名を上げたかったよ、浮かれ街で

かつて昭和のナイトクラブで働いていた男が当時流行っていた曲などについて書いていきます。主に歌謡曲。

私だけでしょうか

2017-07-15 21:38:48 | 音楽
日暮し「い・に・し・え」で気になった点が出てきたので書きます。

「時を越えて よみがえる恋の 悩ましさに
 眠れずに昔の手紙を 読むのは私だけでしょうか」

二通りに取れなくはない歌詞です。
1. 一般的に、時を越えてよみがえる恋の悩ましさに眠れずに昔の手紙を読むのは私だけでしょうか。
2. 手紙をくれた相手に限定して、彼は私が出した手紙を読んだりしないのでしょうか。

「1」だと思う人がほとんどだと思いますが、ひねくれて解釈すれば「2」になります。
でも一般論ではなく、作者はこのいにしえの恋についてのみ語っているように感じるので、「2」もありです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原裕次郎「よこはま物語」 | トップ | 増位山太志郎「今度逢えたら」 »

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。