Je suis moi

今日は、きっと素敵な一日。明日は、きっと今日よりもっと素敵な一日。 わたしは、わたし。

民謡舞台

2017年06月11日 | 日記
今日はお隣の富山県で民謡舞台の司会でした。

昨日の雨から一転、青空が広がる気持ちのいいお天気!
久しぶりに高速道路を走って、早朝の楽屋入りです。

今日の会場は、一昨年リニューアルしたばかり。

開場前のがらんとした客席を、舞台から見るのが好きです。
(客席に人影があるのは…スタッフです。心霊写真ではありませんので(;^_^A)

司会はいつも端っこが立ち位置だけど、
真ん中に立つとさぞかし気持ちいいだろうな。

楽屋に入って、すぐに着物に着替えてスタンバイ。
6月は単衣の着物です。

無事、予定時間より5分オーバーくらいで閉幕。

無事幕が下りると、本当にほっとします。

やっぱり、舞台はいいなあ。
司会の仕事も、舞台が、一番居心地いい。

それにしても、「九十九里大漁木遣り唄」(くじゅうくりたいりょうきやりうた)
早口言葉みたいな曲名だわ…(;^_^A

また、次回に向けて、がんばろうー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の土曜日 | トップ | えのき焼きそば風 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (machako)
2017-06-13 09:14:23
本当に素敵なお仕事
こんな大きなホールで司会をされているのですね!
私、人前で喋るの苦手だから、尊敬します。
ゆかさん、かっこいいな~っていつも思います
machakoさんへ (ゆか)
2017-06-13 16:31:17
大きなホールのほうが人の顔が見えないので、気持ちは楽なんですよー
婚礼司会のほうが、はるかに緊張します。(;^_^A

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。