【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017】が開催!(新種牡馬ホッコータルマエやアジアエクスプレスなど)

2017年02月14日 | 種牡馬情報
2017年2月14日(火)、新種牡馬としてホッコータルマエ(Hokko Tarumae)アジアエクスプレス(Asia Express)、、ヘニーハウンド(Henny Hound)アロマカフェ(Aroma Cafe)バンデ(Bande)を迎えた「優駿スタリオンステーション(YUSHUN STALLION STATION)」(北海道新冠町朝日)にて、【優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017】が開催されました。
ここでは、種牡馬展示会で披露された新種牡馬5頭とトリを務めたヘニーヒューズ(Henny Hughes)の写真&動画、そして同スタリオンの全ラインアップをご紹介します。
The 2017 Stallion Parade at YUSHUN STALLION STATION

【ホッコータルマエ(Hokko Tarumae)】 ※新種牡馬
父キングカメハメハ 母マダムチェロキー(母父Cherokee Run)
2017年度Fee:80万円(受胎条件)、120万円(出生条件)
競走成績:39戦17勝(重賞14勝、G1-チャンピオンズカップなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)


【アジアエクスプレス(Asia Express)】 ※新種牡馬
父ヘニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ(母父Running Stag)
2017年度Fee:60万円(受胎条件)、90万円(出生条件)
競走成績:12戦4勝(重賞2勝、G1-朝日杯フューチュリティステークスなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)


【ヘニーハウンド(Henny Hound)】 ※新種牡馬
父ヘニーヒューズ 母Beautiful Moment(母父Crusader Sword)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
競走成績:32戦4勝(重賞1勝、G3-ファルコンステークスなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)


【アロマカフェ(Aroma Cafe)】 ※新種牡馬
父マンハッタンカフェ 母カリーノカフェ(母父ハートレイク)
2017年度Fee:20万円(出生条件)
競走成績:61戦4勝(重賞1勝、G3-ラジオNIKKEI賞)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)


【バンデ(Bande)】 ※新種牡馬
父Authorized 母Logica(母父Priolo)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
競走成績:12戦5勝(OP-札幌日経OPなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)


【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】
父ヘネシー 母メドウフライヤー(母父Meadowlake)
2017年度Fee:350万円(受胎条件)
2016年度Fee:300万円(受胎条件)
2015年度Fee:300万円(受胎条件)
2014年度Fee:180万円(受胎条件)
2016年度種付頭数:182頭(2015年度:168頭、2014年度:191頭)
競走成績:10戦6勝(G1-キングズビショップSなど重賞4勝)
種牡馬成績:2007年より米国で種牡馬入り。2014年より本邦で供用スタート。
代表産駒:モーニン(G1-フェブラリーS等)、アジアエクスプレス(G1-朝日杯フューチュリティS等)、Beholder(G1-BCジュヴェナイルフィリーズ等)、ケイアイレオーネ(G2-兵庫ジュニアGP等)、ヘニーハウンド(G3-ファルコンS等)、など。


写真・動画:優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2017にて(2017/2/14撮影)
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【優駿スタリオンステーションの2017年度種牡馬ラインアップ&種付料】
受胎条件…受胎確認後9月末支払 出生条件…産駒誕生後1か月以内支払

【アジアエクスプレス(Asia Express)】 ※新種牡馬
父ヘニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ(母父Running Stag)
2017年度Fee:60万円(受胎条件)、90万円(出生条件)
競走成績:12戦4勝(重賞2勝、G1-朝日杯フューチュリティステークスなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


【アロマカフェ(Aroma Cafe)】 ※新種牡馬
父マンハッタンカフェ 母カリーノカフェ(母父ハートレイク)
2017年度Fee:20万円(出生条件)
競走成績:61戦4勝(重賞1勝、G3-ラジオNIKKEI賞)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


【エスポワールシチー(Espoir City)】
父ゴールドアリュール 母エミネントシチー(母父ブライアンズタイム)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2016年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2015年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2014年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2016年度種付頭数:68頭(2015年度:91頭、2014年度:110頭)
競走成績:40戦17勝(重賞12勝、うちG1を9勝)
種牡馬成績:2014年より供用開始。初年度産駒は2017年デビュー。
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【カフェラピード(Cafe Rapide)】
父マンハッタンカフェ 母シンメイミネルバ(母Caerleon)
2017年度Fee:10万円(出生条件)
2016年度Fee:10万円(出生条件)
2015年度Fee:10万円(出生条件)
2016年度種付頭数:3頭(2015年度:2頭)
競走成績:5戦1勝
種牡馬成績:2015年より供用開始。初年度産駒は2018年デビュー。


【カレンブラックヒル(Curren Black Hill)】
父ダイワメジャー 母チャールストンハーバー(母父Grindstone)
2017年度Fee:70万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2016年度Fee:70万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2016年度種付頭数:104頭
競走成績:22戦7勝(重賞5勝、G1-NHKマイルCなど)
種牡馬成績:2016年より供用開始。初年度産駒は2019年デビュー。
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【キングヘイロー(King Halo)】
父ダンシングブレーヴ 母グッバイヘイロー(母父Halo)
2017年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度Fee:50万円(受胎条件)
2015年度Fee:50万円(受胎条件)
2014年度Fee:100万円(受胎条件)
2013年度Fee:100万円(受胎条件)
2012年度Fee:150万円(受胎条件)
2011年度Fee:150万円(受胎条件)
2010年度Fee:200万円(受胎条件)
2016年度種付頭数:84頭(2015年度:110頭、2014年度:97頭、2013年度:108頭、2012年度:101頭、2011年度:91頭、2010年度:93頭、2009年度:109頭、2008年度:126頭)
競走成績:27戦6勝(重賞4勝、G1高松宮記念など)
種牡馬成績:2001年より供用開始。2004年総合新種牡馬ランキング5位。
代表産駒:カワカミプリンセス(最優秀3歳牝馬)、ローレルゲレイロ(最優秀短距離馬)、メーディア(G1-JBCレディスクラシック)、オオエライジン(NAR3歳最優秀牡馬)、など。


【サウンドボルケーノ(Sound Volcano)】
父ヘニーヒューズ 母Cosmic Wing(母父Halo)
2017年度Fee:10万円(受胎条件)、20万円(出生条件)
2016年度Fee:10万円(受胎条件)、20万円(出生条件)
2015年度Fee:プライベート
2014年度Fee:プライベート
2016年度種付頭数:13頭(2015年度:6頭、2014年度:3頭)
競走成績:19戦3勝(鈴鹿特別)
種牡馬成績:2014年より供用開始。初年度産駒は2017年デビュー。


【ザサンデーフサイチ(Thesunday Fusaichi)】
父ダンスインザダーク 母エアグルーヴ(母父トニービン)
2017年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2015年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度種付頭数:8頭(2015年度:7頭)
競走成績:41戦3勝(紫野特別)
種牡馬成績:2015年より供用開始。初年度産駒は2018年デビュー。


【サンカルロ(San Carlo)】
父シンボリクリスエス 母ディーバ(母父Crafty Prospector)
2017年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2016年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2015年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度種付頭数:23頭(2015年度:28頭)
競走成績:49戦6勝(G2-阪神C2連覇など重賞4勝)
種牡馬成績:2015年より供用開始。初年度産駒は2018年デビュー。


【タイセイレジェンド(Taisei Legend)】
父キングカメハメハ 母シャープキック(母父メジロマックイーン)
2017年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2016年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2016年度種付頭数:23頭
競走成績:42戦9勝(重賞3勝、G1-JBCスプリントなど)
種牡馬成績:2016年より供用開始。初年度産駒は2019年デビュー。


【トゥザワールド(To the World)】
父キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー(母父サンデーサイレンス)
2017年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度種付頭数:127頭
競走成績:12戦4勝(重賞1勝、G2-弥生賞など)
種牡馬成績:2016年より供用開始。初年度産駒は2019年デビュー。
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【トビーズコーナー(Toby's Corner)】
父Bellamy Road 母Brandon's Ride(母父Mister Frisky)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)
2016年度Fee:120万円(受胎条件)
2015年度Fee:120万円(受胎条件)
2014年度Fee:120万円(受胎条件)
2013年度Fee:120万円(受胎条件)
2016年度種付頭数:44頭(2015年度:54頭、2014年度:57頭、2013年度:48頭)
競走成績:12戦5勝(米G1-ウッドメモリアルS)
種牡馬成績:2013年より種牡馬入り。初産駒は2016年デビュー。
主な産駒:レンレン(JRA1勝)、シゲルボブキャット(JRA1勝)、マルヨアキト、ホープライズ、ジョワラルム、など。


【ノーザンリバー(Northern River)】
父アグネスタキオン 母ソニンク(母父Machiavellian)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2016年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2016年度種付頭数:31頭
競走成績:28戦10勝(重賞6勝、G2-さきたま杯など)
種牡馬成績:2016年より供用開始。初年度産駒は2019年デビュー。


【バンデ(Bande)】 ※新種牡馬
父Authorized 母Logica(母父Priolo)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
競走成績:12戦5勝(OP-札幌日経OPなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


【フサイチセブン(Fusaichi Seven)】 
父Fusaichi Pegasus 母ディボーステスティモニー(母父Vice Regent)
2017年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2015年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2014年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度種付頭数:11頭(2015年度:7頭、2014年度:7頭)
競走成績:19戦6勝(G2-ダイオライト記念)
種牡馬成績:2014年より供用開始。初年度産駒は2017年デビュー。


【プリサイスエンド(Precise End)】
父エンドスウィープ 母Precisely(母父Summing)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)
2016年度Fee:50万円(受胎条件)
2015年度Fee:50万円(受胎条件)
2014年度Fee:80万円(受胎条件)
2013年度Fee:80万円(受胎条件)
2012年度Fee:100万円(受胎条件)
2011年度Fee:120万円(受胎条件)
2010年度Fee:120万円(受胎条件)
2016年度種付頭数:80頭(2015年度:104頭、2014年度:79頭、2013年度:97頭、2012年度:97頭、2011年:124頭、2010年:161頭、2009年:134頭、2008年:104頭)
競走成績:9戦4勝(G3-ベイショアSなど)
種牡馬成績:2001年より種牡馬入り。本邦では2005年より供用。
代表産駒:Sherine(米G2カムリーS)、カフジテイク(G3-根岸S)、グロリアスノア(G3-武蔵野S)、シェアースマイル(G3-エーデルワイス賞)、など。


【ベーカバド(Behkabad)】
父Cape Cross 母Behkara(母父Kris)
2016年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2016年度Fee:60万円(受胎条件)、90万円(出生条件)
2015年度Fee:80万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2014年度Fee:80万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2013年度Fee:80万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2012年度Fee:80万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2016年度種付頭数:90頭(2015年度:81頭、2014年度:78頭、2013年度:78頭、2012年度:110頭)
競走成績:11戦6勝(重賞4勝、G1-パリ大賞)
種牡馬成績:2012年より供用開始。初年度産駒は2015年デビュー。
代表産駒:ハングリーベン(G2-兵庫ジュニアGP2着)、エネスク(G1-全日本2歳優駿5着)、グランスーリール(金沢プリンセスC)、キタノアドラーブル、タイセイエクレール、オルレアンローズ、アップクォーク、など。
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【ヘニーハウンド(Henny Hound)】 ※新種牡馬
父ヘニーヒューズ 母Beautiful Moment(母父Crusader Sword)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
競走成績:32戦4勝(重賞1勝、G3-ファルコンステークスなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】
父ヘネシー 母メドウフライヤー(母父Meadowlake)
2017年度Fee:350万円(受胎条件)
2016年度Fee:300万円(受胎条件)
2015年度Fee:300万円(受胎条件)
2014年度Fee:180万円(受胎条件)
2016年度種付頭数:182頭(2015年度:168頭、2014年度:191頭)
競走成績:10戦6勝(G1-キングズビショップSなど重賞4勝)
種牡馬成績:2007年より米国で種牡馬入り。2014年より本邦で供用スタート。
代表産駒:モーニン(G1-フェブラリーS等)、アジアエクスプレス(G1-朝日杯フューチュリティS等)、Beholder(G1-BCジュヴェナイルフィリーズ等)、ケイアイレオーネ(G2-兵庫ジュニアGP等)、ヘニーハウンド(G3-ファルコンS等)、など。
本馬のウォーキング動画へ(by JRHA)


【ホッコータルマエ(Hokko Tarumae)】 ※新種牡馬
父キングカメハメハ 母マダムチェロキー(母父Cherokee Run)
2017年度Fee:80万円(受胎条件)、120万円(出生条件)
競走成績:39戦17勝(重賞14勝、G1-チャンピオンズカップなど)
種牡馬成績:2017年より供用開始。初年度産駒は2020年デビュー。


【ロジユニヴァース(Logi Universe)】
父ネオユニヴァース 母アコースティクス(母父Cape Cross)
2017年度Fee:50万円(受胎条件)
2016年度Fee:50万円(受胎条件)
2015年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2014年度Fee:50万円(受胎条件)、70万円(出生条件)
2016年度種付頭数:29頭(2015年度:37頭、2014年度:57頭)
競走成績:10戦5勝(G1-日本ダービーなど重賞4勝)
種牡馬成績:2014年より供用開始。初年度産駒は2017年デビュー。


【ローレルゲレイロ(Laurel Guerreiro)】
父キングヘイロー 母ビッグテンビー(母父テンビー)
2017年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2016年度Fee:20万円(受胎条件)、30万円(出生条件)
2015年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2014年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2013年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2012年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2011年度Fee:30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)
2016年度種付頭数:54頭(2015年度:79頭、2014年度:70頭、2013年度:50頭、2012年度:48頭、2011年度:41頭)
競走成績:31戦5勝(重賞4勝、G1-スプリンターズステークスなど)
種牡馬成績:2011年より供用開始。初年度産駒は2014年デビュー。
代表産駒:アイライン(白秋S)、シークロム(イーハトーブマイル)、ブレイズガール(桑名特別)、グランジゲレイロ(JRA新馬勝ち)、、など。


 <事務局>
  株式会社優駿
  住所:北海道新冠郡新冠町北星町2番地11
  TEL(0146)47-3966 FAX(0146)47-2230

 <繋養先>
  優駿スタリオンステーション
  住所:北海道新冠町朝日267-3
  TEL(0146)47-3776 FAX(0146)47-3956
  ⇒2016年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2015年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2014年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2013年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2012年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2011年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2010年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2009年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 | オグリキャップ
  ⇒2008年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]

 <参考>
  ・種牡馬情報検索

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ビッグレッドファーム種牡... | トップ | 【ブリーダーズ・スタリオンS... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。