ゴモラ(ウルトラ・ゴジラ・ガメラ含む大怪獣)とGUNPLAに魅了され玩具全般や趣味の幅広いITEMコレクション日記。

趣味で、収集したコレクションITEMの熱い紹介や入手に至った経緯と新情報を紹介するゴモラ(ウルトラ大怪獣)大好きブログ。

単なるリングコーナーのカラー違いですが・・・

2016年10月17日 10時51分21秒 | S.H.Figuarts キン肉マンシリーズ(BANDAI)
S.H.Figuarts キン肉マンシリーズについてですが、ここ最近の私は、多少なりともこれまでの心境に変化が生じ・・・徐々に、これ迄になくアクションさせ新(ネオ)肉素体により造形・彩色・広く幅のある自由度迄も徹底した可動範囲を誇り『技を掛ける為』と『技を掛けられる為』を実現している超人たちの1部で、実際に劇中・作中のフィニッシュホールド等を、再現して楽しんでいます。




やはり重複確保していると幾分かは、気持ちも軽く気軽にアクションさせてみ様とした気持ちが、起こります。

実際に、再現してみた必殺技は、キン肉マングレートVerのテーマ曲(画像あり!)で、ブラックホールに対しホールドしている際の手の位置を、相手の膝の少し上あたり掴んでいる仕様ですが、キン肉マンと言うキン肉マンの頭部の角(トサカ)の一部が、お互いに干渉し気持ち程度やそれらしくが、精一杯という感じでした。


他にも阿修羅バスター(アシュラ面:不屈の冷血(私の最もお気に入り!!と嵐の怒り)を再現してみましたが、こちらは、特に!問題なく再現可能でしたが、アシュラマンの6本の腕を、ある程度、位置や曲げ具合を設定・調整し少しずつホールドさせていけば問題なしでした。


只、この際には、胴体と腕でを繋ぐ軸(可動)を、適切・最適な方向へ動かせる向きとしなければなりません!


最上段の腕の軸は、上下に動かせる向きとし2段目は、前後へと動く向きへそして、3段目では、斜め前(上)と斜め後ろ(下)に設定・調整しなければなりません!


さて、この他にも幾つか再現してみましたが、キン肉マングレートVerキン肉ドライバーと同じくキン肉マングレートVer パロスペシャルについては、こちらも特に!問題なく可能でした。




今頃ですが、私も一応、魂STAGE ACT リングコーナー(赤)を、手に入れてみたのですが、やはり単純に言うところの単なるリングコーナーポストのカラー違い・VARIATION違いなのですが、1つでもあると良いものですね~。

やはり単純・単調に、同一カラーのみとせず!青コーナーと赤コーナーがあると冴える・映えますね。

今現在は、ディスプレイの超人の向きによる偶然の運びで、赤コーナーが左側の隣(右側)に青コーナー)が、並列で並んでいますが、そこへリングインしている超人が、キン肉マンソルジャーそれにアシュラマン・キン肉マングレート・キン肉マンが、睨み合うか如く向き合っています。
『フィギュア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本場キン肉バスターを・・・ | トップ | 正式(本来)な入手方法で、300... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。