署名のない遺言

人間としての義務はもう果たしきれないし飽きた。前向きである必要性は感じない。他人には迷惑を掛けず孤独死が願いだ。

世捨人唄(10)

2017-08-10 17:43:01 | ふらふら
 自殺願望者は病院好き
世捨人 もう何度も自殺未遂し結論睡眠薬を選択している僕がいる。
僕は病院が大好きで週に1~2回病院に足を運ぶ。
ちょっと調子が悪いとすぐ病院へ行く。
だからと言って自殺願望がない訳ではない。
僕はあらゆる方法を試し今度こそはと実行にうつす。
しかし僕はいつも失敗し今ここに生きている。
根本的に痛いのは嫌だから睡眠薬を試してみるが旨い具合にはならない。

「生きてりゃいいさ」という「河島英五」歌がある。
彼は13年前48歳の若さで亡くなった。
「野風増」という歌詞の中に「お前が二十歳になったら酒場で二人で飲みたいものだ」というフレーズがある。
しかし息子が二十歳になるまでに彼は肝臓疾患で亡くなった。
「男らしさ」にこだわった歌詞の真意が女性には理解し難たかった。
一本気で豪快でありながら、繊細で優しい人柄と生き様は誰からも愛された。
そんな彼の歌を歌う事も僕にはある。

私の言葉の中に永遠の命がある 21 拘り
僕は浄土真宗本願寺派だがこの言葉に拘りがある。
キリスト教の中心思想である「救い」「命」「永遠の命」の意味がキリスト教内でその解釈がひどく歪曲され疎かに扱われている。
それぞれが異なった固有の単語概念をもっているにもかかわらず中心思想であるのをただイエスの再臨を通して得られる「救い」の一つに解釈しようとする誤謬を犯している。
現代キリスト教の重要関心事の一つが終末論であり特に復活にある。
その復活を連結させて来世的な救いだけで全てを解決しようとする傾向がある。
「また神がつかわされた者を信じないから神の御言はあなたがたのうちにとどまっていない。あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているがこの聖書は、わたしについてあかしをするものである。
しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしない」
(ヨハネによる福音書5章38-40)

世捨人唄(10) 口頭での批判中傷お断り
Comment や TrackBack ならいいけれど口頭では一切聞かない。
誰が投稿したか知りもしないでルール違反であり盗人猛々しい。
You are absolutely shameless
匿名で書き込むのが気に入らないのなら見なけりゃいいじゃないか。
僕のブログには差別用語が沢山でてくるがそれを止めようとは思わない。
Comment や TrackBackの内容は真摯に受け止める。
すこし人生に拗ねているだけだから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人亡くなりました | トップ | 署名のない遺言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL