名を上げたかったよ、浮かれ街で

かつて昭和のナイトクラブで働いていた男が当時流行っていた曲などについて書いていきます。主に歌謡曲。

石原裕次郎 「粋な別れ」

2017-07-17 21:22:31 | 音楽
はかま満緒の書いた『誰も書かなかった裕次郎』は、発売後すぐに買って読みました。
確かそこにご本人が一番好きな曲が「粋な別れ」である旨の記述があったように記憶しています(違ってたらすみません)。
没後30年、今日は祥月命日なので「粋な別れ」を聴きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増位山太志郎「今度逢えたら」 | トップ | リラの花/ライラック »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。