【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

アジアエクスプレスの父【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】が優駿スタリオンステーションに到着!

2014年02月14日 | 馬産地情報
2014年2月14日(金)午前7時過ぎ、2013年度JRA最優秀2歳牡馬に輝いたアジアエクスプレス(Asia Express)などの活躍馬を送り出している【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】が、種牡馬として繋養される「優駿スタリオンステーション」(北海道新冠町朝日)に到着し、スタリオン関係者や報道陣など多数の出迎えをうけました。
Henny Hughes arrived in Yushun Stallion Station.


写真:到着したヘニーヒューズ(Henny Hughes)

ヘニーヒューズ(Henny Hughes)は、2003年生の米国産で、父ヘネシー、母Meadow Flyer(母父Meadowlake)という血統の11歳牡馬。
現役時代は、米国で出走し2歳デビューから3連勝でG2-サラトガスペシャルSに勝利し、同年のG1-ブリーダーズカップジュヴェナイルを2着の成績で2歳シーズンを終え、翌3歳時は、G1-キングスビショップSG1-ヴォスバーグSと2つのG1タイトルを獲得するなど、仕上がり早の快速馬として活躍した。
現役引退後は米国のダーレーで種牡馬入りし、その後供用地を移しながら、2013年度は米国のWalmac Farmで供用されていた。産駒には、アジアエクスプレス(G1-朝日杯フューチュリティS)、Beholder(G1-BCジュヴェナイルフィリーズやG1-BCディスタフなどG1を5勝)、ケイアイレオーネ(G2-兵庫ジュニアグランプリ)、ヘニーハウンド(G2-ファルコンS)などの活躍馬を送り出しており、生産地で大注目を集める種牡馬の1頭。

【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】 ★新種牡馬
父ヘネシー 母メドウフライヤー(母父Meadowlake)
2014年度Fee:Book Full(受胎条件180万円)
競走成績:10戦6勝(G1-キングズビショップSなど重賞4勝)
種牡馬成績:2007年より米国で種牡馬入り。2014年より本邦で供用スタート。
代表産駒:アジアエクスプレス(G1-朝日杯フューチュリティS等)、Beholder(G1-BCジュヴェナイルフィリーズ等)、ケイアイレオーネ(G2-兵庫ジュニアGP等)、ヘニーハウンド(G3-ファルコンS等)、など。


写真:到着したヘニーヒューズ(Henny Hughes)

到着に立ち会ったスタリオン関係者は、「待ち焦がれていた本馬にやっと会えました。胸幅があり胴伸びした馬体はイメージしていた通りですね。アジアエクスプレスやケイアイレオーネの活躍を見ると、産駒は芝・ダートを問わず距離の融通性も感じます。生産地での期待も大きく、錚々たる繁殖牝馬が種付けを予定しています。」と、大きな期待を寄せていた。


写真:到着したヘニーヒューズ(Henny Hughes)

 <事務局>
  株式会社 優駿
  住所:北海道新冠郡新冠町北星町2番地11
  電話:0146-47-3966

 <繋養先>
  優駿スタリオンステーション
  住所:北海道新冠町朝日267-3
  電話:0146-47-3966
  ⇒2014年度ラインアップと種付料
  ⇒2013年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2012年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2011年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2010年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2009年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 | オグリキャップ
  ⇒2008年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アロースタッド種牡馬展示... | トップ | 【ハードスパン(Hard Spun)】... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。