ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

国宝明王院(広島県福山市)の不思議を解説します。

2017-02-24 11:03:56 | Weblog
先週土曜日(2/18)は「草戸千軒とフィレンチェ」との関係について講演したが、今週土曜日(2/25)には、「明王院の謎に迫る」という講演をする。

2017年2月25日(土)10:00~11:30 場所 明王台公民館(福山市)

『中道山明王院の謎に迫る』
     ~国宝五重塔のご本尊が大日如来から弥勒菩薩に~

梗     概

・明王院(常福寺)の生い立ち  縁起に基づく解説と矛盾
・国宝本堂について   本堂の概要の説明
・国宝五重塔について  五重塔の概要の説明
・不思議な数字 126と0 この数字がすべての謎につながる
・常福寺から明王院に(何が起きた)一人の福山藩士の行動から大きな変革が起きた
・検証(仮説1&2)  126と0の検証
・名前(山院寺)の不思議  新しい名前の発見が謎を解く?
・なぜ明王院か  明王院の名前が表に出たのは
・五重塔のご本尊が  大日如来と寺伝で言われたわけは
・明王台学区のとんどの火  明王院の燈明がとんどの点火に
・明王院を愛する会について
                          以上
時間があって興味のある方は、聞きにおいでてください。明王院は不思議なお寺です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草戸千軒町は東洋のフィレン... | トップ | とうとうできた草戸千軒遺跡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む