真実と幻想と創価学会

創価学会について色々書いています。ほぼ毎週日曜更新。

日曜は短い

2016-10-16 23:42:11 | 創価学会問題

日曜は短い。起きるのがまず遅い。そして明日に備えて早く寝なければならない。必然的に、活動時間は半日くらい・・・。

どうもこんばんは。ちょっとだけと思いつつゲームしてたらうたた寝してしまったクロです。

本日は気になるブログをご紹介。

にほんブログ村の創価カテゴリで1位に突然躍り出たブログなので、皆さんもうご覧になっているかもしれませんが。

にゃんこ丸さんという女性の書かれている「創価学会を卒業します!」というブログです。

創価学会批判を目的としたブログ内容ではなく、あくまでご自身の体験から感じられたことを綴っておられます。

中でもマインド・コントロールの渦中にあった頃の考え方や行動は、まるで怖いのに見てしまうホラー映画のように(失礼?)目が離せず、一気に読んでしまいました。いや、本当に「怖い」んですよ。自らマインド・コントロールに追い込んでいく心理描写が。

あくまで心理描写がですよ。管理人さんは誠実でお優しい性格の方のように感じます。

そしてやはり自分で経験したことを語る文章は説得力が違います。

どういう風に創価学会を信じていたか、ありがちな障害(困難)をどのように捉えていたか、その思考を辿ることは学会を信じていた方にとっては何より気持ちの整理になることでしょう。

そして今現在、学会の中にいて揺れておられる方、あるいは離れたもののまだ気持ちの定まらない方、そういった人たちにはこのような元活動家の方のブログを是非読んでもらいたいと思います。

今日は他人のふんどしですもう、な感じでまとめさせてもらいました・・・。定時で帰ることができる日々はいつ戻ってくるのか・・・。しばらくこんな感じで簡単な更新になると思いますが、よろしくお付き合いくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三連休。 | トップ | 村社会 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アズラ)
2016-10-17 11:39:05
毎日のお仕事、お疲れ様です。
日曜は、子供に早くから起こされております…。
なぜ休みの日は目覚めがいいんだか…。

お母様の体調はいかがでしょうか。
うちの義母も初夏に、初期の胃がんが分かり内視鏡手術を受けました。
神棚を整え、菩提寺につけとどけを欠かさず、自らは近所の寺院でお手伝いのパートをしている義母。
ピロリ菌の検査を受けたら偶然見つかったとかで、ご先祖様や昨年他界した義夫が検査受けるように言ってくれたんだね、と本人も家族も話しています。

創価だから助かったとか、創価だからダメだとか、
全然無いんですよねぇ。
誰でも病気になることはあるし、九死に一生を得る事もありますからね。

紹介されていたブログを拝見してみました。
未来部時代の人材グループ…そういえば、私も入っていたっけ、なんて忘れていた過去の記憶が。
MCされていた方が、ブログを書くことで、自分の思いを整理して、きっちり覚醒できる。
そういった方が増えていきますように。
ありがとうございます! (希望)
2016-10-17 19:41:15
クロ様

 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。興味深いブログをご紹介頂き、誠にありがとうございました。
 お仕事でお忙しい中、ブログを更新して下さり、ありがたい限りです。どうかご無理なさらないように、しかし、ブログの継続を心よりお願い申し上げます。
よみました (ciel)
2016-10-18 21:44:33
クロ様、
お久しぶりです。cielです。
ずっと読んでいたのですが、コメントはしておりませんでした。
私も猫も元気です。
クロ様がご紹介くださったブログ、一気に読みました。
私も遊説や文化祭など、同じ経験をしているので、ものすごく共感できました。
ですよね。
あの活動が正しかったと思えていた自分が怖いです。
滅多に会合にはいきませんが、街で婦人部の人に会うと違和感感じます。
いいブログをご紹介いただきありがとうございました。

クロ様、お忙しそうですね。
体には気をつけてくださいね。
ご無理はなさらずに。 (ねず)
2016-10-21 00:49:29
 家族の病気は、様々な形でストレスになります。にゃんこやお母様の体調も心配ですが、クロさんご自身も疲れておられるのではありませんか?時には自分を最優先して、お体を労わってください。
 
 私は猫を獣医さんに連れて行くたび、「おたくの猫ちゃんはおとなしいです」と言われるんですが、じゃあなんで私の手も足も傷だらけなんですかね?(笑)

 紹介なさっていたブログ、痛々しいです。と同時に、多くの家庭を壊してきたカルト団体が「一家和楽」なんて言葉を掲げていることがアホらしく思えます。
 以前聖教新聞で、芸人の塙宣之が「人生の基盤が信心で、その上に家族や仕事がのっかっている感じ」「家族も大事だけど福運を付けることも大事」等々と語っていて腹が立ったんですよ。なんで創価学会が家族の間に割って入るのか、と。信心ありきな家族関係なんていびつ極まりない…。

 私の方はトラブルがほぼ解決しまして、まだ前途多難ではありますがあらかた道筋がつきました。最近は憂さ晴らしにゲームと漫画にどっぷり浸っています(ダメ人間)。こうしてクロさんのところにお邪魔して書き散らかすことでも、荷が軽くなる気がします。あらためてお礼申し上げます。

 脱会届けは、実はまだ出せていません。母の感情に振り回されて生きるのはやめましたが、体が弱く情緒不安定な母にショックを与えることが怖いのです。ただ、どうアドバイスしても「あんたに私の気持ちなんて分からない」と繰り返されてむしろこっちが凹みましたし、見捨てることと親離れは別ですから、きちんと脱会できた時が私の本当の一人立ちになると思います。成人して何年経っとるんじゃい、って感じですけども(笑)。
Unknown (まる)
2016-10-21 03:46:34
クロさん、皆さん、こんばんは。
こんな深夜に子供の嘔吐を片付けてから眠れなくなりました…

ご紹介のブログを拝見しました。
私の実家もまともとは言いがたい部分がありますので、とても共感できました。
とても苦労なさってきたようで、創価から離れたことでこれからは穏やかに過ごされますように、心から願います。

最近、母親と御本尊について話す機会がありました。
「いまどうしてるの?」と問われ、嘘をつくのも何だかなぁと思って「本部に送った」と答えました。
母親、しばらく絶句してました(^_^;)まさかお返しまではしていないと思っていたようで。私も言ってませんでしたが…

間の悪いことに、ちょうど私が椎間板ヘルニアになって、その話をしていたときだったので(笑)お返ししたことが仏罰となって出ているのでは…と母親は感じたかもしれません。
もともと腰は強いほうではなく、ヘルニアになるのも時間の問題でした。そもそもは鼓笛隊のときに腰を痛めたんですから(笑)
その後、出産と育児でじわじわとダメージを受けてきたものが、仕事が引き金となって発症したと思っています。医師もそういう見立てでした。

まぁ、どう受け取ろうとも自由ですけどね。
さすがに真っ正面から仏罰だよ、題目だよ、とは言われなかったし、お返ししたことも責められはしませんでした。
もともと、そんなに攻めてくる母親じゃないし、良識があります。汚部屋とも無縁で、活動家でありながら家庭のことはきちんとしていました。そういう母親だったこともあって、私の中で創価のイメージは良かったんでしょうね…

とりあえず、思わぬ形でしたが事後報告できて良かったです。母親は青天の霹靂だったでしょうけど、自分で乗り越えてもらいます(^^;

クロさんもお忙しい中だと思います。どうか、腰は大切に(笑)
若さを武器に無理を重ねると、後々響きます。私らの世代だと、これから更年期やら何やら…下り坂一直線ですから(笑)適度に労りながら、お仕事乗りきってくださいね!
アズラさんへ (クロ)
2016-10-23 16:23:30
>なぜ休みの日は目覚めがいいんだか…。

そういう子、いますよねw
私は休みの日は子供の頃から昼まで寝ていましたw
それどころか赤ちゃんの頃から、朝はよく寝ていたので楽だったと祖母に言われたことがあります。

最近は内視鏡の手術が多いですね。
実は母親より先に父親が先日、ポリープの除去手術(内視鏡)でした。良性なので日帰り手術でしたけど。
「信心してるから~」と言う人に限って、あまり現実を見ないような気がしますね。
どうしても関連付けて考えてしまうのでしょう。
勤行や活動といったコストを支払っている以上、メリットを探さずにはいられないのかもしれません。
それこそこじつけでも「転重軽受」にでも持っていくのでしょう。
自分だけでそう思っていてくれるならまだいいのですが、他に目を向けることがないので感謝の気持ちが薄いのが残念ですね。
目に見えずとも色々な人の助けがあってこそ、なのですから。

にゃんこ丸さんのブログは全て書き終えられたとのことで、最後の記事が掲載されていました。
創価学会が道端の石のように「なんでもないもの」になるように。そう仰っていたのが印象的です。
多くの方が同じように学会を卒業し、自分らしい人生を歩んでいければいいなぁと思います。
希望さんへ (クロ)
2016-10-23 16:30:13
希望さんこそ、お忙しい中コメントありがとうございます。
私は今まで定時で帰宅がほとんど当然だったので、なかなか今のタイトなタイムスケジュールが慣れなくて。
多くの皆さんは働きながらご家族がいらっしゃって家の中のこともして・・・と、もっと忙しい毎日を送っておられるでしょうから。
本当に働くお母さんとかどれだけ大変なのかと、改めて頭が下がる思いです。

希望さんこそご無理のないよう、季節の変わり目ですので体調など崩されませんようご自愛下さい。
cielさんへ (クロ)
2016-10-23 16:43:12
お久しぶりです!
cielさんもにゃんこちゃんたちもお元気で何よりです!
いつも読んで下さっているとのこと、ありがとうございます。

「創価学会を卒業します!」は記事を全て書き終えられ、名実共に卒業されたようです。
ホラー映画のように怖いけど目が離せない、という表現は失礼かと思いつつ、私にとってこれ以上ピッタリな表現がないので書いてしまいました。
「あっ・・・、どうしてそっちに行っちゃうの!?」とホラー映画でよくあるシーンの感想のように、創価学会にはまっていく心理選択が怖かったのです。
ホラー映画の主人公もそうでしょうが、当人はそれが最善だと思って行動しているのですよね。
たまたま私は画面のこちら側だったからそう思っていられましたが、何がきっかけで当事者になっていたかは分かりません。
逆に何がきっかけで画面の向こう側の出来事だと気付くことができるかも、わからないものです。
ですから色々な人の経験談や、学会の情報が多く広まれば、それだけきっかけが増えるかと思います。
そのきっかけで覚醒していく人が増えていけば嬉しいですね。
ねずさんへ (クロ)
2016-10-23 17:41:15
ねずさんも色々お忙しい中、いつも温かい心遣いのこもったコメントを下さりありがとうございます。

ねずさんちの猫ちゃんは内弁慶なんですねw
うちの次男ヨコヅナ君は病院に連れて行くと恐怖のあまりか腰を抜かしていますw
私の体をよじ登って必死に逃げようとするのは長男のメタボン、四男のマダラ君ですね。
三男シロにゃんは悲痛な叫び声で同情を誘いますw


>信心ありきな家族関係なんていびつ極まりない…。

本当ですね。私はこういうのが一番許せない思いです。
池田氏も平然と信仰や師弟不二が家族や人間関係の信頼の上にあるように言います。
この思想を振りまいてくれたお陰でどれだけの人が家族によって傷つき、あるいは傷つけたことか。
そんなに信心が一番なら一生ひとりで生きてろよ、と思います。
親に二番以降にされた子供の気持ちがどれ程のものか。
大体家族を大事にして幸せな家庭を築いている数多くの人たちは、学会とは無関係に生きている人がほとんどです。学会がなくとも家族も自分も幸せにできる。これは実証されているんじゃないですかね。


>私の方はトラブルがほぼ解決しまして、まだ前途多難ではありますがあらかた道筋がつきました。最近は憂さ晴らしにゲームと漫画にどっぷり浸っています(ダメ人間)。

良かったですね!ちゃん息抜きしてこれからの活力にして下さい。
それにしてもねずさんもイケるクチですかw
私も基本ダメ人間なのでwダルダルに息抜きしたいです~w


>母の感情に振り回されて生きるのはやめましたが、体が弱く情緒不安定な母にショックを与えることが怖いのです。

脱会届にこだわることはないと思います。心さえ決別していれば、日本は信教の自由が保障された国ですから。
自分が「辞めた」と思っていれば籍があろうとなかろうと関係ない話です。
家族が熱心だと、脱会に踏み切るのは難しいものだと思います。分かっていて波風を立てるより、適切なタイミングがいずれ訪れるのを待つのも手だと思います。
ねずさんのこうした優しさは必ずどこかで通じていると思いますよ。
まるさんへ (クロ)
2016-10-23 17:54:07
こんばんは。
お子さんは体調大丈夫ですか?お母さんもお疲れ様です。
しかも椎間板ヘルニアとは。本当に大事になさって下さい。腰は体の要と言いますからね。

ご本尊の報告、突然とはいえちゃんと話せてよかったのではと思います。
聞かれたということは、言うべきタイミングだったのですよ。きっと。
家族のこと、自分のことをきちんとされていたお母様だったとのことですので、きっとまるさんの選択を尊重して下さることでしょう。
内心どうであるかは分かりませんが、まるさんの思いはそれはそれと、けじめをつけられるのではと思います。
ああ、同じ学会員の母親でもこうも違うとはw
うちの母親の指導して欲しいくらいですw
汚部屋ちょい手前です。うちの実家は・・・。かろうじての部分は父親が片付けているw


>適度に労りながら、お仕事乗りきってくださいね!

ありがとうございます。私も最近感じていますよ。若さがどういうものだったのかということをw
そうそう、悲しい現実がちょっとあったんですよ
子供の頃観ていたアニメが新しい展開で新番組になっていてCMを目にしたのですが、昔おじさんと思っていたキャラが今観ると若く見えるというw
ちょっとショックでしたw
ええ、めげずに頑張りますw
まるさんも安静にして、早く治って下さいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。