横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれるために。経験をもとにしたつぶやき

「一人」は怖くない

2017-07-31 15:41:27 | 発達が心配
あっという間に7月も終わりですね!

長いようで「短い」夏休み。

みなさんのお子さんは、宿題進んでいるかしら。



今日は、「一人で過ごす時間」について。

以前、大学の食堂の「ぼっち席」について

書いたことがありました。

小学校だと給食は「グループ」で食べる

ことが多いかなと思います。

食事はともかく、

休み時間や、放課後、一人で過ごすことに

不安をもってしまう子がいます。

特に高学年の女子。

放課後の「お付き合い」が学校での

「グループ」や「休み時間」の過ごし方に関連していたり、

また宿泊学習などの「同室」の子を決めるときに

つながりが弱いと、「一人」になってしまったり・・・。

もちろん、先生も配慮をしますが、こんな瞬間が

怖い」あまりに、少し無理して友達と付き合ってしまう・・・。

この「少し無理」が重なると「つらく」なってしまうことも。

大人には、この「無理」がなかなか見えず、

「この子は友達といつも一緒だから孤立していない」と

安心されてしまう。

夏休みは学校の友達とかかわる時間がいつもより

少ないとは思います。

ただ、

高学年になったら、少しずつ「一人で楽しめる」ものを

見つけられるとよいと思います。

大好きな本を見つける。

手芸など何か手先を動かしてつくる。

音楽を聴く。{/

イラストを描く。

曲に合わせて踊る。

など

最近は、小学生の「ユーチューバー」も増えてきたかな。

もちろん、(時間の決まりの中で)ゲームなども。


一人でも「楽しい時間」を「満足できること」で過ごせる。

しかも、一つでなく「複数」のもの。

子どもだと、危険なものや、あまり金額の張るものは、

避けた方がいいかとも思います。

一人で過ごす方法は、子ども自身が探してくることも

あるし、身近なだれかを参考にしていることも

あるかと思います。

家の中で兄弟姉妹が一緒のときも

兄弟姉妹一人ひとりが

「一人で過ごせる」ことでけんかを避けることが

できるかもしれません。

心穏やかに過ごす・・・大人にも大事ですよね。

あ、やっぱり今日も自分に言い聞かせている?


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自分のペース」に巻き込も... | トップ | 夏休みの課題・・・どうせな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発達が心配」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL