名を上げたかったよ、浮かれ街で

かつて昭和のナイトクラブで働いていた男が当時流行っていた曲などについて書いていきます。主に歌謡曲。

松尾和子/和田弘とマヒナスターズ 「誰よりも君を愛す」

2017-06-30 21:00:08 | 音楽
永年どちらなんだろうなと考えていました、「誰」が目的格なのか主格なのか。
つまり「誰よりも君を愛す」が、「誰を愛すと言って、私は誰よりも君を愛す」なのか「誰が君を愛すと言って、私こそが誰よりも君を愛す」なのか。

オッサンとなった今、その両方でないとこれはいけないと考えます。
「誰を愛すと言って、私は誰よりも君を愛します。そしてかつ、誰が君を愛すと言って、私こそが誰よりも君を愛します」なのです。
「どちらか一方が成立しない愛し方など私はしません。それが私の伝えたい『誰よりも君を愛す』です」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニック・ニューサ「サチコ」 | トップ | 尾崎亜美「マイ・ピュア・レ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。