すみすの《受け売りの日常》
皆様のお知恵を拝借して生きています。これまでも、これからも。
SEO TOOL
 



自宅で使用しているノートPCのOSはライセンスの手続きをした上でWindows10 Enterpriseにしているのですが、その環境からアプリを引継ぎつつWindows10 EnterpriseのLSBTがインストールできないか考えてみました。
メーカー製PCのドライバとかアプリとかを探して入れ直す作業が面倒なので、アプリを引き継げる方法を見つけたかったのです。

別の場所でつぶやいたとおり、普通にインストールしようとするとアプリが引き継げなかったので、レジストリをいじってOSを「偽装」する方法を試してみることに。
グーグル検索でヒットした、ある方のブログ記事を参考に、Windwos10でも「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion」と「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion」の両方にある「ProductName」と「EditionID」の値のデータを書き換えたら良いんじゃないかと思い(素人判断な点に御注意ください)、書き換え内容を検討。
現行OSとLSBT(Hyper-Vを使って仮想環境にAnniversary Update(2016 LTSB)版をインストールしてみた)のレジストリを比較してみたところ、「ProductName」は前者が「Windows 10 Enterprise」で後者が「Windows 10 Enterprise 2016 LTSB」、「EditionID」は前者が「Enterprise」で後者が「EnterpriseS」となっていました。

そしてレジストリを合計4箇所書き換えた上でインストール作業をしてみた結果、

どうにかインストールできた模様です。

当面これで様子を見ますが、このブログを見た方が実践して上手くいかなかっても責任は負えませんのし、フォローもできませんので悪しからず。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 6月20日(火)の... その2:つれづれ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。