Sunny Side Uku Park

ウクレレ教室 Class Hilo インストラクターのウクレレ雑記

ネックと湿度の話

2017-07-17 19:38:32 | ウクレレ
弦のテンションでネックが順ゾリしていると弦高が高くなり弾きにくくなります。

本格的な調整はリペアに出さなくてはなりませんが、湿度によってネックが動いている場合は、適正な湿度(20℃で45%)で管理することで直ってくることもあります。

今の時期は特に湿度が高いので気をつけましょう。

最近見つけたスグレモノの湿度調整グッズがこれです。


シリカゲル系の調整剤は定期的に交換が必要ですが、これはフェルトのような生地で半永久的に使えます。

ケースに入れておくだけ。
湿度によって色が変わるインジケータ付き。

ソフトケースでは十分に効果が出ないようなのでハードケースでの使用をオススメします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みたまつり | トップ | サドルの話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。