gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2歳児監禁死、父親に懲役11年=裁判員「つらかった」-東京地裁(時事通信)

2010-02-25 07:31:54 | 日記
 当時2歳の長男をごみ箱に閉じ込めて死なせたとして、監禁致死罪などに問われた建築業菅野美広被告(35)の裁判員裁判で、東京地裁(井口修裁判長)は18日、「日常的な虐待行為がエスカレートした結果で、動機も身勝手」として、懲役11年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 裁判員を務めた6人全員が記者会見し、30代の女性会社員は「聞いていてつらかったが、虐待が起こらないように事件の裏側を知るのは大事」と話した。自営業の清木博志さん(60)は「被告と妻の言い分が違い判断が難しかった。妻の裁判も傍聴したい」と答えた。
 判決によると、菅野被告は妻理香被告(35)と共謀し、2008年12月23日、東京都練馬区のマンション自室で長男優衣ちゃんをごみ箱に閉じ込めて放置し、窒息死させた。理香被告の公判は分離され、3月に行われる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け
連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決

【集う】東京都若者総合相談公開研修(1月22日、都庁)(産経新聞)
郵便不正公判、検察側やや守勢 24、25日にヤマ場の元係長尋問(産経新聞)
元Jリーガーを釈放=任意で捜査継続-警視庁(時事通信)
「一つの糧にして」=国母選手の騒動で-川端文科相(時事通信)
エンデバー 米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民家火災で2人死亡=高齢の夫... | トップ | 1等陸佐発言「ふさわしくな... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。