うれしたのしおいし

風の吹くまま気の向くままな日々

望洋楼 湖里庵まで@9ノ7

2016-10-29 19:34:49 | 宿メモ 岐阜・北陸

東尋坊から目と鼻の先
前は日本海、後ろは道路という立地の宿です。

機会があったら是非泊まりたいとチェックしていた宿で楽しみにしていました。


海を見ながらチェックイン
お抹茶と酒粕プリンのおもてなし

ロビーにはリンゴジュースなどフリードリンクのコーナーがありました。




一般客室です。
お香(というか普通に線香の香り)がたかれ
敷物もテーブルも時代感が満載です。
部屋にもお菓子(栗羊羹)がありました。
あまり写真がありません・・・・(期待しすぎ・・・)


大浴場は二か所
夜中に男女の入れ替えがあり
15:00~9:00まで利用できますが
朝食が8時以降でチェックアウト時刻が10時なので
実質朝食後は使えないということですね。
タオル類はお風呂に準備されてるので手ぶらでOKです。
こじんまりとしていますが
全10室のうち露天風呂付が6室なので混み合わないかも。

ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉 というお湯は
あまり特徴のないお湯でした。
前日につるつる温泉を堪能した後だったので物足りない感がありました。

 


食事は部屋食(食事処はありません)
30分前になると部屋で準備が始まります。
白のテーブルクロスが敷かれました。

 平日限定・謝恩プランの夕食
食前酒に梅清酒というものが出ました。
焼酎よりサラッとしてて風味があって気に入りました。
来年、作ろうと思います(憶えていられるかなぁ・・・)
 


ご飯は部屋で炊き上げた山椒たっぷりのむかご釜飯でした。

食事中、海で灯りがちらちら見えるので何なのか聞いたところ
イカ釣りの漁火だそうで
2~3隻ほどしか見えません・・・・寂しい漁火でした。



場所的に当たり前の話ですが
波の音が激しくて耳栓してても無駄でした。
あきらめて朝風呂に行くとリピーターという方と一緒になりました。
蟹の時期に来て蟹より他の料理がおいしかったので
蟹が始まる前に来たとおっしゃっていました。
平日のお得プランを見つけたので再訪したそうですから
我が家のプランと同じです。
前回は一階の部屋で波音に悩まされたので二階の部屋にしたそうですが
我が家の部屋は二階・・・・・

感想をお聞きしたかったんですが・・・・やめておきました。
食の好みはそれぞれですもんね。





 東尋坊の遊覧船に乗りたかったんですが本日も欠航でそうです。 
は本日、下は昨日、一目瞭然です。
 

あきらめて出発~

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東尋坊 湖里庵まで@9ノ6 | トップ | 越前海岸 湖里庵まで@9ノ8 »

コメントを投稿

宿メモ 岐阜・北陸」カテゴリの最新記事