真実と幻想と創価学会

創価学会について色々書いています。ほぼ毎週日曜更新。

村社会

2016-10-31 00:18:09 | 創価学会問題

えー、今まで土曜日曜ってどうやって過ごしてたんだっけ・・・?みたいな最近の週末。皆様いかがお過ごしでしょうか。

秋も深まってまいりましたね。

うちの猫らは猫団子(猫同士で寄り添って寝ること)で温め合っております。可愛いです。しかし言いたい。

私の脚はお前らのベッドではない!

4.5キロ、5キロ、7キロが連なって私の脚の上で寝る。いくら私の脚が長くともwもう一匹の7キロはさすがに乗れずに横にもたれかかってくる。

可愛いが限界と言うものがあります。・・・というノロケですw

以前紹介した「創価学会を卒業します!」というブログ、こちらの常連さんも何人か訪れて下さったようで、ありがとうございます。

私は大勝利さんのブログ「聖教新聞 一面だけは読んでやる!」でランキングバナーをぽちっとした時に気付いたのですが、ブログ村の創価カテゴリ。結構カオスな状態ですね。

学会にはブログやサイトを監視する専門チームがあるそうですが、私がそのチームにいたらいくつかのブログは管理人を特定して閉鎖に追い込みたくなるような・・・。

いわゆるアンチブログではなくて、学会員さんの運営しているブログを、です。

たまに情報収集のためにチラ見する程度なので何処がどうアウトだとは言い切れないのですが、完全に学会のイメージダウンにしかなっていないのがチラホラと見受けられます。

種の存続と繁栄には多様性をいかに抱えられるかにかかっている、らしいですが学会のこれも「色々な学会員がいる」という多様性の内包であり、ある意味必要悪・・・というか汚れ役?なのでしょうかね。

アンチブログがいくら過激なことを書いていても、以前もこのブログでも書いたことですがアンチブログを訪れる読者層を考えれば学会には大したダメージにはならないのです。

熱心な学会員さんたちの過熱したやり取りの方が、それを見る者(学会員さん)にとってはダメージでしょう。

ま、どうでもいい話ではありますがw

最近のちょっとした雑感でした。ではまた!おやすみなさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜は短い | トップ | 「先生」と呼ばせたい。 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い記事です。 (希望)
2016-11-05 16:48:23
  「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
 本日11月5日の聖教新聞には、驚き、かつ、呆れ果てました。詳細は、先ほど更新したブログをご覧頂ければ幸いです。
 クロ様は激務のようですが、くれぐれもお身体を大切になさって下さい。
クロさん おはようございます♪ (ミルフィーユ)
2016-11-06 09:51:50
いつのまにか朝晩冷え込む季節になりました。

色々と病気持ちなもんですから最近病院通いが重なりバタバタしていてコメントできませんでした。

クロさんもお仕事大変でしょうが体調にお気をつけくださいね。


希望さんがコメントしていましたが私もきのうの新聞見て吹き出しました。

まず大見出しの『創価学会仏』(そうかがっかいぶつ) 『創価学怪物』じゃないの?(笑)


また三代会長の敬称を「先生」と明記するんだとか。
なので今まで「池田名誉会長」「池田SGI会長」と表記したのを「池田大作先生」「池田先生」に代えるんだとか。


今日の聖教1面にも『池田大作先生がメッセージ』との見出しで、記事にも「池田大作先生はメッセージを贈り…」「池田先生は…」と連発なのでそれはそれでウザイです(笑)


原田会長の指導に「…創立記念日を迎えるに当たり、私たちは『創価学会仏』の一員であることを誇りとし…」とありました。
『創価学会仏』…もはや笑うしか。
原田会長の指導で「財務の申し込み期間に、ある高齢者宅に詐欺未遂電話があったから注意するように」とありました。

また「学会の会員間における金銭貸借は厳禁。借りるほうが悪いのはもとより、貸すほうもよくない」と。
確か草創期に「貸し金業」をして会員を巻き込んでいたのはどなた?…

先月の聖教ネタで申し訳ないんですが、いくつかコメントしようと思っていたのがあります。


10/30付け「寸鉄」より
「信仰の強制は不信仰を生むー哲人。脱講止まらぬ宗門。ノルマ地獄の末路」

「信仰の強制」ですって。
これって「宗門」を「学会」に置き換えるとしっくりくる(笑)


それから10/24付け随筆より

名誉会長(あっ池田先生と言わなくちゃ)、こう記しています。


「…中央区の中央文化会館を視察した際も、創価宝城会(一日会館長)の友が着任してくれていた(22日)」とわざわざ日にちまでアピール。

視察に関する記事は1面に載らなかったはずだけど。

名誉会長はその一日会館長さんを直接激励したのかと文を読み進めると

「…黄金柱の誉れの英姿に車中から合掌するとともに…」とあるじゃないですか(笑)

な〜んだ「車」で通り過ぎただけなんじゃないの?

『池田大作先生』!!
毎日お元気で過ごしていらっしゃるならぜひぜひみんなの前にお出ましください!(笑)

希望さんへ (クロ)
2016-11-06 22:29:43
希望さん、こんばんは。
コメントを頂いて早速ブログを拝見しました。その足(マウス?)で聖教オンラインでも確認。
確かに驚きと呆れが去来しますね。
これは私が学会員的感性を持っていないからなのかと思いきや、元学会員さんたちも割りと同様の感想をお持ちのようで。
以前からおかしいのは当たり前でしたが、最近の学会はおかしさの方向が少しずれているような気がします。
池田氏という船長が機能していないからなのでしょうかね。
ミルフィーユさんへ (クロ)
2016-11-06 23:01:08
ミルフィーユさん、お体大丈夫なんでしょうか。
これから寒くなっていき、ますます体調管理には気をつけたいところ。どうかご自愛下さい。

私も聖教オンラインで一面を確認しただけなのですがね。もう8年ほど創価学会について毎日のように色々調べたり他の方のブログで勉強させてもらったりとやっており、一般的な学会の知識だけはそれなりにあるつもりなのですが。
それでもちょっと理解しがたいものを感じた今回の会則変更。
今までの非常識は「学会だったらやりかねない」というものがほとんどですが、今回のは「ナニが目的?」と意図を見失ってしまいます。
運ちゃんさんのブログでも今回の聖教一面に触れられていたのですが、二代目戸田会長(あ、戸田先生かw)の指導とのことですが「創価学会仏」とは学会で信仰する一人一人が将来そのように呼ばれるかもしれない、というものであって組織そのものを指して言っているわけではないらしいですね。
私はこの戸田氏の指導は知らなかったので最初聖教記事を読んで「自分たちを仏と名乗りおったw」と思ったものです。
あ、いや、創価学会はまさにその通りのことをしようというわけで私の感想は間違いではなかったのですがw

それから「先生」という敬称ねw
これについては記事にアップします。もうほんと、突っ込んで下さいと言わんばかりの今回の会則変更。
他にネタがなかったのか!?
別に必ず毎年変更・改正せねばならんということでもあるまいにw


>「信仰の強制は不信仰を生むー哲人。脱講止まらぬ宗門。ノルマ地獄の末路」

これ、私は途中まで学会のことを言っていて、「だから無理に入会を迫るな」と結ばれるのだと思いきやまさかのなすりつけw
いやいや、むしろ聖教新聞としては正しい用法ですよね。
学会の問題を他に肩代わりさせて自粛させようっていう。いつもの高度な読解テクニックを要するアレですね。


>「…黄金柱の誉れの英姿に車中から合掌するとともに…」とあるじゃないですか(笑)

前にも関西池田小の修学旅行生との対面(?)で書かせてもらったと思うのですが、いい加減にその場面をリアルに想像してみてから記事に起こした方がいいんじゃないですかね。
宝城会って年配の学会員さんですよね。その一日館長の栄姿を車の中から見て手を合わせただと!?
いやいやいやいや、かなりおかしな光景ですよね。
手を合わせる?マジで?
それはやっちゃイカンやつじゃないですかね。せめて心の中だけにしましょうや、合掌はw実際にやっちゃダメですよ。
ええ?これは学会ではアリな行為なんですかね?私の感覚がおかしいの?
マジで想像してみましょうよ。
どんだけ異常な光景か。ほんで記者さんはこの光景をどこから見ていたのですか。池田氏から聞いたの?一日館長さん?それとも運転手さん?
この記事が出来上がるまでの全部がいちいち異常性を孕んでいるって、怖くないですか。いや、これが聖教スタンダードと言えばそれまでなんですがねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創価学会問題」カテゴリの最新記事