横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれるために。経験をもとにしたつぶやき

いつの間にか「夢」がかなう1年間に

2017-04-04 14:18:25 | 発達が心配
明日は、いよいよ新学期。

ご入学、ご進級おめでとうございます。

「夢」がかなってきました!

…私の話です。

おっきな夢、ちっちゃな夢、

いろいろありますが、

「少しお手伝いしたら教室でがんばれるかな」と

思う子どもたちの支援をしたくて

「個別指導の塾」を立ち上げるという「夢」

・・・4年前にかないました!みなさんのおかげです。

これから先は?

自分の「スキル」をもっと向上させていきたい

また、外部の方たちとコラボしたい

・・・まだまだ「先」があります。

新学期。子どもも保護者も先生も、

の花をながめながら

また新たな「夢」「希望」に向かって進む4月。

日本の四季は、「気持ちのもちよう」に本当に「力」があるんだと

感じます。

昨年「いろいろ」あったとしても、明日からは、

「心機一転」新たな気持ちで進んでいけるとよいですね。

「卒業式・卒園式」で少し涙した保護者も、

明日は笑顔で



いったい、この「漢字」はなんでしょう?
正解は、


でした! こんな「スリット」を使うと、ひらがなでも、昨年習った漢字でも「新鮮」!
細かい部分に「目」がいき、確認できます。

新しい先生(担任)は、どんな先生かな?

とわくわくどきどきの今晩。

担任だけでなく、養護教諭や、校長先生、副校長先生、専科の先生、専任の先生・・・

そして、技術員さんや、調理員さん、事務の先生、図書室の司書の先生、カウンセラー、

登下校の見守りスタッフ・・・

子どもにはたくさんのスタッフがかかわります。

担任の力は小学校では特に大きいですが、いろんなスタッフと保護者が

つながっていくと子どもにとって心強いですね。

いろいろな立場で子どもをみてくれます。

懇談会などで学校に行く機会があったときに

ちょっとつながっておくのもよいかと思います。

いろんなところで「温かい目」でみてもらう「安心感」。

そして、子どもは見守られている「安心感」の中で
 
たとえ「ちっちな夢」でも、

少しずつかなっていくこと。

新たな「夢」をもち続けること。

そんな一年間になることを願っています。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「卒塾生」と白いひこうき雲 | トップ | その子ができる「お返し」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発達が心配」カテゴリの最新記事