つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー、プラモ作りとプラモ関係の活動記録

つれづれコンペ(当ブログ開催のコンペについて)

2016-06-23 | つれづれコンペ
 先日チラッと書きましたが、拙ブログの読者の作品を募集してみようと思います。
 以前HPを書いていた頃は掲示板があったので画像を貼り付けてもらえたけど、今はそれができないのでもどかしい気がします。
 実際ここを読んでいる人はほとんどがモデラーですよね? そしてほとんどの人が私よりずっと技術も経験も上で「美味しいものをたくさん食べすぎた美食家のようなモデリング」をしているのだと思います。

 一年を四つの時期に分け・・・やはりニッポンは四季折々ですから・・・たとえば現在、6月から8月は「夏」ということで、夏は海、海といえば艦載機、というわけでテーマは「艦載機」、本日より8月末までに完成した作品を送っていただきます(お一人様一作品、現在作りかけの作品を完成させるのは可、過去に完成した作品は不可)

 その後、9月から11月まで期間限定で公開します。
 私の都合なんですが負担を減らすため、一斉に公開するのではなく、受け取った順に二作品ずつくらい随時公開していく予定です。
 審査といっても私の独断と偏見で選ばせてもらいます。

 写真はスマホなどで撮影してもいいですよ。ようするに写真だけで見るわけだから、格好よく見えるように撮ってもらえればいいです。ただしピンボケの場合は撮りなおしていただきます。注意してくださいね。
 正面から、横から、あとは自由な角度で。三枚お願いします。

 ハンドルネーム、年代(例:40代)、普段作ってるジャンル(例:AFVモデラー)、得意技(例:金属線でのディテールアップ)、製作について(苦労した点とか、頑張った点などを200字以内程度で) 
 お手数ですが、以上について書いて写真添付の上、送信してください。kilala397@hotmail.com または kilala_1962@yahoo.co.jp まで。

 9~11月は「陸軍機」12~2月は「銀色の飛行機」3~5月は「複座」と、すでにテーマは一年分決まっています。もし興味もたれたら、気軽に参加いただければ幸いです。



 実は最近親の家を片づけ中で(両親は健在だが、高齢で老人ホームに入所)、人生とは本当に限りある時間だなあとつくづく思う。
 モノなんて元気な間に有意義に使わないと、結局は宝の持ち腐れになってしまう・・・いつかそのうち、なんて思っていても、その「いつか」なんて永遠にやってこないのではないか。

 不安がふっと背中から忍び寄ってくる。
 ならばこの、うたかたの世で作りたいと思ったキットは作ってみたいし、偶然、袖すりあったモデラーの作品は見てみたい。

 私は在庫なんてほんの少し、ここに写ってるほかには10個くらい、せいぜいそれくらいなんだけど、それですら、自分の本当に作りたいものから順にどんどん作っていかないと、賽の河原で後悔することになりそうな気がしてきた。

 もちろんキットは所有する楽しみもあるので、眺めてるだけでモトは取ってると思う。それくらいは私もわかってるつもり。
 だけどまだまだ私にとってプラモは、作らないとわからないことがあまりにも多すぎる。

 実は昨日の大雨のさなか、ちょうど仕事が休みで一日家にいたんだけど、ふと思い立って作りかけのキットを二つ処分した。南無阿弥陀仏。
 去るキットあれば、来るキットあり。過去の男と過去のキットはきれいサッパリ忘れて、今の自分が愛する男とキットのために、今の貴重な時間を使おう。

 なんてねー模型作ってるといろいろ言い訳が上手くなりますが、夏は模型部屋の整理にピッタリの季節。空気を入れ替えて気持ちを入れ替え、なにかひとつ完成させてみてください。
 そして私に写真送ってきてくださいね。お待ちしています。みんなで飛び切り暑い(らしい)夏を乗り切ろう!!



 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の坂(キティホーク1/48 AH-1Z“ヴァイパー”製作記)

2016-06-21 | キティホーク1/48 AH-1Z


 まだ悠長にキャノピーに取っ手なんか作っている。
 私は開いた状態で作るので、開いてるときの向きね。閉まってるときは横向きです。

 取っ手はキットについててもいいような気がするが再現されていない。
 まぁモデラーを喜ばせるための術かもしれない。わざと再現を忘れたふりをして・・・

 表側の二個は何か別のキットのパーツ、内側の二個は伸ばしランナーを曲げた。



 AH-1Zのヘリらしからぬ姿を印象づけるのがサイドワインダー。



 えーと、先日衝突防止灯とかテキトーに書いたけど、編隊灯の誤りです。適当に書いてるから私の書いたことはあまり信用しないでください。すみませぬ。

 編隊灯の上にもヒゲを発見。剃り残しが多い(汗 あと右舷側にもひとつ見つけたので作っておいた。
 こういうディテールアップは簡単だからうれしい。

 キャノピーのマスキングを剥がしたら、窓枠にも、機体側の端も塗装し直さないといけない部分を発見してまたタッチアップ。あーあエンドレス。

 さあ、このへんからが胸突き八丁というか、模型製作の終わりそうで終わらない、行きそうで行かない、最後の急坂。

 きらら「お願いもう堪忍して・・・」
 媒波「ふふ、まだまだ行かせてやらねぇよ、へへへ、●●●●をちょいと見せてみな」
 きらら「あああ~そんなとこ、見ちゃ駄目」

 ブレードがへろへろで、超カッチョ悪い。やる気失せる。しかし完成間際で今さらジタバタしても遅い。
 あとはキャノピーに少し配線したりしたらお終いかな。

 もう失敗しませんようにと祈るのみ。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

湿度70%(キティホーク1/48 AH-1Z“ヴァイパー”製作記)

2016-06-19 | キティホーク1/48 AH-1Z
 マスキングを剥がしたら、エッチングの金網が無くなっていた。あら不思議。

 ブラックホールと化した作業部屋を探すのも暑いし時間の無駄なので自分で作ることにする。

 あ、それとエンジンも装着したが、こういうモノの常として、いざ入れようとしたら入らない。
 もう、バカっ、早くしてよ・・・って感じですが、入らないものは入らないから空間を広げるしかない。

 なんか私の製作記は最後のほうになって無理矢理べりべり・・・と引っ剥がしたり押し開けたりするのが多いね(汗
 痛がるのを無理矢理、押し込んでみた。ごめんね媒波。

 ハセガワのモデリングメッシュ正方形(M)を使用。
 そもそも、向こう側が見えるのが駄目だよね、なんとかしなければと思ってたところだったのでちょうどよかった。

 薄いプラバンに貼り付けてみた。塗装してみたら、エッチングよりむしろいい感じになった。
 私にはエッチングパーツなんかいらないね。えっへん。

 ・・・っていうか、網の隣のデカール、よれてるやん!! これは剥がしておこう・・・汗。



 昨日より今日は更に湿度が高くクリヤを吹くのをためらったけど、いやもう辛抱たまらん、これ以上お預け食わせる気ですかいと媒波が言うので、雨の合間を見計らって(湿度60%) これ以上脱げないところまで服を脱いで(おい!!)吹いてみた。なんとかOK。毎年思うけど、男の人はパンツ一枚になれるからいいなあ。

 それから、いよいよ武装する。逞しいスタブウイングに武器を取り付けていく・・・。

 しかしこれが難しかった。このキット作ってていちばん難しい部分だったかも。
 この四個ずつ装備してるヘルファイヤね、これはまず四個きれいに組み立てるのが難しい。
 更にそれを真鍮線で補強してぶら下げたんだけど、もともと四個が並行になってないし左右同じ角度にならない。

 こういう四個組みの武装を綺麗に作るコツって何かあるのかなあ。こういうところも展示会に行ったらお兄様方にきいてみよう。


 あと少しで完成だ。この後に及んで失敗をしませんように。

 というわけで、やれやれとコーヒーを淹れて一休み。最近実は体調があんまりよくないのでお酒はずっと飲んでいない。三日前なんか少し飲んでみたらあとで頭痛がひどくなってエラい目にあった。

 だからコーヒーだけが唯一の楽しみ。
 最近気が付いたんだけど、カフェインって常習性があるのだろうか。私、毎日午前中に一度はコーヒーを飲むのが習慣なんだけど、胃の調子が悪くて飲まないと頭がぼーっとして目が覚めなくて辛いの。

 しかしこのとき、気温27度湿度70%、それでも熱いコーヒーを飲んでいた。窓からの風は吹いているが・・・
 なぜエアコンをつけないかって? 作業場にそんなもんあるわけないでしょうが!!


 実は鍾馗も合間に作っていて、こんな感じになっている。

 ホなんとか・・・っていう機銃と、真鍮パイプで作り直したピトー管つけたら格好よくなったでしょ。脚もつけたよ。
 何? 手が怪我だらけ? ほっといてください。

 それにしても、大戦機って綺麗なカタチしてるよねー。兵器そのものって感じのAH-1Zとは打って変わって、ほんと心が和みますね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

第四回なんちゃってJMCのお知らせ

2016-06-17 | なんちゃってJMC
 お待たせいたしました、「第四回 なんちゃってJMC」の開催が決定しました。

 我ながらすごいねぇ~、「まだやるの!?」「大丈夫か!?」っていう不安もありますが、きっと今年もハセガワキットで苦しみながら楽しみたいというモデラーが集まってくれるに違いない、と期待してます。

 これまで参加してくださった人も、今年初めて挑戦しようという人も大歓迎、ぜひよろしくお願いします。

 レギュレーションなど詳しくは 公式HPをご覧ください


 じゃじゃーん、スケビ(SA)最新号(2016年7月号)には、ついに私のグラビア・・・じゃなくて普通の写真ですが、掲載されてるのでぜひ書店で手に取ってみてください。静岡レポートページです。私は今年はほぼ長谷川社長のことばかり書いてしまいましたが、これまで心に溜まってたものを全部書いてしまいました。掲載してくれたミナミさんとスケビには感謝です。

 静岡のハセガワブースに、なんちゃってJMCの参加者三名と上陸作戦を行った話は当ブログの静岡レポートに書きましたが、あのとき記念撮影をしていたら・・・まるでタイミングを合わせたかのようにその場にやってきたスケビの石塚編集長とミナミ編集員!!

 石塚編集長(カメラを構えながら) 「きららさん、社長と並んで・・・そうそう、社長は肩を抱いてください」

 長谷川社長(小さな声で)「ええ~っ!!」←激しく動揺&葛藤している心理状態が至近距離で伝わってくる

 私「ええ~っ!!ですかい?? もっとこう嬉しそうにできないもんかねこの男は。でもやっぱちょっと恥ずかしいよね、はっきり言って中年カップルだし、みんな見てるし・・・ハセガワ75周年に社長にこんなことさせて許せん、とか社員が怒るだろうか・・・でもこんな機会人生で二度とないし、もうやぶれかぶれだぁ!! っていうかハセガワはもう私の配下に収まったのだ、わはは」←私の心の中の声

 というような一瞬を編集長のカメラは切り取っている。
 しかしパシャパシャと何度もシャッター押されるのは、すっげー気分よかった。芸能人の気分がちょっとだけわかった気がしたね。

 それともうひとつ、今年もSAコン(スケビの誌上コンテスト)が開催されるので是非参加してみてください。締切は10/31。トムキャットならスケールは何でも自由とのこと、詳しくはSAを見てくださいまし。
 応募作品はたぶん今回もすべて掲載されると思いますし(編集部にきいてないので詳しくはわかりません)、受賞したらカラーで掲載されるかも。。。



 さてそんなわけで、今年も「なんJ」「SAコン」とふたつのコンテストが出そろいましたが、もうひとつ何かやってみようかなと今考えています。

 私のブログはリアルタイム解析で見ると「検索」で来る人はわりと少ない。逆に言えば定期的にチェックしてくれている読者が多いのかなと思います。そこのとこは、書いている者としてはうれしい部分というか自慢できる部分です。

 というわけで、いつも拙ブログを読んでくださってる読者の方々に、作品の写真を送ってもらって随時ブログで紹介していく、という形式はどうかなと思います、以前桜の花の写真を募集したときがありましたが、あんな感じ。

 できた人から「できたよー」って感じで送ってもらう。エントリーとかは特になく締切は8月末くらいで、最終的にたくさん集まったらどこかにまとめてアップし、審査する。まぁ三個くらいしか集まらないかもしれない(汗
 やはりジャンルは飛行機がいいな、締切が短いので単体に限るということにして、メーカーやスケールは自由、夏らしいテーマなんかどうかな、たとえば艦載機とか・・・ベタですか? 
 作りかけの作品を完成させて・・・というのでもいいけど、完成品に着色したようなのはNG、あくまで組み立てキットを完成したものにする。

 というようなルールをちょっと考えてみた。
 応募してくれる人がどれくらいいるかわかりませんが、この機会に何か完成させてみようかなっていうような気楽な感じで送ってくれる人、いるでしょうか?? ルールはもう少し変えてみてもいいですよ。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

気にしろよ!!(1/48キティホーク AH-1Z“ヴァイパー”製作記 )

2016-06-15 | キティホーク1/48 AH-1Z


 昨日はほぼ一日、gooブログがメンテナンスのため見られなくてすみません。私もログインできなかったので更新もできず、残念でした。仕事の疲れと暑さとログインできないイライラで夜10時頃風呂も入らずに沈没。最近「眠い」と思ったときにすばやく寝ないとなかなか眠れないことが多いので、なるべく沈没系の就寝にしている。

 さて普通の人は気にならなくても、モデラーは気になるところってあるよね。
 たとえば・・・黒く塗装した部分(滑り止め)ですが、スタブウイングの上とエンジンとスキッド上では黒は黒でも色が違うでしょ?

 スタブウイング上は濃いグレーで塗装したのに、エンジン・スキッド上は普通の黒で塗装してしまった。これはモデラー的には気になるので塗装し直しだ。・・・って、誰でも気になるか!? 一目瞭然だね。アホすぎる。

 というわけで、もう一度マスキングして濃いグレーを塗装。ああー、いつまでたっても終わらねぇ。

 それにしても毎度、失敗した瞬間の「あああ~」という激しいガックリ感のまっただ中で、カメラを持ち上げ写真撮ってる瞬間の自分って、我ながら悲しすぎる。
 ブログ書いてなかったらこんなこと誰にも言わずにすむのに、バカな失敗すべて公衆の面前に晒す必要あるのかという疑問は残る。



 実はスミ入れも進行中。今回はエナメルでやってます。
 いやー、どうです? 格好いいっしょ~。デカール貼ってもイマイチだったけど、スミ入れ&ウォッシングするとぐっとカッチョよくなる。
 おわかりでしょうか? 一か所パネルラインがない部分があるでしょ。金型屋さんが忘れたのかな。こんな大事な所まさか忘れるわけないだろうと思うので何度も実機写真見たけど、ラインはあった。

 固定翼機に比べると、かなりメリハリきいたスミ入れが似合うので楽しい。実機も艶消しであたかもウォッシングされたような感じがするよ。

 写真中央部、衝突防止灯?の下あたりに剃り残しのヒゲみたいなアンテナらしきもの?があります。ちょい太すぎたか。太いのが好きなのでつい・・・。
 固定翼機にもこういう突起物はあるけど、同じようなものなのかな? 

 それと、そのアンテナの少し機首よりに謎の穴が開いてるけど、この二つはネットで探した画像で判明した部分。
 楽しいディテールアップ部分ですよ♪ こういうの見つけたときのモデラーのヨロコビは・・・普通の人にはわかるまい。で、展示会でエラソーに説明したりするんだね。ふふ。

 スキッド上の滑り止めは、機体によってあるのとないのが見られるけど、一応この615号機には滑り止めがあったので再現することにした。
 筆塗りで・・・面倒くさいけど、アクセントにもなるかな。

 さて!! あとはキャノピーとか透明パーツ関係を接着して完成だぁ(失敗しなければね。ドキドキ)




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加