朗読教室ブログ「海のまち朗読館」uioaiな日々

湘南の朗読教室「海のまち朗読館」の講師がつづります。

「音訳図書作成のための発声・発音・アクセント」

2017-06-22 20:18:42 | 声のおシゴト

「音訳図書作成のための発声・発音・アクセント」の講師を務めてきました!

点字図書館で行われる1時間半×2回の講習で、今日はその初日だったんです。

時間を大分オーバーしてしまったにもかかわらず、予定のカリキュラムは全部こなせませんでした(^_^;)

無声化、鼻濁音はなんとか説明できましたが、アクセント記号の付け方は来週にまわすことになりました。

音訳図書の研修を受講される方はなかなか大変です。

朗読検定を受けるのに必要な知識や技術と同じか、またはそれ以上が求められます。

朗読は文字だけを読みますが、音訳は、写真や図、グラフも「文章にして」読むのですから!

地図もですよ。

地図を言葉にして説明するのは、想像しただけで困難です(*_*;

私は2011年に音訳講習を受けましたが、その時は、内容の充実していることに驚きました。

そして自分がその講習を担当する講師になるとは、想像もできませんでした!

約1年かけてたっぷり行われる研修を終えて、実際に音訳図書を作るのですが、これがまたとても大変です。

自分で読んで自分で録音するのも大変だし、それをチェックしていただいて修正をするのもまた大変なんです。

慣れないパソコンを駆使してがんばるのですが、うっかり消去しちゃったりするともう絶望…。

一冊つくるのに2年くらいかかることも珍しくありません。

でも、作り上げた音訳図書が、日本全国の点字図書館で、半永久的にたくさんの方に利用していただけることを思うと、苦労も吹き飛ぶのですよね(*^_^*)

音訳と朗読はかなり違いますが、声を出すことに関しては同じですから、腹式呼吸、発声、発音、滑舌には時間をかけて練習しました。

最後には無声化プリントをお渡しし、次回までに印をつけて来ていただくようお願いしました!

「宿題」ですね~(^O^)

慣れないうちは難しく感じるものですが、少しづつ自分のものにしていただけるといいなと思います。

今日ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーカルライブリハ | トップ | 夜の「朗読検定準2級A取得講... »
最近の画像もっと見る

声のおシゴト」カテゴリの最新記事