~朗読ブログ~uioaiな日々

朗読学校「海のまち朗読館」School of Book reading in Japaneseのブログです.

朗読練習・走り読みの治し方

2016-09-19 22:15:24 | 練習

朗読のとき、読むスピードに変化をつけることは大切です。

意味の流れの中で早く読む個所やゆっくり読む個所をつくると、奥行きのある朗読になります。

…その場所だけつまずいたりスキップしたりすることとは、違いますよ(*^_^*)

自分の読みが、走りがちになっていないかどうか確認する良い方法があります。

それは、指を折りながら拍の通りに一字ずつ読むこと!

とっても簡単です。

だけど、指と口が途中で合わなくなることが、ほとんどです(^^ゞ

長音や促音、撥音でだいたいみんな拍を省略してしまうので、どんどんずれてしまうのですね。

まず、とてもゆっくりでいいので、指と口がしっかりあうように読んでみましょう。

一文全部できるまでやってみます。

そうしたら指を折らずに、同じスピードで読んでみます。

次に、普通のスピードで読んでみます。

次に、とても速く読んでみます。

これで一音一音しっかり滑舌良く読むことができるようになっています!

練習には時間がかかりますが、一行でもいいので試してみてね。

拍を正しく取ることは良い朗読に欠かせません、プラクティスプラクティス~♪

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウーマンラッシュアワーonル... | トップ | 「君の名は。」! »
最近の画像もっと見る