うまがスラムダンクの続き

うまがスラムダンクを勝手にアレンジ。
スラムダンクの続きを書かせていただいています。

メッセージ

★★★しばらく定期的な更新ができないかもしれませんが、ご了承下さい ★★★


こんにちは。毎回、拙いブログを見ていただきありがとうございます。うまだんくと申します。
今後とも宜しくお願いいたします。

■ 【陵南 選抜編 目次】 (#1~#23)
■ 【翔陽 選抜編 目次】 (#24~#43)
■ 【県決勝 選抜編 目次】 (#44~#71)
■ 【海南 番外編 目次】 (#72~#89)
■ 【海南 選抜編 目次】 (#90~#148)
■ 【愛和 選抜編 目次】 (#149~#162)
■ 【慶徳義塾大学編 目次】 (#163~#167)
■ 【高校 新体制編 目次】 (#168~#197)
■ 【湘北 県予選編 目次】 (#198~#249)
■ 【湘北 番外編 目次】 (#250~#272)
■ 【湘北 選抜編 目次】 (#273~#351)
■ 【大学 新人戦編 目次】 (#352~#397)
■ 【神奈川 国体編 目次】 (#398~)
■ 【人物名鑑 目次】 (#999~) ※ネタばれあります!!
■ 【バスケットボールブログ】 (面白ブログはこちら)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#433 【衝撃的】

2011-07-23 | #13 神奈川 国体編
試合残り時間 37秒

愛知  92
神奈川 89




神奈川は上杉海斗を投入。


長距離砲を揃える。



-----------------------------------------------

 C…#8 黒川 大蔵 193cm/2年/陵南

SF…#12 上杉 海斗 186cm/2年/海南大附属

-----------------------------------------------



対して、愛知も河本に代え、ディフェンスのスペシャリスト大橋を投入。

上杉の3Pを封じる手を打った。



-----------------------------------------------

SG…#5 河本純一郎 182cm/3年/名朋工業

SG…#11 大橋 卓巳 179cm/3年/愛和学院

-----------------------------------------------




「冨名腰監督・・・。いやらしいほどに、速い対応をしてくる。」

と高頭の額の汗が光る。


晴子は祈るばかり。




『ピィーーー!!』



「黒坊主の仇は取る!!」


「ブロックのリベンジ。赤坊主。」



湘北はマンツーマンに変更。

森重には桜木がマーク。



最後の勝負となる。




愛知のオフェンス。


エンドラインの大橋。

清田、山岡、上杉のディフェンスにより、なかなかパスが入れられない。




「5秒!5秒!」

「ナイスディフェンス!!」




だが、神奈川ベンチの声も虚しく、ボールはハーフライン付近の金田へ。



『ピィ。』


時が動き始める。




「あと36秒・・・。」

中村は唾を飲み込んだ。




『キュッキュ!キュ!』



(大蔵の分まで!)


海斗は激しいディフェンスを見せる。



『キュッキュ!』



(山岡!)


天野にも山岡が激しくマーク。


清田もまた大橋にパスを入れさせない。



金田は長い脚を活かし、ピボッドを繰り出す。


海斗を振り払おうとするが、振り切れない。


パスも出せず、焦りを感じる金田。



そこに。



「フンフンフンフン!!」



「さっ桜木さん!!!!」

「桜木!!!」



桜木が突然、金田の目の前に現れた。



「フンフンフンフン!!」


海斗と桜木のダブルチーム。




「桜木!!!」

「ダブルチーム!!」




森重をフリーにすることを顧みず、桜木は勝負に出た。



「守ってばかりじゃ勝てねぇ!!!」



それは、先ほどの清田が思った言葉と同じであった。 


清田は今までにない桜木との一体感を感じた。


その言葉は清田の胸を熱くさせた。



(赤毛猿・・・。)

「守れ!!桜木!!ぜってーー!抜かれんじゃねぇぞ!!」


「誰にいってやがる!!!」



『キュ!』


海斗と桜木の激しいディフェンス。



「寛にいれろ!!」

「森重にパスだ!!!」



(わかってる!!だが!)

「くそ!こいつら!!」


『ドン!』


上杉に接触し、力任せにコースを作る。




「ファウル!!」

「チャージング!!」




審判は顔を振る。


その瞬間、金田は森重へのわずかなパスコースを見つけた。



(もらった!)



『ビュン!』



力強いパス。



『びよーーーん!』



『バシ!』



「!!!」

「!!」




「桜木君!!!」

晴子の眼から涙が零れ落ちる。




「やろーーー!!」




「奪った!!!」

「パスカットだーー!!」

「うぉぉぉーーー!!」

「すげーーーー!!!」

「32秒!!」




「走れ!野猿ーーー!!!」



「もう走ってらぁーー!!」



「戻れーー!!」



「天野!!戻れ!!!!」



清田は、その瞬発力を活かし、誰よりも速いスタートを切っていた。


3度目のカウンターを狙い、桜木が振りかぶる。



「受け取れ!!野猿ーーーー!!!!」



『パシ。』



「ん!!」



「なっ!!」



「!!!!」



「あっ!!!」



「!!!」



「デっ!!」


桜木の眼が見開く。



「デブ坊主!!!!」



桜木の死角から現れた森重。

振りかぶった桜木の手から、ボールを奪い返していた。



そして。



『ダムダム!!』



4回のドリブル。



『ダン!』 



強く踏み込み。



『ドガァ!!!!』



あっさりとボースダンクを叩き込んだ。




「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

あまりの衝撃的な出来事に会場は静まり返っていた。




『ギシギシギシ・・・。』



響き渡るのは、森重がぶら下がるリングの軋む音のみ。



『ピィ!ピィ!』



92

93

94



電光掲示板の数字が静かに変わる。


勝敗を決定付け、神奈川の闘志を奪う破壊力満天の森重のダンクシュートであった。




試合残り時間 28秒

愛知  94
神奈川 89







続く。

この記事をはてなブックマークに追加

メッセージ

ランキングに参加しています。面白いと感じたら、クリックをしていただいたら、嬉しいです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへにほんブログ村 その他スポーツブログへ