うれしたのしおいし

風の吹くまま気の向くままな日々

お食事で~す@季澄香

2017-06-19 16:24:49 | 宿メモ 長野

  朝夕とも食事処でいただきます。
部屋ごとの仕切りがあるので特に気になることはありませんが
個室対応もできるみたいです(追加料金でね)

 




旬彩

駒ヶ根、朝採れ野菜彩色

茹で野菜を白ポン酢と黒ニンニクのペーストで


お凌ぎ
餅粉を使った枝豆豆腐

豆腐の上におかひじき(だったかな?)の天ぷら、蕎麦の実と山葵
持っちりとした枝豆豆腐が甘くて美味しい~


向付
インド鮪焼き〆


お碗
ホワイトアスパラのすり流し



鉢肴
天竜鮎塩焼き

コンフィした鮎を塩焼きで仕上げたんだそうです。
小松菜のソースとクリスタルソルトをお好みで。
ホロッと柔らかくて余すところなくいただけます。
皮目はパリッとしててこんなの初めて~
塩もソースも要りません
山椒の実を添えて、美味しい~


強肴
58度でゆっくり加熱した、牛フィレのグリエ

キャベツ・にんにくの芽・ズッキーニ・玉ねぎ・ごぼうなどの焼き野菜を
バルサミコ・温泉卵(?)・サマートリフ・塩で。
これも美味しい~どうしよう~


箸休め
トマトのシャーベット

なんとラムネを注いで
面白いけど味としては特に可もなく不可もなく。


食事
息吹サーモン炊き込みご飯


イクラとセリもたっぷり入って美味しかった~
ただ、お腹が許容量限界で軽く一膳で止めておきました。


甘味
水信玄餅と桑の実

花を閉じ込めた水信玄餅を桑の実のジャムで。
桑の実のジャムは初めて食べました、美味しい
6時からたっぷり2時間あまりのディナーでした。
満足満足~








朝も夕食と同じテーブルです。

朝もたっぷり土鍋でご飯です。
熱々のサーモンの西京焼きや
篭の中にはひと手間かけた小鉢が並んでいます。


奥山田の宿で一泊だけの予定だったんだけど
なんとなく予感がして
この宿を追加しました。
ここに来なかったらちょっと消化不良のリフレッシュで終わるところだったわ。


スタッフの対応も気持ちよかったし
美味しく楽しく過ごすことができました。
再訪できたら嬉しいな~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季澄香 | トップ | ニジノカオリ@リフレッシュ... »

コメントを投稿

宿メモ 長野」カテゴリの最新記事