岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

詩集紹介『二月の魚 オオカミの月』大島龍著

2016年12月31日 | 書評(文学)
プロジェクト「詩人の聲」で出会った詩人はたくさんいます。大島龍もその一人です。天童大人、柴田友理(友理)、田中健太郎、原田道子と「北の聲」の公演に参加しました。 . . . 本文を読む

ブナの木通信『星座』80号より

2016年12月30日 | 茂吉と佐太郎の歌論
『星座』80号が刊行されました。斉藤茂吉と佐藤佐太郎の歌論を踏まえて作品批評を執筆しました。 . . . 本文を読む

書評『塚本邦雄』島内景二著 笠間書院刊

2016年12月23日 | 書評(文学)
詩集、歌集の紹介が続いたので歌書の紹介をします。塚本邦雄の紹介をした書籍です。 . . . 本文を読む

詩集紹介『子取りの産声』 柴田友理著

2016年12月22日 | 書評(文学)
『子取りの産声』。『小鳥の産声』ではありません。このタイトルに主題が表現されています。 . . . 本文を読む

霧が丘短歌会2016年12月

2016年12月21日 | 霧が丘短歌会
霧が丘短歌会の12月講座を12月9日開催しました。その報告です。 . . . 本文を読む

『短歌研究』2017年2月号に寄稿します(予告)

2016年12月21日 | 作歌日誌
『うた新聞』で吉川宏志と内野光子の論争があります。『短歌研究』2雄016年12月号の「短歌年年鑑」でこのブログについて引用しながら屋良健一郎が紹介しています。直接私の身にかかる問題となってきましたので反論を執筆します。 . . . 本文を読む

詩集紹介『水の巣』 渡辺宗子著 緑鯨社刊

2016年12月20日 | 書評(文学)
渡辺宗子。「北の聲」の公演で知り合った詩人です。私の歌集『聲の力』をお贈りしたら丁寧な返礼を頂きました。以前、詩集を頂きました。ご紹介します。 . . . 本文を読む

歌集紹介『寒流』 山谷英雄著 東奥日報社

2016年12月19日 | 書評(文学)
年末にかけて送られた歌集を紹介します。今日は山谷英雄著『寒流』です。 . . . 本文を読む

地域のコミュニティーから民主主義を考える

2016年12月18日 | エッセイ
団地の様々な行事がありました。考えさせられることが沢山ありましたのでまとめてみました。 . . . 本文を読む

詩集紹介『蝶の背に乗って』長屋のり子著

2016年12月17日 | 書評(文学)
北海道に住む詩人から詩集を頂きました。私の歌集『聲の力』を送った返礼です。我が家の本棚に詩集の蔵書が増えました。 . . . 本文を読む

詩集紹介『モリネズミ』筏丸けいこ著

2016年12月12日 | 書評(文学)
筏丸けいこ。プロジェクト「詩人の聲」で出会った詩人です。ユニークな詩集を刊行しました『モリネズミ』です。 . . . 本文を読む

TPPの批准に当たって(まだ諦めない)

2016年12月11日 | エッセイ
TPP(環太平洋経済連携協定)が参議院で批准されました。グローバリズムの危険をはらんだTPP。しかし批准されたからといって直ちに発効するわけではありません。そこを情報拡散したいと思います。 . . . 本文を読む

書評『いま、社会詠は』青磁社刊

2016年12月10日 | 書評(文学)
『夜の林檎』『オリオンの剣』『剣の滴』『聲の力』。私は四冊の歌集を刊行してきました。このうち『夜の林檎』には収録していないジャンルの作品があります。それは社会詠です。それには訳があります。この本を今になって読んだのもそれに関係しています。 . . . 本文を読む

『現代詩年鑑2017』を読んで

2016年12月09日 | 総合誌・雑誌の記事や特集から
『現代詩手帖』を定期購読し始めて初めての配本がありました。『現代詩年鑑』です。 . . . 本文を読む

現代歌人協会の臨時総会忘年会

2016年12月09日 | 短歌の周辺
現代歌人協会の臨時総会、忘年会に行ってきました。今年は2年目です。 . . . 本文を読む