本馬の将来性に期待していた。


写真:披露されたモンテロッソ(Monterosso)


 <照会先>
  ダーレー・ジャパン(株)・ノミネーション オフィス
  住所:日高町富浜137-2
  電話:01456-3-1166
  ⇒オフィシャルサイト
  ⇒2013年度スタリオンパレードの様子
  ⇒2012年度スタリオンパレードの様子
  ⇒2011年度スタリオンパレードの様子
  ⇒2010年度スタリオンパレードの様子
  ⇒2009年度スタリオンパレードの様子
  ⇒2008年度スタリオンパレードの様子

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジアエクスプレスの父【ヘ... | トップ | 【レックススタッド種牡馬展... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。