諸国?漫遊記

完全に映画&舞台の防備録となっております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008 演劇 2

2008-02-06 | 観る
IZO

作:青木豪
演出:いのうえひでのり
出演:森田剛、戸田恵梨香、田辺誠一、千葉哲也、粟根まこと、池田鉄洋、山内圭哉、逆木圭一郎、右近健一、河野まさと、インディ高橋、礒野慎吾、吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ、村木仁、川原正嗣、前田悟、 他。
木場勝己、西岡馬。



正直、最初観る予定はありませんでした。
ジャニーズさんが主役だしきっとチケット取れないだろうなぁ、と。

しかし、公演が始まってしばらくすると「チケットあります」のメールが入ってきました。

あれ?じゃあ行っとく。

そんな気持ちで観に行った青劇。
新感線の役者さんで大好きな古田さんと橋本さんが出ていないので期待は低め。

会場は若い女性が多数。軽く浮いている私。そういえば「荒神」の時もこんな感じだったなと思い出す。

内容はタイトルから分かるように岡田以蔵の話。幕末モノですよ。
幕末モノは話が悲しいからチョッと苦手です。でも新感線の救いが無い終わり方はとても好き。
新感線初参加の青木さんはどんな脚本を書くのだろう?
うん、凄く良い。

哀しくて切なくてやるせなくて。
良い脚本だなぁ。(大阪公演があるので内容は伏せます)
涙出ましたよ。
もちろん、いのうえさんの演出やそれに応える役者さんがあってこそなんですが。
「荒神」で初めて森田くんを観た時にかすりもしなかったんですよ、私。頑張っているなぁとは思ったんですけど。
でもね、今回は刺さりました。良かった。ちょっと好きになった。
東京公演も終盤という事も有り声がダイブ掠れてきていたんだけど、それがまた切なさに拍車をかけてね。殺陣も気持ちよかったし。
この路線でやっていけばいいのに。

あとは初舞台の戸田嬢。
この娘の堂々ぶりはなんだろね。感心するよ。地の気の強さが所々出るんだけれどもソレがまた良い。向上心を隠さずガンガン上へ登ってくれって思った。良い女優さんです。

田辺くん。
太った。いや、貫禄か。ヒゲ生やしてとても良い役作りです。こんな田辺クンの一面があったなんて新鮮です。いいです!

池田さん。
この方も初新感線。しかも竜馬。和むわ~。このやるせない話の唯一の中和剤的役。今後ネタモノにんも出て欲しいです。

圭哉さん。
そのヅラ似合わないですね。メタル同様、顔が洋顔なので着物がね・・・。この方もネタモノでみたいなぁ。



う~ん。
一人一人皆良くて、一人づつ書きたいけどキリ無いよ。
それほど良かった。
友人によると新聞劇評も良く書いてあったというのに客入りがね。
なんでだろう?
たしかに土佐弁や薩摩弁で台詞が聞き取れないところはあったけど雰囲気でかなりカバー出来ているので問題ないし。

わからん。
大阪間に合う方は是非どうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2008 映画 1月  | トップ | 2008 映画 2月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観る」カテゴリの最新記事