【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

セレクトセール2006(1歳)の結果と考察(関係者コメントなど)

2006年07月14日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報

7月10日(月)、ノーザンホースパークにて<セレクトセール2006(1歳)>が開催された。
以下、先日お伝えした概要よりも少し詳しいデータを紹介する。

全体としては、上場頭数165頭(牡118頭、牝47頭)、売却頭数109頭(牡83頭、牝26頭)、売却率66.1%(牡70.3%、牝55.3%)、売上総額35億8,470万円(税込、牡31億2,270万円、牝4億6,200万円)だった。平均価格は3,288万7,155円(税込、牡3,762万2,891円、牝1,776万9,230円)だった。

上記から社台グループ上場馬の結果を抽出すると・・・(販売申込者で集計してます)
上場頭数74頭(牡54、牝20)、落札頭数72頭(牡54、牝18)、売却率97.3%(牡100%、牝90.0%)、売却総額29億1,532万5千円(税込、牡25億7,985万円、牝3億3,547万5千円)、平均額4,049万625円(税込、牡4,777万5,000円、牝1,863万7,500円)となる。

一方、社台グループ以外からの上場馬は・・・
上場頭数91頭(牡64、牝27)、落札頭数37頭(牡29、牝8)、売却率40.6%(牡45.3%、牝29.6%)、売却総額6億6,937万5千円(牡5億4,285万円、牝1億2,652万5千円)、平均額1,809万1,216円(牡1,975万3,448円、牝1,581万5,625円)と厳しい現実が・・・。
結果一覧(番号順&高額順など)と種牡馬別取引成績はこちらからどうぞ!

正直、馬体に関して、社台グループ以外の上場馬は遜色ないどころか、凌駕している馬が多数いた。
なのに、血統的に同程度の馬でも、結果に大きな差が生じてしまった。

この理由については様々考えられるが、大きな要因の一つは<多くのお客さんが社台グループ狙い>で、それ以外の馬を最初から狙っていないということが挙げられる。もちろん社台グループの企業努力の賜物なのだが。
この状況だと、展示の際に馬体や動きから興味を示した購買者がいたとしても、他にかちあう人が少ないので競り合いにならない。
必然的に社台グループ以外の馬の価格が伸びない・・・。(お買い得な馬が多数出たとも言えるが・・・)

この事についてある中央競馬関係者は、「ここに集まる皆さんが、セレクトセール=社台グループのセリというイメージを持っている。冊子等で薦めてくれるのは有難いのだけれど、当セールであえて社台グループ以外の馬を候補に挙げづらいのが正直なところ。ここだと、日高の良い馬を安く買えるという事に気が付いている人もいるだろうけど、周りがボンボン高馬を買っている中で、安馬を拾うようなイメージを抱かれるのも避けたいし・・・。だって、普通は2,000万円の馬を買ったら祝福ムードになるでしょ?ここではそれが無いから、虚しいよ。やっぱり異常だよ。そういう意味では、セレクションセールの方がストレスが無いね。」というコメントをされており、このように感じている購買者も多いようだ。

この状況の中で、社台グループ以外の販売者側として、セレクトセールで勝負するにはどうすれば良いのか?
開催前には仕込みが完了しており、開催当日はプラスアルファを見つけるという流れでないと、太刀打ちできない。しかし、上記のようにセレクトセールに違和感を感じている購買者層向けの馬を多く抱えている状況の中で、あえて当セールで買ってもらう為にお客さんを連れて行くのもどうなのか?

来週のHBAセレクションセールであれば、もっともっと競り上がったであろう馬もおり(事実、「セレクションだったらこの値段で買えなかった」と戸惑いぎみの購買者もいた)、来年はどちらの競り市場へ上場するか、販売申込者として十分吟味する必要がありそうだ。(特に1歳市場については。当歳市場はセレクションも弱いので・・・。)

主催者側も、単純に<個々の企業努力>という言葉で済ませるのではなく、<セールのイメージづくり>、<参加する購買者全員が楽しいと思えるセリ運営>など、改善をはかっていく必要があると思う。
ブライベート市場ではなく、半分以上を社台グループ以外の馬を集めて開催する<日本競走馬協会>の競りなのだから。

by馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セレクションセール2006... | トップ | JRA競走に勝った競り出身... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エレガントキャット)
2006-07-14 23:24:23
最後の4行の意見に関しては、今日私もそのように考えていました。

今こそ、日高の生産者はもうちょっと社台離れしてもいいのでは?







追記 (管理人SYU)
2006-07-15 10:37:01
エレガントキャットさん、先日はお疲れ様でした。



追記してしまったので、最後の4行ではなく、最後から7行目ぐらいになってしまいましたね。



単純に「セレクトセールでは高く買ってもらえるのでは?」という幻想から早く抜け出さなければなりません。自らの馬をどの市場で勝負させるのか、そして売却するためのにどのような戦法でいくのか、もっと真剣に考える必要があります。
Unknown (エレガントキャット)
2006-07-15 11:04:34
SYUさんもいつもお疲れ様です。SYUさんのご意見の中の

>単純に「セレクトセールでは高く買ってもらえるのでは?」という幻想から早く抜け出さなければなりません。



私が思うのもまさにその点です。

これからはセレクトセールに頼るより、日高のHBAのセリを日高の人達みんなでもっと盛り上げれるよう、一致団結していくのが、本当のあるべき姿のように思います。

今度はオータムセールのときに伺うつもりですので、よろしくお願いしますね。

Unknown (Unknown)
2006-07-15 15:59:54
いつも興味深く楽しませていただいています。

私も3日間セレクトセールにいっていました。

私感では「日高の馬も遜色ない」という印象ですが、落札価格は「ん?」という感覚は否めませんでした。

ただ、今回のセリでは社台グループのリザーブ価格は思いの他低めの設定だったように感じています。

反対に日高の馬は幾分疑問に思う主取もあって、ここら当たりは「セレクトセールに上場されれば高く売れる」という妄想的なものがあるのかな?と。

サンデーサイレンス産駒がそうだったように、当歳馬は特にこの先の育成が大切になってきますが、馬を買う側としては育成の甘さというか馬を大事にするが余り過保護になっているのではないか?という感覚はあります。(馬主側のリスクヘッジに対する考え方も浅いのですが...)

兎にも角にも、来週はセレクションセールが開催されます!セレクトセールで主取になった馬の情報も馬主には伝えてありますが、やはりここがメイチ勝負なのでしっかり集中して未来の活躍馬を発掘したいです。
Unknown (Unknown)
2006-07-15 16:09:22
続けて失礼しますが、エレガントキャットさんのおっしゃる通りだと思います!

こんなことを言うと問題でしょうが、主催者側の役人の方にお会いしてお話させていただくことも多いですが、なんか進んでいる方向が違うなぁ~という印象です。

「合わさって大きくして頑張れ」といったような話が多い気がします。

所詮主催側は場所環境の提供ですから、中身の充実は日高の皆さんが団結して作り上げていくべきでは無いでしょうか?頼っても何もしてくれない気がしますよ(失笑)
たしかに (管理人SYU)
2006-07-16 01:41:34
コメントありがとうございます。



仰る通り、リザーブ価格が高く「え?」というケースも見受けられましたね。

その点、社台グループは、低い価格からできるだけ多くの購買希望者を戦わせ、競り上げに成功していました。この当りの戦略・戦術は見習わなければなりませんね。



自身の馬を正しく評価し、どこのステージへ持っていき、どのようにプロモーションをかけて勝負するのかを、何度もシュミレーションして臨むことが必須ですね。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という状態へいかに近づけていくか。

勉強また勉強ですね。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。