名を上げたかったよ、浮かれ街で

かつて昭和のナイトクラブで働いていた男が当時流行っていた曲などについて書いていきます。主に歌謡曲。

灯ともし頃

2017-06-28 19:37:57 | 音楽
和泉雅子・山内賢の「二人の銀座」の歌詞に出てくる「灯ともし頃」が他の曲でも使われているのか調べました。
Uta-Netはすごいです。
一発でズラズラっと出てきます。

「長編歌謡浪曲 元禄桜吹雪 決斗高田の馬場」三山ひろし 
「たそがれとあの人」山路えり子 
「愛の紅椿」霧島昇、田中絹代 
「野暮」八代亜紀
「天竜母恋い笠」美空ひばり
「面影屋」小田純平
「花散る城下町」佐々木新一 
「阿修羅海峡」松原のぶえ 
「頬に夜の灯」吉田美奈子 
「旅先の雨に」新沼謙治 
「東京物語」さだまさし

「北上夜曲」は「宵の灯ともすころ」でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梶芽衣子「芽衣子の夢は夜ひ... | トップ | ニック・ニューサ「サチコ」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。