パンダのため息

いわゆる雑記です

みみずくは黄昏に飛びたつ

 | Weblog
図書館で借りた、タイトルの本ですが、集中的に読んだので読了
しました。

最初は春樹よいしょ本かなと思いましたが、読み進めていくうちに
なるほどと思うことが多く、結果的にはとてもおもしろかったです。

私は騎士団長殺しを読んでいたのでついていけますが、読んでない人は
なんのこっちゃ?というシーンが多いと思います。

数十年前に書いた小説の細かい部分について聞かれても、なかなか思い出せない
とは思うのですが、そうだっけ?というシーンが多くて、これは年齢によるもの
なのか、うまくはぐらかしているのか、わかりませんが少し気になりました。

川上未映子さんは、以前スイッチインタビューで新海監督と出てて、そのときに
人となりを知ったのですが、さすがに今回のインタビューに備えて準備が半端ない
と感じられました。

スイッチインタビューのときには、元気のいい、ねーさんみたいなキャラで
そんなに突っ込んでインタビューって感じはしなかったのですが、この本のあとがきで
春樹氏もいうように、サラトイサラトイな感じで、ぐいぐい突っ込んでて、春樹氏は
おいおいと思ったかもしれないですが、読者としてはいいねー、そこだねという感想を
持てました。

最近は、あまり本を読んでいない気がしたので、この手の本はちょうどよかったかなと
思います。

あと2冊、小説があるので、図書館の締め切りを考えながら読んでみたいと思います。

それにしても、先週のハウスマヌカン生活が終わったので、椅子に座りながら仕事が
できるなんて、すばらしいなと。
気持ちを入れ替えて、1周間やっていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハウスマヌカンの影響 | トップ | 寝不足かな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL