つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー、プラモ作りとプラモ関係の活動記録

こちらも大詰め(レベルMi-24VハインドE製作記)

2017-06-13 | レベル1/72Mi-...


 何をどこまで書いたかさっぱり覚えていない←調べろよ

 模型作りは特に最後のほうになると、タッチアップしてそれを乾かして・・・みたいな一寸ずり状態(※一寸ずり・・・大分弁、クルマが渋滞で一寸ずつしか進めない状態を指す)になってしまうので、ついほかに何か触ってしまう。
 というわけで、ハインドもいつの間にか進んでいた(汗

 泣きながら接着した透明パーツはま、だいたい、このくらいでいいや。というところまでこぎつけた。
 え? だめ? いやですよ、もうこれ以上何もしたくない。



 ほんでもってこの写真はなんとなく公開したような気もするけど、ええいもう一度。

 排気管の周りが銀色なのが面白い(ってヨレヨレですがな)。
 ちなみにこの後、排気管は間違って大きいほうを塗装してしまったけど、たぶん小さいほうでよかったのだろうと思う。
 でもいいや、大きいほうが目立つもん。それにこの機体の排気管の大きさを知ってる人がこの世に何人いるか・・・



 B-8V24Aロケット弾。これもV型(ヴイではなくて五)になって搭載できるようになったのだという。
 武装に関してはV型以降を作ったほうが面白そう(イカロス出版「Mi-24/35ハインド」)

 ご覧の通り、近くから見ると「なんじゃこれは」状態になってますが・・・最初ピンバイスで穴をあけようとしたんだけど、あちこちズレまくりで(先にアタリをつけておかないので)、もう黒く点を描くだけでいいやと。最初からそうすればよかったよ。描くだけで十分だと思う。穴開けてもよくわかんないもん。

 ハインドって何かというと、ロシアのヘリなんですが、私はチェコ空軍の記念塗装?で作っています。
 ド派手で思わずジャケ買いしたのが運の尽き、パーツが多くインストは迷路のごとく、作っても作っても終わらない。
 エンジンも再現されているので、やめときゃいいのにパイピングもしたしね。
 でも前回のAH-1Zに続いて、エンジンのなんちゃってパイピングが楽しくなってたりして。やはりヘリコプターっていいねえ。

 私の住んでいるまちは、ヘリの通り道になっているようで色んなヘリが通っていく。
 五月の半ばだったかな、いつもと違う音がするので、「オスプレイか!?」と思って二階に駆け上がって外を見ると、阿八(おそらく目達原駐屯地の)が単独飛行していた。珍しい~!! いつもお供を連れているのに。
 当然ながら「帰っていく阿八」も見られたので一日二度も阿八・・・の幸せを堪能した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1945年8月15日午後四時頃(フ... | トップ | もう少しで行きそうです(レベ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
阿八? (ふらごん)
2017-06-14 02:01:56
ご無沙汰しております。
ハインド、まだ作ってらしたんですか?(自分自身、未完成病なので、他人のことは言えませんが・・・)

ところで、阿八って何でしょうか?勉強不足なので、ご教示いただけると幸いです。

追伸 先日(6月9日)に南紀白浜空港に零戦22型が飛来し、翌10日に神戸空港に飛び立ったとの記事が地方紙に載ってました。ニュージーランドで復元されたものを日本人(会社経営の某氏)が購入したとのこと。写真も掲載されてましたが、塗装が中島製仕様だったのが残念です。
目達原の阿八 (きらら)
2017-06-14 09:43:16
>ふらごんさん
もともとは西国筋で暴れまわっていた大盗賊、目達原の阿八と言う男でして、いまでは長谷川様のためにはたらいているのでごぜえます・・・・。
などと、数年前、アパッチのキットを作ってるときにちょうど「鬼平犯科帳」を読んでいまして、阿八なんて字をあてて面白がってました。すみません。
ハインドは彗星と並行してずっと作っていたせいで、実はもう完成間近です。迷彩塗装もしたし、これは投げ出せません!!
零戦22型はエアレースでもデモ飛行してましたね、FB等でみました。中島塗装でした? 確かエンジンも栄じゃないとか・・・個人で所有ってすごいですよね、アメリカ人はそういう人がたくさんいますが。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。