馬と小鳥が友達
庭に小鳥を呼び、乗馬を楽しみ、ボランティアでポニーの世話を楽しんでいます。
 



昨日は 先日の雪に加えて 昨日も午前中から小雪が舞いましたので、 馬場は すっかり「重馬場」になりました。  練習が終わると 馬の足は泥まみれです。
・・・・ で、  勿論 綺麗に洗ってやるのですが、  練習中 馬のタテガミを見ると フケが一杯出ていました。  背中や お尻・腹は 割りと皆さんが ブラシングしてくれるので 綺麗なのですが、 タテガミは高いですから背の届かない人もいますし  馬が嫌がるタイプもいますので  背中ほど こまめにブラシがけ したり、櫛を入れてもらえません。  ですから  ちょっと間が空くと フケが出て来ます。  人間の頭と同じです。

昨日も  足を洗った後  フケをとってやろうと 櫛を持って近付きますと  それ迄 大人しくしていたのに 途端にバタバタ暴れ出しました。  いつも手入れしてくれている人なら  それなりに信頼していますから  バタバタまではしませんが、それでも  勝手の判らない道具を手にしていると 馬は警戒して 拒絶反応します。  この馬は それが特に激しいので 皆も怖がって 必要最低限の手入れで終わらせます。

私も この馬に触るのは二度目ですから、近付くだけでも 馬は警戒します。・・・で  櫛だよ。 痛くないからね  って宥めながら  落ち着かせて、 そっと櫛を首筋に触らせ そっと横に撫でてやると 痛くない・・・と少し安心します。  で、 小刻みにタテガミに櫛を入れてやると  オオ~~ 気持ちイ~イ !!  って反応しました。   よっぽど 痒かったのでしょうね。 それから暫らくは  大人しくしていました。  でも、  普通 慣れている馬なら  気持ち良くなると目がとろ~ん とするのですが、 まだ少し警戒しています。   この次 会った時 ちゃんと覚えていてくれるか どうか・・・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 寒い乗馬日 ヒヨの 食い意地 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。