ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

 品質不具合(利用停止)

2018-01-10 14:40:00 | Weblog
12/30に新聞配達に関する品質不具合について書いたが、今日はA(株)から、「利用停止予告」という葉書を受け取った。携帯の会社だが、「万一、期日までにお支払いの確認が取れない場合、スマートフォン、ケータイ、ひかりサービス等ご契約中の通信サービスのご利用を停止いたしますので予めご了承ください。」と書いている。私は、口座振替をしており、残金も十分あるので、不審に思いA(株)に問い合わせをした。その結果、12月請求分は金額が少ないので、翌月併せて請求するということだった。それなら、企業サイドで振替をせずにおいて、なぜこういう「利用停止予告」を発行したのか質問したが、曖昧な返事だった。要するに、A(株)の仕組みづくりがきちんとできていないことの表れだろう。ずいぶん失礼な話だが、今の社会では、こういうこともあまり気にならなくなったのだろうか。コンプライアンスというわけのわからない軽い言葉がよくつかわれるが、コンプライアンスのもとになる基準やきまりがいい加減だと救えないな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の賀状に思うこと

2018-01-05 18:44:02 | Weblog
今年頂いた賀状の特徴は、「来年からは賀状は失礼します」というのが目につくことだ。その理由は二つのグループに分けられる。第一は、高齢になり年賀状が書きにくく失礼しますというものだ。私は中期高齢者だが、毎年宛名書きは自筆でやっていた。昨年、書きはじめてノートのあて名がうまく見えない。視力が相当落ちているようだ。来年はワープロにせざるを得ないかと考えている。もう一つのグループは、比較的若い40~50代の人達だ。メールをどんどん使い、いまさら年賀は不要だという人たちだ。子供が小さいと子供の成長を知り合いに知らせる意味合いもあるが、子供がいっしょに写真を撮るのを嫌がる親の年齢だ。年賀状の意味自体を代替の方法で実施しようとしている。
私の住む広島県福山市は郵便局がおもしろいことを今やっており、福山から福山市内に出す郵便より岡山から出す方が1日早く着くということが起きている。理由は簡単で、福山で集めた郵便を一度岡山に集めそこから福山に配達するためだ。合理化のためだろうが、サービスの低下は、我々が我慢しなければならないだろう。「事務の合理化ですね」と窓口で話したら。「合理化になっていませんよ」と言われたのが気にかかるが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の珍事におもうこと 日本の品質は地に落ちた?

2017-12-30 08:34:23 | Weblog
年の瀬も迫った12月30日の朝の事。食事後に新聞を読み始めたが、書いてある内容が以前読んだ内容に似ている。ネットでも読んでいるので、そのせいかなと思い進めていたが、どうもおかしく、日付を見たら昨日29日の朝刊。そこで家内との言い合い。そこに置いたという家内とないという私で、狭い部屋を必死で探した。結局見つからない。不思議なことがあるものだと妙に納得。家内が昨日の新聞と間違って片づけたのかもしれないと、古新聞入れを見ると、そこにも29日の新聞がある。結局、新聞販売店の人が誤って昨日の新聞を配ったということで、二人とも納得。
再配達で来られた人に、
「新聞を読み始めて60年以上たつがこんなことは初めてなんだが、こういうことがよくあるの」と聞いたら、「古い新聞も束ねておいてあるので、それを配ったのでしょう。時にあります」とのこと。
「申し訳ありませんでした。次から気をつけます」という言葉が、空々しく聞こえた。
日本を代表する全国紙でのできごと、最近の自動車、鉄鋼などの信頼性を損なう事件、日本の品質は地に落ちたのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISOについて

2017-11-15 08:26:26 | Weblog
日産自動車の無資格検査問題で、「ISO規格」の認証が取り消された。1990年代半ばに日本中の会社がISO取得を謳い、名刺やその他の発行物に記載していった。私は当初からISOに対しては懐疑的であった。というのが、1990年初めにヨーロッパにある某社と取引を開始したとき、その会社は私にISO取得を得意げに自慢し(私は当時ISOに関する知識がなかった)、各種の記録がきちんと整理され管理されているのを説明してくれた。しかし、その後製品を輸入し始めて、ISOを取得していない日本の製品に比べて、決してその会社の製品が品質的に優れていないことを実感した。
私は最後までISO取得に反対した。反対した大きな理由は、品質が向上していないことより、むしろISO取得が日本の品質を下げるのではないかと懸念じたからだ。それはISOの維持のため設計者はじめ多くの人の負荷が増え、本来業務に支障が出るためだ。設計者の仕事は、新しく世の中の役に立ち製品を世に送ることだ。ところがISOは維持審査のため多くの資料の作成をせまり、会社は資料の質を問い、設計者は資料が出来上がるとホッとしてしまう。能力を発揮する方向が変わってしまった。製品を作るためではなく作文の方に。
ISO取得後の1990年代中ごろから20年たつが日本の製品の品質は上がっただろうか。今回の、「ISO規格」の認証取り消しが、それを物語っている気がする。今回の取り消しは、形骸化しているISO審査をいみじくも露呈した結果になったのではないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故に遭わないように

2017-09-28 17:35:59 | Weblog
久しぶりにある人からメールをもらった。最近ブログの更新が少ないがどうかしたのかと。そこで思っていることを書きます。

最近の政局の混乱ぶりを見ていて、あることを思い出した。私が大学を出て電力会社に入ったころ、組合の幹部から言われた。「三谷、会社生活というのはどの車に乗るかが大事だ。先頭を走っている車に乗ることができれば、それはいい。然し大事なのは、いつまでもその車が先頭を走るという保証はない。突然壁にぶつかり大事故を起こすかもしれない。その車に乗って一緒に事故に会うのはバカだ。事故に会う前に別の車に乗り換える判断力と勇気と行動力がいる」と。
今の政治家もその判断をうまくしないと一緒に沈没するかもしれない。政治家にもこの判断力と勇気と行動力が必要と感じた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パネル「競馬場・福山市体育館・五本松公園界隈回想写真」据え付け作業完了

2017-08-22 19:18:48 | Weblog
昨年の夏に調査を始め、市役所、商工会議所、新聞社、地元の人などから得た情報を整理して、この度やっと、地元の戦前から現在までの歴史を1.6mx1.0mのプレートにして、掲示する作業が済んだ(写真)。題して、「競馬場・福山市体育館・五本松公園界隈回想写真」。福山市、光学区まちづくり推進委員会(学区・教育部会)の労作だ。部会の皆様、猛烈な暑さの中の作業、お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに講演をします。

2017-08-14 19:12:06 | Weblog
~25の不具合解決事例と10の教訓から学ぶ~
車載センサ・アクチュエーターの不具合対策・防止技術と信頼性構築
2017年11月30日 東京都内会場 開催Tech Design
講師 三谷干城
詳細はhttp://tech-d.jp/machine/seminar/show/3175
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しそう

2017-07-16 18:21:05 | Weblog
離れて住む孫娘(小6)の手作りのスイカゼリーがFBに載りコメントが多く好評なので、私のブログに転載します。食べられるそうです。冷やして食べれば最高でしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017-06-22 20:48:07 | Weblog
(1) 毎月第3土曜日に行っていた国宝明王院の一般公開は5年目にはいった6月で中止し、今後は特別催事がある月のみの公開といたします。
(2) 突然で申し訳ありませんが、私のFBを本日で閉めさせていただきます。長い間友達としてお付き合いいただきありがとうございます。今後もメールで連絡は取れますので、こちらでお付き合いください。また、ブログには従来通り掲載いたします。
It ‘s sudden and sorry, I close my FB today. Thank you for having you go together as a friend for a long time. Please keep company here in future because you get the communication by an email. In addition, I place comments in my blog as before.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書と華のコラボ

2017-06-16 18:38:58 | Weblog
明日(6/17)、明後日(6/18)と国宝明王院で、初夏の文化展を開催します。今日午後4時過ぎに準備が大体済んだようなので、見てきました。書と華のコラボ、なかなかいいですね。おまけに、県の重文の建物の中で展示しているので趣が増します。後ろの屏風は源平合戦一ノ谷・屋島図の六曲屏風で江戸時代初期の作と思われるので、歴史の重みを感じます。時間のある方は是非見学においでください。午前10時から午後4時までです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加