名を上げたかったよ、浮かれ街で

かつて昭和のナイトクラブで働いていた男が当時流行っていた曲などについて書いていきます。主に歌謡曲。

襟ぼくろ

2017-08-09 21:28:59 | 音楽
「夕陽の丘」でまず不思議に思ったのが「襟ぼくろ」でした。
どうして車掌さんの襟ぼくろに意識が行くのか、それが不思議でした。
車掌さんは女性だったんですね。
男性だという固定観念があって全然意味が分かりませんでした。

歌詞に「襟ぼくろ」を持つ曲を並べました。

「夕陽の丘/石原裕次郎&浅丘ルリ子」(1963年) ♪バスの車掌の 襟ぼくろ
「春の雨/神野美伽」(1988年) ♪そんなおまえの 襟(えり)ぼくろ
「つれづれの宿/長保有紀」(1994年) ♪肩をすくめる 襟ぼくろ
「淡雪のひと/美川憲一」(2008年) ♪そんな気がする 襟ぼくろ
「秋桜の宿/真咲よう子」(2011年) ♪こんなちいさな 襟ぼくろ

やはり「夕陽の丘」より古いのは見つかりませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曲名に「潮来」Ⅱ | トップ | 泣きぼくろ »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。