岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

平和を詠う:佐藤佐太郎の短歌

2015年04月30日 | 佐藤佐太郎の短歌を読む
佐藤佐太郎の代表歌集の『帰潮』。この中に日本国憲法の戦争放棄について詠んだ作品があります。 . . . 本文を読む

体験記:フェイスブックで得た海外の友人

2015年04月29日 | エッセイ
フェイスブックとツイッターをタブレット端末に切り替えました。それを機に、海外にフェイスブックの友人が出来ました。海外の様子が身近になったと同時に毎日発見の連続です。この体験を御紹介します。 . . . 本文を読む

書評:「長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪」響文社刊 天童大人著

2015年04月28日 | 書評(文学)
「詩人の聲」のプロデューサーで、詩人の天童大人が、最新詩集を刊行しました。「詩人の聲叢書」の第一弾です。 . . . 本文を読む

『短歌』2015年4月号、5月号より(戦後短歌の中の佐藤佐太郎)

2015年04月27日 | 総合誌・雑誌の記事や特集から
『短歌』4月号と5月号に、「現代短歌の60年」という連載に佐藤佐太郎が採り上げられています。戦後の歌壇での評価の問題です。 . . . 本文を読む

書評:「現代秀歌」 永田和宏著 岩波新書

2015年04月26日 | 書評(文学)
以前「近代秀歌」の書評を書きました。その続編があります。永田和宏著「現代秀歌」です。 . . . 本文を読む

書評:詩集「水たまり」 細田傳造著 書肆山田刊

2015年04月25日 | 書評(文学)
「詩人の聲」の参加詩人の一人、細田傳造が最新詩集を刊行しました。「水たまり」という地味なタイトルですが、インパクトのあるものでした。 . . . 本文を読む

地方自治は民主主義の学校である

2015年04月24日 | 歴史論
憲法改正をめぐって、道州制が議論されています。以前憲法の制定過程などを記事にしたとき、「道州制はまたの機会にしたい」と書きましたが改めて、意見をまとめます。 . . . 本文を読む

書評:「近代秀歌」 永田和宏著 岩波新書

2015年04月22日 | 書評(文学)
永田和宏著「近代秀歌」。短歌のアンソロジーが数多く出版されていますが、独特の視点のある著書です。 . . . 本文を読む

五月の「詩人の聲、岩田亨公演」

2015年04月21日 | 作歌日誌
これが五月の「詩人の聲、岩田亨公演」の会場です。自由が丘駅南口の魚菜学園裏の料理屋の角を曲がった坂の途中の画廊です。 . . . 本文を読む

「霧が丘短歌会」:2015年4月

2015年04月21日 | 霧が丘短歌会
「霧が丘短歌会」2015年4月講座が開かれました。その報告です。 . . . 本文を読む

書評:歌集「耳ふたひら」 松村由利子著 書肆侃侃房刊

2015年04月18日 | 書評(文学)
「かりん」の松村由利子が最新歌集を刊行しました。「耳ふたひら」です。何やら新境地を開いたようです。 . . . 本文を読む

報告「天童大人プロデュース:詩人の聲」参戦(19)

2015年04月17日 | 岩田亨の短歌自註
「天童大人プロデュース:詩人聲」。19回目の参加をしました。第四歌集へ向けた、準備を進めています。 . . . 本文を読む

「うた新聞」「現代短歌新聞」拾い読み

2015年04月16日 | 総合誌・雑誌の記事や特集から
「うた新聞」「現代短歌新聞」に、注目すべき記事が掲載されています。目に留るままに、内容を御紹介します。 . . . 本文を読む

バグダッドへの爆撃を悼む歌:岡野弘彦の短歌

2015年04月15日 | 私が選んだ近現代短歌の一首
折口信夫(釈迢空)の最後の弟子。岡野弘彦。戦争を体験したこの歌人が、アメリカによる、空爆下のバグダッド市民に心を寄せた作品を、一冊に収録した歌集を出版しています。それが『バグダッド燃ゆ』です。 . . . 本文を読む

「運河の会」:東京歌会2015年4月

2015年04月14日 | 「星座の会」「星座α」
「運河の会」東京歌会が、4月12日に開催されました。そのレポートです。 . . . 本文を読む